西陣の京町家を歩く


2017/5/10  ”京都シーン行”  
ー大型連休も終わり、行楽には絶好の新緑の季節となりました。本日は、先週末に参加した[まいまい京都ミニツアー]「古武邸当主と京町家を探検しよう!」の体験レポートを以下、お届けします。  

 5月6日(土)午後1時半頃、集合場所の西陣の京都市考古資料館前に愛車のマウンテンバイクで到着する。同館入口前には、既に「まいまい京都」の女性スタッフの方が待機中。参加費の2、500円を払い、挨拶する。その後、続々とツアー参加者が集まり、男女合わせて総勢16名に。参加者一同は午後2時、直ぐ近くにある京町家の古武邸へと歩いて向かう。  
 いかにも京町家の風情を醸す古武邸に到着すると、和室の部屋の座蒲団に座り、参加者全員で古武博司さんによる京都の歴史と西陣の京町家史についてお話を拝聴する。西陣に住み続ける古武氏の豊富な知識と経験、手作りの年表、地図、町家の模型を使いながらの名講義に思わず目から鱗!  
 講義が終わると、古武氏自ら説明しながら、参加者一同で京町家の邸内を見学する。前日はこどもの日だったので、部屋の隅には鎧兜、行燈、和蠟燭などの調度品が飾られる。また邸内には町家独特の坪庭があり、以前は西陣の織屋であった古武邸、来客用の応接室も備わる。京名物、「ぶぶ茶漬け」(笑)の由来と京都人の社交術についての説明もあり。  
 1時間後、古武邸を後にして一行は、西陣界隈の京町家を歩くツアーへ!まず最初に、西陣山名町の一角に立つ「山名宗全邸宅跡」を示す白い案内板の説明から始まる。応仁の乱(応仁元年、1467年)前夜、ここ西軍の本拠地山名宗全邸で密議が開かれた。堀川を境にして東軍と西軍が対峙、以後11年に及ぶ京の内乱へと発展する。  
 応仁の乱で京の市街地と西陣一帯は荒廃した。公家屋敷と公家階級も没落した。因みに私は1970年代後半の大学時代、西陣の千本中立売を下がった町家の離れに下宿していた。当時もまたつい最近まで私は、同志社大学の南側にある京都御所が代々京都の中心地だと思っていた。しかし本来の平安時代の平安京、大内裏は現在の京都御所から約1キロ程西の位置にあった。応仁の乱後の荒廃、戦国時代の百年の動乱を経て、やっと江戸時代になって京都御所は現在の場所に移転され、公家屋敷と共に整備されるに至ったとされる。つまりかつて私が下宿していた西陣千中の町家の辺は、正に大内裏の中心地であったのだ!千二百年の平安京の歴史とは、内乱と政争、武家勢力と寺社勢力との争いと拮抗があり、公家から武家そして町衆の台頭へと続く歴史絵巻でもあった。  
 その後も、現在も西陣に残る京町家、西陣の町衆が設立に尽力した今は廃校となった西陣小学校、かつて隆盛を極めた西陣の繊維問屋の親方衆が居住した紋屋町にある西陣最古の路地、法華宗総本山本隆寺、牛若丸がここから奥州へ旅立ったといわれる首途八幡宮、江戸時代の西陣織全盛の頃、一日に千両の商いがあったといわれる「千両ヶ辻」を一行は歩く。  
 最後に、西陣の石碑が立つ西陣織会館前に到着。ここで2時間半に及んだ古武氏によるツアーが、参加者一同の拍手と共に終了する。17名のツアー参加者の方々、スタッフの方、ガイドの古武さん、皆さんどうもお疲れさまでした!  
 尚、「まいまい京都ミニツアー」では他にも毎月、様々な京都ツアーを開催しています。詳細は、京都ミニツアー「まいまい京都」@
maimai-kyotoへ。  

ー写真カットは、総勢16名で直ぐ近くにある京町家、古武邸に向かう「まいまい京都ミニツアー」参加者の一行。5月6日午後、京都市考古資料館前にて撮影。  



スポンサーサイト

金正恩は東京大炎上の夢を見るか


2017/4/29  ”時事評論”  
ー全国の皆さん、今晩は。3ヶ月のご無沙汰でした。冬の冬眠からやっと目覚め、桜の季節は疾うに過ぎ去り、今や季節は新緑の頃。先週の23日、小生、62歳と相成りました。花の独身フリーライター、気合いを入れ直して、ブログ戦線に復帰します!  
 本日のテーマは、緊迫する「北朝鮮危機」です。4月6日・7日(米国時間)の米中首脳会談以後、日々緊張状態が続く朝鮮半島。平和惚けニッポンでは連日、評論家、大学教授、ジャーナリストらがテレビのワイド・ショー、トーク番組で「北朝鮮Xデー」を煽り立てる。今月4月に入って、北朝鮮は米中首脳会談直前の5日と朝鮮人民軍創設85周年記念日の翌日の16日に弾道ミサイルの発射を敢行したが、いずれも発射直後に自爆・失敗した。  
 このところ、TVの報道番組、インターネット番組によく顔を出す(笑)ジャーナリストの山口敬之は、「北朝鮮Xデー」を2回外した。朝鮮半島危機がピークに達した16日以降、北朝鮮による「核口撃」が続けられた。「核ミサイルは真っ先に日本の東京に向け発射される」とソン・イル日朝国交正常化担当大使が威嚇した。  
 歴史を遡ると、朝鮮戦争初期の1950年9月、マッカーサー将軍率いる部隊の仁川上陸作戦により、北朝鮮軍は国連軍に分断・挟撃され、粉砕された。これに激怒した金日成は、「日本の東京を火の海に!」と叫んだと言われる。  

 米韓の合同軍事演習と中国の仲裁によって、追い詰められた北朝鮮3代目の独裁者、金正恩は地下シェルターのベッドで東京大炎上の夢を見るか!?そして本日早朝、今月に入って3回目の弾道ミサイルを強行した北朝鮮。  
 一方、オーストラリア軍、日本の海上自衛隊との共同訓練を終えた米空母「カール・ビンソン」は29日現在、長崎県沖を北上し、日本海に入った。4回目の弾道ミサイル発射あるいは6回目の核ミサイルを発射する前に、トランプ大統領は空母「カール・ビンソン」打撃群と米・韓・日による北朝鮮への先制攻撃を決断するか!?  

ー写真カットは、朝鮮半島に向かう米海軍原子力空母「カール・ビンソン」打撃群。You Tubeの動画より転載。  

2017神韻京都公演インタビュー、後編


2017/1/23  ”2017神韻京都公演”  
ーQ:2017神韻日本公演の魅所について。  
ーA:(徐さんが解説する)まず踊り、次に音楽があります。これは、中国の古典楽器と西洋の管弦楽器を融合して世界で始めて成功したオーケストラです。舞台上の舞踊と一体化した音楽として高く評価されています。  
ーQ:二胡の音色は、なぜか聴く人の心に響きますね。  
ーA:それと衣裳です。毎年、神韻の衣裳を見るため各国から有名デザイナーの方たちが来られます。色、生地、染めから中国古典の伝統を忠実に再現しています。何年か前、韓国のある有名なデザイナーの方が再現しようとしましたが、結局出来なかったという話を聞きました。  
 最後に舞台のバックスクリーン。世界初の映像演出と言われ、最近特許も取りました。しかも演目毎に変わり、動画にも映画並みの3Dにもなります。  
ーQ:ここで、徐さんに中国五千年の伝統について問い質す。  
ーA:中国の歴史は、5千年と言われています。日本ではよく四千年と言われていますが、これは私が知る限りでは、テレビの何かのコマーシャルで「中国四千年」というフレーズが広まったことに原因があると思います。  
 その千年間というのはまだ文明が出来ていない時期で、その過程が千年間続いたと考えられます。この中国五千年の神伝文化が、現代において文化大革命によって破壊されるに至りましたが、神韻としてはその芸術絵巻を舞踊によって表現することに主眼を置いています。  
ーQ:ここで中国五千年の歴史から、考古学、日本の古代史、文化人類学と最新の発見について話題が及ぶが、長くなるので割愛する。再び話を神韻に戻しますと、その中国五千年の神伝文化を神韻は現代に伝えているということでしょうか。  
ーA:そうです。神から伝わった神伝文化を復興させ、今日に再現することです。また日本は古来、中国の文化を取り入れ、学んできた歴史があります。また同時に日本独自の文化として作り変えて来ました。  
 しかしその原点の文明・文化を中国が自ら破壊してしまったわけです。その文化がまだ韓国と日本には残っていて、それを継承・再現することが大切だと考えます。  
ーQ:今後の神韻の海外公演における抱負について。  
ーA:私たちとしては、最初からずっと変わっていません。古典文化を復興させるという信念に変わりはありません。  
ーQ:2017新春の年明け、京都のファンに向けメッセージがありましたら、一言お願いします。  
ーA:私としては京都は日本文化と古典が眠るかつての古都でもあり、京都公演を開催したいと以前から思っていました。昨年秋、旧京都会館がロームシアター京都として復活、リニューアルした今、東京から京都まで来て交渉を重ねた末、この1月に公演が可能になりました。  
 京都の皆さんにとっても、神韻の古典世界に触れて頂く良い機会かと思います。また主催者として、私共も京都公演が出来て光栄だと思っています。皆さんにまず神韻を知って頂きたいのが第一です。  
ーQ:では最後に、日本のファンに向け何かメッセージを!  
ーA:まず初めに、本物は何かということで始めたのが一つの動機でした。本当のこと、真実とは何か、何が正しいのか、何が正しくないのかということも含めて、すべて神韻の舞台に込められています。それを観客の方々がそれぞれ感じ取って頂き、また一回と言わず何回でも魅て頂く度に新しい発見と感動がまたあるとお勧めします。  
 今後とも私共としては、神韻の公演活動と舞台作りのお手伝いを末長くさせて頂きたいと願っています。  
ーQ:本日はありがとうございました。  

<2017神韻日本公演情報>  
 ☆1/26(木)・1/27(金) 京都公演、ロームシアター京都  
 ☆1/30(月)・1/31(火) 東京公演、文京シビックホール  
 ☆2/1(水)・2/2(木) 名古屋公演、愛知県芸術劇場  
 尚、公演情報とチケット情報は以下のHP:  
  https://ja.shenyun.com  

ー写真カットは、You Tube「神韻2017日本公演」のプロモーション・ビデオからワン・シーン。神韻の古典舞踊には、跳躍、回転、宙返り、空中でのバク転があり、表現力・難易度共に世界で最も高い芸術形式の一つである。ダンサーたちは1日8時間のハード・トレーニングを続ける。  









2017神韻京都公演インタビュー、前編


2017/1/21  ”2017神韻京都公演”  
ー全国の皆さん、新春のお慶びを申し上げます。本日は、今月1/26・1/27、ロームシアター京都にて開催される2017神韻京都公演のインタビューを以下、レポートします。同公演の主催者である古典芸術振興会の佐藤マチ子さんと徐玉ファン(草冠に分)さんに神韻の歴史と海外公演活動についてお話を伺いました。以下、前編と後編2回に分けて、取材記をアップします。  
 日時は、1月5日午後。場所は、岡崎公園のロームシアター京都2階のロビー。以下、取材インタビューの要約を記す。  
ー二階堂 新:本日はご多忙の中、東京からお越し頂き、ありがとうございます。先日、メールでお知らせしました質問事項に沿って、以下アドリブも交えてお聞きしたいと思います。まず最初に神韻の歴史について。いつどこでどのようにして始まったのか。以下、Qと略す。
ー佐藤さん:神韻の日本公演は、2007年に始まりました。初演は、埼玉県の大宮公演でした。2006年、米国のニューヨークで設立され、以後世界中を巡回公演するようになりました。                                                    設立当初は一つのグループだけでしたが、現在、5つのグループとなり1グループ100名近くの団員で構成されています。10年間、世界中を公演し各国の皆さんに支持され、大きく成長することが出来ました。以下、Aと略す。  
ーQ:世界各国といいますと。  
ーA:神韻の本部はニューヨークにあり、クリスマス前後から世界公演を開始。半年間は世界各地を巡回し、半年間はニューヨーク本部の舞踊学校でレッスンを続けます。  
 各国の主要都市、フランスのパリ、イギリスのロンドン、ドイツのベルリン、オーストラリア、イタリアのミラノ、日本の東京、大阪を巡回公演しています。  
ーQ:なぜ米国のニューヨークに神韻の本部があるのか。  
ーA:神韻は中国古典舞踊を中心とした舞台活動を世界中で行っており、中国本国では1966年に始まる文化大革命で自ら破壊してなくしてしまった。文化も仏像も伝統も壊したため、自由に表現することが中国国内では出来なくなった。  
 中国本土では不可能になったため、自由を求めるアーティストたちが2006年に米国のニューヨークに集まり、ダンサー、作曲家、デザイナーなど100名程で神韻芸術団をスタートしました。  
ーQ:2006年のいつごろですか。  
ーA:(ここで徐さんが登場)毎年、クリスマスの頃から公演を開始し、世界中で巡回公演を行います。  
ーA:(佐藤さんが付け加える)2006年6月だったと思います。今の中国が亡くした文化、伝統、古典舞踊を復興させることが、神韻の願いです。  
ーQ:神韻は現在、中国国内では公演が出来ないとのことですが、私は中国から生まれて、海外へ発展したのかと思っていましたが・・
ーA:元々、中国古典舞踊として中国から発生したのですが、文化大革命で中国が失くしたため、古典舞踊を復興させるべく、海外から復興を目指したわけです。  
ーQ:売れない小説(笑)も書くフリーライターとして私は、作家、開高健を大学時代から敬愛しています。生前、開高健が中国共産党に招待され、「文化大革命」当時の中国を訪問し、後に「文革」の現実と惨状を知るに至った経緯をエッセイでも書いています。以下、私の個人的な米大学留学体験については省略する(笑)  
 話を戻しますと、ニューヨークと言えば芸術の中心地。そこに本部を置く神韻芸術団。You Tubeのプロモーション・ビデオを魅て私は感動したのですが、神韻の舞台は古典で新しい、古典なのに革新的でもあるという印象を受けました。  
ーA:(ここで徐さんが解説する)ダンサーの衣裳にしても、古典的なものを舞台で再現しています。演目がそれぞれ衣裳、民族によって異なり、現代的である一方、伝統文化をそのままにして残し、歴史的人物を舞台で再現する場合もあります。また舞台で演じる演目には、一つ一つメッセージがあります。  
ーQ:中国は他民族、多言語・多文化で、数千年の歴史を持ち、悠久の大陸というイメージと憧れが日本人にはあるのですが、如何ですか。  
ーA:(ここでまた徐さんが解説する)古代中国と京都、奈良、シルクロードと文化交流、京都の祇園祭と話題が弾むが、長くなるので割愛する。  
ー以下、お二人の神韻インタビューの話題は盛り上がり、次回の後編へと続く。  

ー写真カットは、お話を伺った古典芸術振興会の佐藤さん(右側)と徐さんのお二人。ロームシアター京都にて2017年1月5日撮影。

元旦の仁和寺成就山行


2017/1/5  ”京都散策行”  
ー全国の皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年2017年もよろしくお願いします。今年最初のブログ、元旦の仁和寺初詣でと成就山88ヶ所巡拝行のレポートを以下、お届けします。  
 元旦の快晴の午後、愛車のマウンテンバイクでわが仁和寺へ。正午過ぎ、仁和寺仁王門に到着。ニコンF80のフィルム・カメラとコンパクト・デジカメとiPad Proの三刀流で正月元旦の仁和寺境内を撮り歩く。仁王門の阿吽像に始まり、勅使門、中門、五重塔、金堂と進む。国宝の金堂の前で持参した線香を立て賽銭を投げ入れ、わが心願を祈願する。  
 その後、水掛不動尊、御影堂にもお参りすると、一度西門を出る。西へ歩いて150メーター程、本日の目的である成就山御室88ヶ所霊場第1番霊山寺へと向かう。毎年元旦の恒例である成就山巡拝行を始める。山中の道程4キロ、所要時間約2時間のわが行が、ここからスタートする。元旦の午後、少し薄暗い雑木林と冬の冷気の中、各札所を巡る。一番一番立ち止まり賽銭を入れ巡拝すると2時間以上費やすため、それはまたの機会とし、本日はフィルム・カメラとデジタル・カメラで写真も撮りながら、さっさと歩きながら回ることにする。  
 前半は急勾配と急峻な石段のコースが続く。息が切れ、次第に足が上がらなくなる。それでもゆっくりと一歩一歩足取りを確かめながら歩き続ける。やがて山頂付近の平地へ辿り着く。そこに、托鉢姿で行脚中の空海の立像が立っている。線香を上げ賽銭を籠の中に入れ、台座に攀じ登ると、コンパクト・デジカメでツーショットを試みる。  
 さらに巡拝行路を進むと、成就山頂上を示す小さな標識がある。その一帯は木々が刈り込まれた展望台になっており、手前に京都市内右京区、遙か遠方には大阪方面まで見渡せる。木製のベンチにDバッグを下ろすと、ここでわが行を執り行う。  
  天に在すわが神龍に願い奉る。  
  我に力を与え給え。  
  我をして尚、戦い続けせしめ給わんことを願う。合掌  
 成就山山頂で天に向かって、三度唱える。  
 後半は下り坂のコースとなり、巡拝の速度もピッチも早まる。下り坂の途中、もう一ヶ所京都市街を見渡せる展望台がある。コンクリート製のベンチが二つ並び、前方の木々は綺麗に刈り取られており、ここから京都市街全体を鳥瞰することが出来る。早速、ニコンF80とiPad Proで静止画と動画撮影を行う。そして終盤コースは平地が続き、札所も集中して並ぶため、一気に巡拝行はフィニッシュへ。  
 2時間後、最後の第88番札所大窪寺に到着、結願する。それから靴を脱いで本堂に上がり、ご本尊の前で般若心経を唱え、わが心願を祈願する。合掌。かくして新年元旦の仁和寺初詣でと成就山御室88ヶ所巡拝行を終え、午後4時過ぎわが仁和寺を辞す。 

ー写真カットは、成就山山頂付近に立つ、わが崇拝する「大いなる空よ!かくも深き海よ!」のお方とツーショットの二階堂です。まだ出家はしない(笑)2017年1月1日午後撮影。  

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる