スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子の天才物理学者、ホーキンス博士死去


2018/3/18  ”時事評論”  
ー14日、車椅子の天才物理学者、スティーブン・ホーキング博士が英国のケンブリッジの自宅で死去したと、家族の代理人が発表した。76歳だった。  

       *       *       *  

ースティーブン・ホーキング氏は、研究者だった両親の下、1942年1月8日、英国のオックスフォードで誕生。17歳でオックスフォード大学に入学。その後、ケンブリッジ大大学院生だった21歳の頃、筋肉が次第に衰える筋萎縮性側索硬化症を発症。1985年には肺炎を患い、気管切開手術を受け、話すことも出来なくなる。以降、電動式車椅子で移動し、音声合成装置で意思表示する生活を送る。  
 その一方、研究意欲は衰えず、論文「得異点と時空の幾何学」(1967年)、「ブラックホールの蒸発理論」(1974年)を発表。ホーキング博士は一般相対性理論と量子力学を結合させた宇宙物理学の先駆者であり、宇宙の始まりである「ビッグバン」理論の提唱者。ブラックホールがエネルギーを放出し消滅することを発見。この現象は後に、「ホーキング放射」と呼ばれるようになる。 
 1988年、「ホーキング、宇宙を語る」を出版。全世界で1000万部を超えるベストセラーに。また世界各国で精力的に講演活動を行った。難解な物理学の専門用語ではなく、機知とユーモアをもって語り、人々に宇宙に対する理解を一変させた。二度の結婚と離婚を経験し、子供は三人。  

 米大学留学から帰国後の1982年春、私は京大近くに下宿し、ある会社で営業の仕事をしていた。夕方仕事が終わり、百万遍界隈の小料理店に入った。隣席には30代位の外国人がいた。英語で話しかけると、彼は気さくに応じる。聞いてみると、京大の湯川教室で理論物理を研究している米国人留学生とのこと。日本酒を酌み交し、意気投合。彼は酒に酔った勢いで、気勢を上げた。  
 「私ハノーベル賞ヲ取ルゾ~!」  
 ホーキング博士は若い頃から、サイエンスフィクションを好んだと言われる。売れない小説(笑)も書くフリーライター二階堂、ヨ~シ、SF短編もガシガシ書くぞ~!  

ー写真カットは、宇宙の起源について語る車椅子の宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士。You Tubeのドキュメンタリー番組「ホーキング博士宇宙の起源論」の映像から転載。  

スポンサーサイト

金正恩は非核化を受け入れるのか!?


2018/3/12  ”時事評論”  
ー8日(米国時間)、ワシントンを訪問した韓国特使団のチョン・ウィヨン国家安保室長は、金正恩朝鮮労働党委員長の親書をドナルド・トランプ大統領に手渡した。ホワイトハウスで記者会見したチョン氏はトランプ大統領が米朝首脳会談の要請を受諾し、5月中にも両首脳による会談が行われると発表した。会談では北朝鮮の非核化について話し合う予定で、その間北朝鮮は核・ミサイル実験を控えると約束した。  
 平昌冬季五輪閉幕後、米朝による軍事対決が懸念される中、ここに来て一挙に対話路線へと転じた金正恩体制の北朝鮮とトランプ政権の米国。現職の米国大統領が北朝鮮の最高指導者と直接会談するのは、米史上初となる。  

       *       *       *  

ーこれまで1994年の「米朝枠組み合意」、2005年の6カ国協議以降、北朝鮮は悉く合意と協議を土壇場でひっくり返し、核開発と核実験を進めて来た。しかしここに来て一転、対話路線へ!?その真意はどこにあるのか!?  
 まず、核放棄の見返りに何らかの密約があったとされる。北朝鮮に対する経済制裁の撤廃と経済的援助が挙げられる。次に歴史の教訓。かつて旧ソ連崩壊直後、ウクライナは核を保有していたが、西側諸国の圧力により、ウクライナの体制を保証する代わりに核放棄を余儀なくされた例があった。そして核を手放したリビアのカダフィ大佐の末路。核を放棄すればその国と指導者がどうなるか、金正日・正恩父子はこの歴史の教訓を注視したはず。  
 また北朝鮮は朝鮮半島の非核化の意思を明らかにし、軍事的脅威が解消され体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がないと表明した。しかし金正恩の本音は在韓米軍の撤退にあると、専門家は指摘する。本来、在韓米軍は対中国への軍事的目的のためにある。米側としては飲めない要求。  
 金正恩は、5月に開催される米朝首脳会談で本当に非核化を受け入れるのか!?万が一首脳会談の交渉が失敗すれば、今度こそ米朝は直接軍事対決へ!そうすれば、日本に核ミサイルが飛来する!?そうならないためにも、私は今後もwatchし続ける! 

ー写真カットは、北朝鮮を訪問した韓国特使団と笑顔で歓談する金正恩委員長。You Tube「教えてニュースライブ!正義のミカタ 3月10日」の動画ニュースから転載。  

植物園に入る京都マラソンランナーたち


2010/2/26  ”2018京都シーン”  
ーランナーたちは植物園北山門から入り、園内のコース1.5キロを走り抜け、賀茂川門を出る。後半27km地点の植物園を出ると、ゴール地点の平安神宮を目指す。植物園北山門にて撮影。

ランナーを応援する京の舞妓


2018/2/26  ”2018京都シーン”  
ー同じく植物園内を走るランナーたちを応援し、飴を差し出す祇園の舞妓、まめ春さん(19)と朋子さん(18)どすう~(笑)

力走するノーベル賞受賞者の山中伸弥教授


2018/2/26 ”2018京都シーン”  
ー中央の腕時計を見ながら走る白のTシャツのランナーが、2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した京大の山中伸弥教授(55)。たすきを受け取り、ペア駅伝2区走者として、ここ植物園から山中教授が力走する。
プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。