米同時多発テロから16年


2017/9/18  ”時事評論”  
ー9月11日、米首都ワシントンのホワイトハウスでは2001年9月11日に発生した同時多発攻撃の追悼式典が行われた。ドナルド・トランプ大統領とメラニア夫人が出席し、犠牲者2977人に黙祷を捧げた。  
 トランプ大統領は続いて、184人が死亡した国防総省を訪れて献花。演説では米国の回復力や結束を讃えると共に、敵が「米国を脅すことはできない」と強調した。   (AFP)  

    *       *       *  

 先週の11日(日本時間では12日夜)は、2001年9月11日の朝(米国時間)に起きた米同時多発テロから16年目の日だった。 
 世界金融の中心地、ニューヨーク市のマンハッタンに建つワールドトレードセンターの北棟(109階建)に午前8時46分(ニューヨーク時間)、ハイジャックされたアメリカン航空11便が激突し、爆発・炎上した。続いて午前9時3分、2機目の旅客機ユナイテッド航空175便がWTCの南棟(109階建)に突入、爆発・炎上。  
 その後、WTCのツインタワーは激突の衝撃と火災により1時間から1時間半後、南棟・北棟共に崩壊した。犠牲者は合計で2749人といわれ、史上最大の大惨事となった。さらに午前9時38分、3機目のハイジャックされた旅客機がバージニア州アーリントンにある国防総省本庁舎(ペンタゴン)の建物に突っ込み、爆発・炎上。189人の職員が犠牲となった。  
 そして午前10時48分、ハイジャックされたとする4機目の旅客機、ユナイテッド航空93便がペンシルベニア州ピッツバーグ郊外のシャンクスヴィルに墜落した。僅か2時間の間に起きた未曾有の4件の同時多発テロの犠牲者は、3025人とされる。 
 16年前の当時、私はテレビもインターネットも持っておらず、愛用のソニーのラジオ・カセットで聴いたFM番組でその第一報を知った。9月12日の夜11時頃、女性DJが米国のニューヨークで旅客機によるテロ事件があったらしいと伝えた。翌日以降、私は新聞と雑誌を買い求め、市バスを乗り継ぎ、インターネットの設備がある京都市国際交流会館に足繁く通った。  
 その頃、私は生々しい米同時多発テロの実態を知るに至り、明日にでも世界は世界戦争に突入してしまうのか!?と戦慄した記憶がある。   

 「9・11テロ」とは、一体何だったのか!?それに続く米国によるアフガニスタン侵攻、そしてイラク戦争とは何だったのか!?「9・11テロ」発生から16年の今、我々は改めて検証する必要があるのではないか!?  

ー写真カットは、2001年9月11日午前9時3分(米国時間)、ニューヨーク市のワールドトレードセンターの南棟に2機目が突入する瞬間の決定的映像シーン!?You Tubeのニュース映像から転載。   


スポンサーサイト

金正恩は東京大炎上の悪夢を見るか


2017/9/14  ”時事評論”   
ー全国の皆さん、こんにちは、二階堂です。8月中、あまりの酷暑に夏バテしておりました。9月に入りやっと秋らしく涼しくなり、パワー復活!本日のテーマは、緊迫する北朝鮮の核ミサイル問題と日米韓の対応について語りたいと思います。  
 9月3日午後0時29分頃(日本時間)、韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮北東部ハムギョン北道キルジュ郡のプンゲリ付近で人工的な地震の揺れを観測したと発表した。  
 爆発に伴う揺れの規模はマグニチュード6.3と推定。自然の地震の揺れとは異なる人工的な地震波が観測されたため、北朝鮮が6回目の核実験を実施した可能性があると、韓国軍当局は分析。北朝鮮分析サイト「38ノース」は9/13付、今回の核実験による核爆発の規模は250キロトン、広島型原爆の16倍超の規模だったと発表した。  
 日本政府は直ちに中国政府を通じて北朝鮮に強い抗議を行い、トランプ大統領も9/3付けのツイッターで北朝鮮を「ならず者国家」と非難。日米韓の同盟国と連合国の軍事的緊張は一気に高まった。核実験成功後も米国を威嚇し続け、核強国となった金正恩の北朝鮮は9月9日には建国記念日を迎え、米朝軍事対立はピークへ。  
 当初、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対して、9/11(日本時間12日朝)に行われたニューヨークの国連安全保障理事会では史上最も厳しいとされた制裁決議案が、北朝鮮の友好国中・露寄りに修正・軟化された。北朝鮮に対する原油全面禁輸や金正恩委員長の海外資産凍結も中国とロシアの支持を得るために譲歩。新しい決議では、北朝鮮への原油禁輸については現状の供給を上限とした。また現在、海外で働く9万3000人の北朝鮮労働者の新たな就労許可を付与することの禁止も各国に報告を求め、今後はこの制度を段階的に廃止させることに留めるとした。彼らの外貨が、北朝鮮にとって核ミサイル開発のための資金源となっている。かくして9回目の国連制裁決議は骨抜きに。  

       *       *       *  

 金王朝3代目、金正恩は東京大炎上の悪夢を見るか!?因みに朝鮮戦争初期の1950年9月、マッカーサーが指揮する起死回生の仁川上陸作戦により劣勢となった朝鮮人民軍の金日成は激怒し、「東京を火の海に!」と叫んだと言われる。2017年9月3日、核開発で一線を越え終に核ミサイルを手にした孫の金正恩。国連安保理の対北朝鮮制裁決議は中露寄りに軟化。国連は何の規制も解決力も持たず、この危機に及んで尚、米朝によるチキンレースと出来レースが今後も続くのか。  
 国連の制裁が何ら効力を持たぬまま、北朝鮮が7回目の核実験を強行し、平和惚けニッポンの東京上空に核ミサイルが飛来する日がやって来るのか!?  
 因みに、北朝鮮を題材にした話題の米映画「ザ・インタビュー」(2014年、日本未公開)のラストシーンでは、CIAの手先となった主人公が放つ戦車の砲弾によって金正恩の頭がフッ飛ぶシーンで終わるのだが・・・  

<参照データ>  
 ☆「教えてニュースライブ!正義のミカタ 9月9日放送 特集:北朝鮮核実験強行!ついに米朝開戦か!」は9/11現在、You   
 Tubeの動画は削除され視聴出来ず!?  
 ☆「金正恩荒ぶる3代目の正体」(別冊宝島2576号、宝島社)  

ー写真カットは、映画「ザ・インタビュー」で主人公の友人のデイブ(ジェームズ・フランコ)が金正恩が乗るヘリに向け戦車砲を撃つシーン。You Tube「The Interview」予告編から転載。  


劉暁波氏、死して中国民主化希望の星へ!


2017/7/19  ”時事評論”  
ー先週13日、入院先の中国国内の病院で末期癌のため死去した中国初のノーベル平和賞受賞者にして中国民主化運動の旗手、劉暁波氏(61)は、中国当局によって直ちにその遺体は火葬にされ、15日には水葬にされその遺灰は海に散骨された。  
 15日、中国遼寧省瀋陽市で行われた葬儀には親族らが参列。その後、劉氏の兄、劉暁光氏が記者会見を行った。火葬後直ちに、妻の劉霞氏と親族らが立ち合いの下、海葬された。中国当局は遺族は海葬に同意したと公表したが、妻の劉霞氏は同意しなかったと、香港メディアは伝えた。  
 遺族が反対したにもかかわらず、中国当局が水葬後、劉氏の遺体を海に散骨したのは、中国当局が劉氏の死因を隠し、遺灰が埋葬された墓地が民主化運動の聖地となるのを避けたためとされる。また13日夜、中国版ツイッター「微博」では劉氏追悼のツイートが瞬く間に広がったが、中国政府は劉氏の名前を出した書き込みやその写真をことごとく削除した。さらに中国メディアは13日夜、劉氏死去のニュースを国内向けには流さず、また海外メディアの放送も制限された。  
 一方、ノルウェー・ノーベル委員会は、中国政府は劉氏の死去に「重い責任を負う」とコメントした。同委員会は劉氏の国外での治療を認めなかった中国政府の態度を「非常に気がかりだ」と批判。劉氏の引受先として検討されていたドイツのガブリエル外相は、移送が実現できなかったことは残念だとコメント。  
 劉氏の妻で詩人の劉霞氏は、現在自宅軟禁処分を受けている。米、英、独、仏の各国政府はこの処分を解き、劉霞氏が希望するなら出国を認めるよう中国政府に対して呼びかけた。しかしながら中国政府は1989年の天安門事件後、度々逮捕・投獄された劉暁波氏を犯罪者として扱い、2008年の拘束・逮捕以降、中国当局は獄中の劉氏に対して長期間適切な治療を施さなかった。 

 劉暁波氏は2011年5月2日、米海軍特殊部隊Navy Sealsの軍事作戦によって暗殺され、直ちに水葬にされたイスラム過激派組織アルカイダの黒幕、オサマ・ビン・ラディンと同列のテロリストに非ず!  
 国内でチベット人をウィグル人を弾圧し、そして中国初のノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏に獄中で適切な医療行為を施さず見殺しにし、死後も人権侵害を続けた中国共産党こそ世界中から非難されるべきである。  
 獄中で生ける劉暁波氏は中国民主化の地上の希望であり続け、死せる劉暁波は天上で光り輝く中国民主化の希望の星となった。合掌  

ー写真カットは、7/15、火葬後遺灰を海に撒く遺族。手前のブルーの服の男性が劉氏の兄、劉暁光氏。後方のサングラスに剃髪姿の女性が妻の劉霞氏。You Tubeニュース動画から転載。  

ノーベル平和賞、劉暁波氏が死去!


2017/7/15  ”時事評論”  
ー13日、中国初のノーベル平和賞受賞者にして中国民主化運動の旗手、劉暁波氏(61)(1)が入院先の中国国内の病院で癌のため死去した。  
 劉氏は6月末の仮釈放後、遼寧省の刑務所から病院に移され治療を受けていたが、末期癌で全身に癌が転移。肝臓癌の多臓器不全のため入院先の瀋陽市の中国医科大学附属第一病院で死去。ノーベル平和賞受賞者が長期間獄中に拘束され適切な医療も施されず、事実上獄中死した例は史上初!?  
 中国当局は故意に劉氏に治療を行わず、見殺しにした事実は明白である。現在、8人の中国人ノーベル賞受賞者はチベット亡命政府のダライ・ラマ14世を始め、国外亡命者、中華民国出身者、海外居住者が多くを占める。   

 世界は中国共産党を非難せよ!国際世論は声を大にして中国共産党の人権弾圧を訴えよ!劉暁波氏の死は「第二の天安門事件」であり、その遺志は人々の間に深く静かに受け継がれ、やがて中国共産党に対する民衆の怒りとなっていつの日か爆発することだろう。  
 かくして劉氏の死は中国民主化の魁となる!合掌  

<脚注>  
 1)劉暁波氏:1955年、中国吉林生まれ。北京師範大学で文学博士号を取得後、米コロンビア大学の客員研究員などを歴任。    1989年4月、北京の天安門広場で起きた学生運動の高まりを受けて帰国。劉氏自身も天安門広場で学生らと共にハンガース  トライキに参加。6月4日未明、中国人民解放軍の威厳部隊が天安門広場を包囲した際、劉氏は部隊側と交渉に当たり大部分   の学生たちを無事に撤収させたが、後に学生運動の黒幕として逮捕・投獄される。  
   2008年12月、劉氏が中心となって起草した「08憲章」は「共産党が政治・経済・社会の資源を独占している」と主張し、憲法改  正や司法の独立、公職選挙の実施などを求めた。劉氏は同憲章公表直前に当局によって拘束・逮捕され、2009年に国家政権  転覆扇動罪で有罪判決を言い渡され、翌2010年に判決が確定。2010年10月、「中国での基本的人権を求める長期にわたる  非暴力の闘い」を受賞理由としてノーベル平和賞を受賞。   

ー写真カットは、7/11、入院先の中国国内の病院のベッドで妻と医師団に見守られる危篤状態の劉暁波氏の映像。You Tubeより転載。  

 
 
 

「小出恵介ハニトラ事件」その後を追う


2017/6/21  ”芸能評論”   
ー6/9付発売の「フライデー」によって報じられた「小出恵介ハニトラ事件」。6月中旬以降、ネット上では次々と新事実が明らかに!?この母娘、やはりとんでもない玉だった!?  
 少女Aの本名は「江原穂紀」こと、韓穂紀。施設に預けた一歳の娘を持つ離婚歴ありのシングルマザー。父親はヤクザ。母親の安部優奈(37)も曰く付きの人物。過激な自らのコスプレ姿をSNSで投稿。ネット上では若い頃にヤクザの愛人歴があり、出会い系サイトで売春疑惑も発覚。  
 母娘共に韓国人で、生活保護不正受給の疑惑がある。さらに事件の背後に美人局の黒幕として、「セラミック松村」こと松村健司(51)の存在がある。歯を真っ白なセラミックで加工しており、身長は150センチ足らずのチビ。闇金融事件で逮捕歴のある前科者で、大阪ミナミの店で若い女性たちを侍らせよくパーティを開くことでも有名。  
 少女Aこと、江原穂紀が持ち込んだ「フライデー」の記事は全く裏取り取材もせず、相手側の一方的な証言によるガセネタだった!?「フライデー」が報じた未成年少女との「淫行事件」により、所属事務所「アミューズ」は、小出恵介の無期限芸能活動停止を発表。これにより、小出のテレビ主演ドラマ、連続ドラマが次々と放送中止と降板になり、CM契約も解消。その損害金額は、一説に10億円以上とも言われる。  
 今回の事件で一番のポイントは、少女Aが本当に「未成年」であったかどうかという点。彼女が18歳ならば、大阪府青少年健全育成条例で「淫行」に該当しない。さらに驚愕する事実として、本名の「はん ほのり」名でかつてブログで18歳になる直前、車を運転していた事実を公表している。その記事では、1999年11月8日生まれと明記。現在18歳。つまり小出恵介と「淫行事件」があったとされる5月8日、江原穂紀は18歳だった!?  
 「フライデー」に謝礼20万円で「淫行事件」ネタを売った江原穂紀。被害者を装った江原本人、母親の安部優奈、そして黒幕とされるセラミック松村がグルで美人局を持ち掛け、小出に金銭を要求した脅迫罪が成立し、彼らは逮捕の可能性がある。6/10、小出恵介は被害者の少女Aと示談が成立したと、6/15付けで所属事務所が発表した。一方、大阪府警は「フライデー」発売後から、本件を刑事事件として捜査を開始している。  

 世間を賑わせる「小出恵介ハニトラ事件」。今後、警察の捜査次第では、所属事務所「アミューズ」と小出恵介による反撃が開始されるか!?    

<参照データ>   
 ☆「週刊文春」(6月22日号)特集:「小出恵介を抹殺した『17歳少女』の告白」  

ー写真カットは、「えはら ほのり」名のツイッターに投稿された小出恵介とのオリジナルのツーショット写真。2ちゃんねるに流出した画像から転載。   

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる