FC2ブログ

坂本龍馬参墓


2019/3/17  ”京の幕末史を歩く”   
ー早春の3月13日、東山霊山の京都霊山護国神社にある坂本龍馬の墓に参墓する。愛車のマウンテンバイクで東山の霊山神社へ。神社前の急勾配の坂が登れない。マウンテンバイクを降りて、息を切らせながら、坂道を押して歩く。午前10時半過ぎ、到着。300円の入山料を払い、自動受付の拝観口カウンターを通る。平日の午前、まだ肌寒い境内にはほとんど参拝者もいない。 
 山腹の石段を歩いて数分、坂本龍馬の墓を真っ直ぐに目指す。そこは京の観光名所にもなっており、周囲は綺麗に掃き清められ、墓前は展望台になっており、そこから京都市街が一望できる。石畳にコンクリート製の鳥居が立ち、その奥に三つの墓が並んでいる。左から小間使い兼用心棒だった藤吉、中央が坂本龍馬、そして右側に盟友の中岡慎太郎。  
 慶応3年(1867年)11月15日夜、河原町蛸薬師の醤油商近江屋新助宅母屋の二階にいた龍馬は、戸津川郷士を名乗る京都見廻組の数名の男たちの来訪を受ける。男たちは取次の藤吉を背後から斬り付け、二階に駆け上がると、龍馬と中岡のいる部屋に乱入。その時帯刀せず、当日風邪をひき体調を崩し近視だった龍馬の額を隊士の一人、桂早之助がいきなり一刀両断。龍馬はほぼ即死に近い状態で殺害された。同席していた中岡慎太郎も斬られ、二日後に死去。龍馬が暗殺されたのは奇しくも誕生日の日だった。幕末の風雲児坂本龍馬、享年33。合掌  
 Dバッグから小型三脚と先月買ったばかりのNikonのデジカメを取り出し、肉声のナレーション付きで動画撮影を試みる。音声と映像のタイミングが上手くいかず、何度か繰り返す。テイク4でやっと満足のいく仕上がりに。撮影終了後、霊山神社境内の山腹をしばらく歩く。ここ京都霊山護国神社には新しい時代の到来を夢見て、その志に斃れた幕末の志士たち1356名の御霊が祀られている。  
 禁門の変で戦死した長州藩の英才たち、池田屋事件で新撰組に討たれた志士たち、尊王攘夷運動に奔走した草莽の志士たちの名前が延々と並ぶ墓石に刻まれている。山頂には明治維新の功労者、桂小五郎(後の木戸孝允)の墓と妻の幾松の墓が並んで立つ。   
 正午頃になると、神社境内には龍馬ファンのアマチュアカメラマン、高校生のグループ、中年の夫婦がその墓前を訪れる姿が。私は大学在籍当時から、龍馬ファンを公言するタレントの武田鉄矢と司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の影響もあり、数年毎に霊山神社の坂本龍馬の墓を訪れている。今回の参墓は数年振りか。久し振りに東山霊山の清々しい空気と霊気を感じ取り、午後一時過ぎ、晴れ晴れとした気分で京都霊山護国神社を辞す。   

ー写真カットは、霊山護国神社にある坂本龍馬の墓。鳥居奥の左側が坂本龍馬、右側が盟友の中岡慎太郎。合掌  
スポンサーサイト

早春の仁和寺成就山行


2019/3/11  ”仁和寺成就山行”             
ー一年振りに仁和寺成就山88ヶ所巡拝路を巡拝する。よく晴れた先週の土曜日、わが愛車マウンテンバイクで仁和寺へ。週末土曜の朝、まだ人気のない境内を通り抜け、金堂にお参りすると、西門を出る。数分歩くと、一番札所霊山寺が見える。  
 成就山御室88ヶ所霊場めぐりがここから始まる。山中の道程4㎞、所要時間は歩いて約2時間。買ったばかりのNikonのデジカメで写真を撮りながら巡拝する。薄暗い雑木林の中の巡拝行路、最初は登り坂の石段が延々と続く。息が切れ、足が上がらなくなる。それでも一歩一歩足取りを確かめるように歩き続ける。山頂付近まで来ると、道は平地になりやがて身体も慣れて来る。  
 途中、昨年秋の台風のため31番札所の屋根が吹き飛ばされ、お堂は荒れ果てた姿に。さらに山頂付近に立つ空海像が台風の強風のため根元から倒れ、台座の下に転がり無残な姿を晒していた!?やがて巡拝路は平地のなだらかな道が続き、成就山山頂へ。周囲の木々が綺麗に刈り取られ、木製のベンチ3台が並べられ、京都市街が眺望できる展望台がある。  
 そこでベンチの上にDバッグを降ろすと、本日の仁和寺成就山行の目的でもあるわが行を執り行う。成就山山頂に立ち、早春の晴れた青空に向かいわが心願を三度唱える。   
  天にましますわが神龍に願い奉る。我をして尚戦い続けせしめ給わんことを。  
 後半のコースは下り坂となる。歩くペースも早まる。続いてコンクリート製のベンチが2台並ぶもう一つの展望台にやって来る。ここから前方の双ヶ岡、京都市街中心部、遠方に京都タワーまで一望できる。小型三脚を取り出し組み立てると、デジカメで動画撮影を試みる。デジカメのモニター画面で京都市街を確かめながら、肉声によるナレーションも交えて撮影する。音声と映像のタイミングが上手くいかず、2、3回、繰り返す。  
 終盤コースは平地に札所が集中しており、一気に最終地へ。スタートから2時間半後、結願の88番札所大窪寺に到着。ここでも本堂前でわが心願を祈願する。今回、一年振りに仁和寺成就山巡拝行を試みたが、巡拝路の随所で昨年秋の台風被害の爪痕を目撃する。札所の屋根は強風で吹き飛び荒れ果て、空海像は強風で根元から倒れ、巨木や老木も根元から薙ぎ倒されていた。この成就山巡拝路の修復と復興には10年を費やすだろう。我、わが信の原点成就山の復興に向けわが微力を尽くさん!合掌

ー写真カットは、結願の第88番札所大窪寺の全景。   

米朝首脳会談、合意に至らず!


2019/3/4  ”時事評論”    
ー2月27日と28日の二日間、ベトナムの首都ハノイのメトロポール・ホテルを会場に昨年6月に続き、2回目となる米朝首脳会談が行われた。初日の27日夜、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の両首脳は、報道陣を前に笑顔で握手して見せた。  
 2日目の28日午前、トランプ大統領と金正恩委員長は通訳だけを交え、一対一の首脳会談を行った。ところが正午過ぎ、予定されていた昼食会が急遽中止へ。サンダース報道官が取材陣に予定変更を告げる。両首脳による共同声明の署名式は行われず、トランプ大統領の会見が前倒しされる。  
 金委員長は予定より早く宿泊先のホテルへ。トランプ大統領は28日午後、世界各国の記者を前に記者会見を行った。   

       *       *      *  

ー世界が注視する2度目の米朝首脳会談、結局、非核化に向けた合意には至らなかった。首脳会談で両首脳による共同声明がなかったのは極めて異例であり、30年前の米ソ首脳会談以来のこと。歴史的な首脳会談でまたもトランプ流政治ショーと金正恩の土壇場外交に振り回された世界中のメディア。今回、合意に至らなかった理由として、北朝鮮が寧辺にある核施設の廃棄・査察だけで制裁の完全解除を求めたことにあるとされる。  
 また米朝首脳会談の最中、トランプ大統領の元顧問弁護士だったマイケル・コーエン氏が、不倫相手とされた元ポルノ女優への口止め料支払いについて米議会下院公聴会で証言を行った。コーエン氏が支払った28万ドルが選挙資金規正法の上限を超える寄付だとして、コーエン氏は有罪判決を受けた。もしトランプ大統領が支払いを指示していたなら、共犯の可能性も。さらにコーエン氏は2016年大統領選挙の「ロシア疑惑」についても証言した。彼は断定はしなかったが、疑惑を匂わせた。    

 合意に至らなかった米朝首脳会談、元側近による造反と今後も前途多難なトランプ大統領の行く末や如何に!?  

ー写真カットは、2月27日、ベトナムのハノイのホテルで両国国旗の前で握手するトランプ大統領と金正恩委員長。CNNのニュース動画から転載。   
  


    


トランプ大統領、非常事態を宣言!


2019/2/26  ”時事評論”      
ー15日(米国時間)、ドナルド・トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設を巡り、国家非常事態を宣言した。  
 これに先立ち14日、トランプ大統領は国境法案に署名。これにより、壁建設費として要求していた6200億円のうち4分の1の拠出しか認めない議会を迂回して、数千億円規模の資金が捻出出来る。また他にも、国防総省の軍関連建設費など各省の予算を壁建設に回すことが可能となる。  
 一方18日、カリフォルニア州など16州はトランプ大統領の国家非常事態宣言が違法だとしてサンフランシスコ連邦地裁に提訴した。          

       *       *       *       

ー通常、非常事態宣言は大規模な災害などが発生した際に用いられる大統領の権限である。国境の壁建設を目的としたものだと憲法違反になる恐れがあるとされるが、ホワイトハウスは違反には当たらない、国家の安全と人道的危機を食い止めるため必要だと説明している。   
 「トランプ大統領のやり方は勝手だ。非常事態宣言をしてまで自分の欲しいものを手にしたいのか」と野党民主党は非難する。果たしてトランプ大統領の目的は?国境の壁建設の背後にある真の敵とその闇の勢力とは!?  
 今後、トランプ政権と野党民主党との米国を二分する壮絶なる戦いが始まり、彼らの正体が明らかにされることになるだろう。 

ー写真カットは、ホワイトハウスで国家非常事態を宣言するトランプ大統領。   
 

ゴースト・イン・ザ・シェル (3)


2019/2/24  ”名作映画”   
ールパート・サンダース監督は1971年、英国生まれ。ロンドンの美術学校を卒業後、テレビコマーシャル映像作家としてキャリアをスタートする。グリム童話「白雪姫」を原作とした前作の映画「スノーホワイト」(2012年)でハリウッド初進出。本作がハリウッド映画第二作となる。今回の実写化に当たり、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が映画権を取得、脚本家の交替などすったもんだの末、本作の映画監督に抜擢された。  
 香港の撮影現場を見学した押井守監督によると、現場は壮絶な戦場だったとのこと。出演者、エキストラ、撮影スタッフを含めた数百人規模の人員と莫大な労力とハリウッド的巨大資本を費やし、3ヶ月で撮影を完成。またサンダース監督は押井守監督のアニメ作品「Ghost in the Shell / 攻殻機動隊」(1995年)に敬意を表しつつ、いくつかのシーンでは原作に忠実に同時に、本作実写監督として独創的かつ細部に至るまで審美的に再現・映画化していることに驚く。       

 本作ストーリーに戻る。アジトの地下室で対峙する二人。「あなたは何者?」と問う少佐。「君が破壊しようとしている者だ」とフードを取り顔を見せた謎の男、クゼが答える。クゼの告白によりハンカ社の「プロジェクト2571」の実態を知り、クゼこそが義体化第1号とされる少佐以前に作られた試作品であった衝撃の事実を知らされる。  
 その後本来の任務を離れ、自分探しの旅を続ける少佐。オウレイ博士の自宅を訪れ、彼女を問い詰める。「私の前に何人が?」「高度な脳移植手術に失敗は付き物」「だから何人?」「あなた以前の犠牲者は98人」とオウレイ博士が告白する。自らの出自とアイデンティティーを見失い、一人夜の海をウエットスーツとシュノーケルでダイビングを試みる少佐。波止場に船を接岸し下船したところで、少佐はハンカ社の警備員たちによって連行され、ハンカ社本部の手術室のベッドで眠らされる。  
 「ミラを廃棄処分にしろ!」と「プロジェクト2571」の機密情報を漏らしたオウレイ博士を厳しく追及するカッター社長。カッター社長が差し出す廃棄用カプセルを機転で摩り替え、オウレイ博士は少佐に過去の記憶データを注入する。異変に気付いたカッターは銃を手に手術室へ。警報ベルを鳴らし、警備員たちを呼ぶ。「さあ、逃げて。早く行って!」とオウレイ博士。ベッドから起き上がると、警備員らを蹴散らし、ホンダの大型バイクでハンカ社本部ビルから逃走する少佐。    
 記憶を元にアヴァロン・アパート1912号室を訪れた少佐は。その部屋で素子の母親のハイリ(桃井かおり)と出会う。素子について語るハイリ。「娘は一年前に死んだ。役人が娘の遺灰を届けに来た。娘は自殺したと」「でもあの娘が自殺するなんて・・・」 
 ハイリの娘、素子の死の真実と自らのアイデンティティーを知る少佐。帰路、少佐はハンカ社による多くのドナーを実験台にした殺人行為と陰謀を荒巻課長に報告する。その後少佐は、記憶に導かれるように無法地区のある場所に入る。電脳内の記憶がフラッシュバックし、デジャヴを視る少佐。仲間たちが次々と連行され、そこで二人の恋人が互いの名前を呼ぶ。「ヒデオ!」「素子!」部屋の壁の前で佇む少佐の背後でクゼの声が響く。「ここで起きたことは現実だ。カッターたちは我々のすべてを奪った」「一緒に来い」とクゼが近寄って言う。   
 「バッアア―――ン!!」その時仕掛けられた爆弾が炸裂。爆風で吹き飛ばされた二人をカッターが遠隔操作するハンカ社の秘密兵器、多脚戦車が急襲する。逃げる少佐とクゼ。砲撃する多脚戦車にマシンガンで応戦するが、多脚戦車の厚い鋼板はマシンガンの弾を跳ね返す。圧倒的な多脚戦車の攻撃に手も足も出ない。「ターゲット確認」「ターゲット抹殺!」多脚戦車からロケット砲が発射され、身を潜めていた建物毎粉塵と共に破壊される。次にクゼに標準を合わせる多脚戦車。   
 その瞬間、光学迷彩スーツを身に纏った少佐が多脚戦車に飛び乗る。渾身の力を込め拳で制御装置を破壊し、その駆動中枢部を両手で取り外す少佐。自爆する多脚戦車。傷付き倒れた少佐の元へ這って近付くクゼ。身を寄せ合う二人。「一緒に来い」「嫌よ、私はここで生きる」「君の心の中で僕は永遠に生きる」   
 「バシュッ!」そこへ上空の攻撃ヘリから放たれた狙撃手の銃弾がクゼの頭部を射抜く。「ノ―ッ!」と少佐が叫ぶ。”サイトー、聞こえるか”と荒巻が地上で待機するスナイパーのサイト―(泉原豊)に電脳通信で指示する。対ヘリ用改造アサルトライフルで上空のヘリのエンジン部を正確に狙撃するサイト―。エンジンが爆発したヘリは墜落する。   
 最後にカッター社長の自宅に現れた荒巻は、殺人罪と国家反逆罪に該当するカッターの罪状を告げると、手にした拳銃で超法規的に決着をつける。「バン!バーン!」戦いを終え、共同墓地で草薙素子の墓の前に立つ少佐。待っていた母親のハイリに歩み寄ると、抱き合う二人。   
 ラストシーンは、公安9課の仲間たちと共に高層ビル街で事件を追う少佐が光学迷彩スーツに身を包み、ビルの屋上からダイブする場面で終わる。   

              (了)    


ー写真カットは、公安9課のメンバーたちと共に事件を追い、ビルの屋上から光学迷彩スーツでダイブする少佐のラストシーンから。   
    
    
   

 
プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる