ダライ・ラマ14世、かく語りき


「時事テーマ」:2012/11/11 ”ダライ・ラマ14世 来日記者会見”  
ー訪日中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は5日、横浜市で行った記者会見で、尖閣諸島を中国の
通称の「釣魚島」ではなく「尖閣諸島」の名で呼び、中国で発生した反日デモの原因に「極端な反日教育」、「中国の閉鎖性」などを挙げた。中国メデイアはこれに猛反発し、「ダライの心の中には、中国の国家利益など全くないことが分かる」と非難した。   
 多くの中国メデイアは、ダライ・ラマ14世の訪日を、「こそこそ逃げ回っての訪問」と表現。”愛国論調”を
売り物とする環球時報は、「釣魚島が中国固有の領土であることは、誰でも知っていることだ」と主張した。  
 ダライ・ラマが「中国大陸で反日情勢が高まった」と指摘したことに対して、中国新聞社など中国メデイアは、
「事実無根の発言」と非難。また反日運動の原因を「中国が極端な反日教育をしている」とダライ・ラマが発言したことに対しても、「中国は反日教育をしたことがない。(戦前・戦中の)日本の戦争犯罪人と日本人民は分けて
考えている」と反発した。   
 ダライ・ラマの「大陸社会は閉鎖的で、情報も欠乏している。中国人の多くは未だに、日本人と軍国主義を連想して結びつけている」との指摘について、「釣魚島の主権は中国大陸だけの問題ではなく、海外の中華民族に共通
した心の声だ」「ダライは故意に事情を歪曲し、中国大陸が『社会の閉鎖性により反日感情が出現した』と言った。台湾、香港、マカオ、海外華きょも含めて、中華民族の愛国の情熱を侮辱した」と反論した。   

   x    x    x    

 ー11月5日、横浜市内のホテルで国内外の数十人の記者を対象に、ダライ・ラマ14世の来日記者会見が行わ れた。   
  ダライ・ラマ法王は、身振り、手振り、ジョークも交え、流暢な英語で、最初の7分間は、21世紀における
 仏教と仏教徒の果たす役割について語った。次に、会場の4人の記者からの質疑応答に移り、緊迫する日中関  係、平和と調和、仏教と科学、中国共産党のイデオロギーと民主主義、そしてこの春、自ら政治的権限を委譲し た経緯について、法王は表情豊かに、時に呵々大笑しながら熱弁を奮った。   
  尚、会場には女性通訳者が同席したが、日本語通訳の場面は動画ではカットされている。   

 <参考データ>   
   「You Tube」にて「Dalai Lama」を検索するー「Press Meeting in Yokohama with His 
  Holiness the Dalai Lama」

  

   
 












スポンサーサイト

ダライ・ラマ14世 来日記者会見 (5)

ー<チベットは、今中国との間で大きな問題を抱えています。今後、チベットと中国、そして日本との関係は、どうなるべきだとお考えになりますか>   
ー「問題を好む方は、誰もいないと思います。これは、中国の共産主義者も同じと思います。やはり問題というのは、無知から作り出したものであると、仏教では言っております。すべての問題は我々の無知から生じるものだと、仏陀も申しております」  
 「今13億人いるといわれる中国の方々、でも今、残念ながら多くの歪んだ情報が与えられ、それによって中国
は、非道徳的な状況に置かれています。そういう現状を知り得ない状況にあるため、中国の農民や一般の方々は、
苦難の日々を送り、適切な法的システムが確立されることにより、その状況はかなり変わってくると思います」 
 「私はある日、中国の方から手紙を頂きました。『ダライ・ラマ法王は宗教的指導者であるが、いろいろ問題も
ある』とのご指摘でした。しかし私の話す『中道』の道をこの方が聞かれた時、もしこれを中国人が知れば、皆私
のやり方を支持するであろうと言いました。1990年、天安門事件後、200人の中国人学生とハーバード大学
で会いました。そしてまた、その抗議運動に関わった20人の学者の方々にもお会いしました。中道について私の
考えをお話したところ、もし中国人の方がこれを知れば、中国の方は皆、法王を支持するであろうと言われたわけ
であります」   
 「かつて中国の革命当時、1930年、1940年代、日本と戦争をしていた当時は、厳しい規律が必要だった
かもしれません。しかし中国は、戦後未だに人々に対してコントロールを続け、それにより歪んだ情報が伝わり、
人々は恐怖の中で生活をしているわけです。私は、個人的に中国の政治家をどうこう言うつもりはありません。し
かし、こういう状況は、なんとか改善できればと思います。やはり良識が大切だと思います。皆さん、どうもあり
がとうございました」  
ー会場:拍手あり。   
ー<自由報道協会、暫定代表の上杉隆と申します。今回、日本政府が我々の通信メデイアを排除しているということで、本日法王をお招き致しました。是非伺いたいのは、通信メデイアが、今後世界において自由ということに対して寄与できるかどうか、法王にお伺いしたいと思います>   
ー「こういった通信手段は、とても役に立つと思います。特に、インターネットを通じたコミュニケーションは重要な役割を果たし、閉鎖的な社会においては、なお更です。今起こったことが、すぐに公表される。60年代、70年代には、チベットで起こった情況がインドに届くまで1、2年かかりました。現在は、もう瞬時に伝わるようになりました。その役割は大きいと思います」    
ー司会:本日は、どうもありがとうございました。  
ー会場:ダライ・ラマ14世退場、拍手が起こる。      
 
                        (了)














ダライ・ラマ14世 来日記者会見 (4)

ー<チベットについて質問します。最近、チベットでは僧侶の方々が焼身自殺をしており、これは、焼身自殺をしてまで何かを達成しようとされているのでしょうか。また法王ご自身がインドへ来られて50年以上が経ちますが、実際、非暴力で今の状況が変えられるのでしょうか>  
ー「まず非暴力についてですが、チベットの人々、そしてチベットに住むチベット人に対しても、常に非暴力であるようにと、私は話し続けています。中国の共産党は、チベットを「開放したんだ」という言い方もしていますが、どちらを取るのか、ジャーナリストの皆さんが調査をして、是非とも現実に見て頂きたいと思います」 
 「私たちはチベット人であり、チベット語という言語も文化も宗教も持っています。何も中国から分離せよと訴えているのではなく、意味ある自治を持たせてほしいと申し上げているだけです。しかしチベットでは、文化的な
ジェノサイド、虐殺状況になっていることを皆さんも理解されていると思います」   
 「確かに中国の強硬派の方々が、今のチベットを変えようとしています。ある意味、準・文化革命のような状況
になりつつあり、悲しい出来事がチベットで起こっていることが、皆さんの目にも触れているかと思います。だか
らこそ、是非ともジャーナリストの皆さんがチベットへ行き、何が現実なのか皆さんの目で見て、それを発表して
一般の方々に知らしめて頂きたいと思います」   
ー<黄色いシャツの方と、ダライ・ラマ14世が、自ら指名する>  
ー<いろいろな問題を解決するため、世界の人々が精神性を上げていったり、仏教でいう悟りを開いていくような
人が増えると、世の中が良くなっていくと、私共は考えています。いい本や教えがありましたら、教えて頂きたい
と思います>   
ー「仏教的に申し上げますと、日本にも素晴らしい法典、法華経、華厳経、般若心経があります。そういうものを
勉強されたらよいのではないかと思います。大切なのは、畏れの心、心配する心を減らしていくことです。そして、社会における内なる価値を進めていくこと、これは教育によって行うこともできます。日本は素晴らしい伝統
をお持ちです。是非とも、もう一度そういうものを学んで、思い起こして頂きたいと思います」  
ー<ジャーナリストの岩上安身と申します。日本は今、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)という経済協定に
入ることが、大きな政治的問題になっています。(以下、氏の持論を述べるが、省く)日本は、いかにして民族の
誇り、自治、主権を維持することができるのか、法王陛下のお考えをお聞かせ下さい>   
ー「私は、TPPのことはよく存じ上げておりません。コメントするには、もう少し勉強させて頂きたい(笑)」
 以上、白熱した質疑応答は、チベットと中国との問題へと移る。会場のジャーナリストを相手に、ダライ・ラマ
14世は、「中道」について語る。以下、第5弾に続きます。










ダライ・ラマ14世 来日記者会見  (3)

ー<今回は、被災地で多くの方々を励まして下さり、ありがとうございました。今、世界では、チベット・中東だ
けでなく、欧米と日本でも抗議デモが、激化しています。政府に対する民衆の不信感や怒り、こうした世界的なうねりは、今後どうなっていくとお考えでしょうか>   
ー「やはり今の世の中は、道徳的な考え方が欠如しています。システムそのものに問題があり、道徳や倫理の誤用
があると思います。政治というのは、問題を解決する一つの方策ではありますが、政治を行う政治家が倫理や道徳
を持たない心で行えば、政治も汚れたものになります」   
 「宗教も同じです。宗教家が道徳的観点や倫理を持たなければ、その宗教も同じように汚れたものになってしま
います。だからこそ我々は、あらゆる努力をして、倫理と道徳を推し進めていかなければならない。これは、皆さんの持つ良識を通して行うことができます。信頼を得る、正直である、そういうものが友情を育み、人を幸せにし
ます」   
 「最近は、貧富の差が大きくなっています。アメリカでは億万長者はさらに億万長者に、貧困層の方は未だに貧しい生活をして、格差が広がっている。このギャップを小さくして下さいというお話を、私はアメリカで致しました」   
 「先日インドで、国の腐敗を何とかしたいという気持ちから、ある運動が起きました。また、中国でもありました。ただ中国では、残念ながらなかなか声を上げることができない、表現ができないという状況があります。こう
いう話をしますと、皆さんは他の国のことだとお考えになるでしょうが、ジャーナリストの皆さんにも責任があり
ます。だからこそ、皆さんジャーナリストの方々も責任を持ち役割を果たし、よりクリーンな世の中を作ることに
貢献して頂きたいと思います」   
ー<元NHKの職員で内部告発をして、現在はフリーランスの者です。昨年9月、尖閣諸島沖で中国漁船が違法操業をして、日本の海上保安庁の巡視艇が警告を発した事件がありました。この際、中国漁船が巡視艇に故意に衝突
したのに、その映像を日本政府は公開しなかった。2ヵ月後、海上保安官のある方が、You Tubeにこの映像をアップしました。この件で、ご感想があれば、お聞かせ頂きたいと思います>   
ー「日本の問題だと思います」  
ー会場:笑いが起こる。   
 以下、会場のジャーナリストとの白熱した質疑応答が続く。第4弾へと続きます。









ダライ・ラマ14世 来日記者会見  (2)

 遅れて会場に到着したダライ・ラマ14世は、女性通訳者を交え、1時間半身振り手振りで、時に表情豊かに英語で質問に答えた。以下、その要約を記す。   
ー会場にダライ・ラマ14世、入場。会場から拍手。  
ーダライ・ラマ14世(以下、略す)「おはようございます。本日、遅くなって申しわけありませんでした。まず
最初に、今回の訪日の大きな目的は、被災地訪問にありました。私は、被災地の皆さんと哀しみを共有したいと思いました。そして、これから復興へ向け、前を向いて歩きましょうというお話を致しました」  
 「ジャーナリストの皆さんに、次の2点についてお話します。まず、人間の価値についてです。現在、さまざまな問題に直面し、これはまた私たち自らが作り出したもの。この問題を軽減するには、自己規律と責任を持ち、他
の人を思いやる気持ちが大切です」  
ー会場のカメラのフラッシュが強いので、抑えてほしいと要望あり。  
ー「私にも人権がありますので、あまり強いフラッシュは避けて頂きたい(笑)」   
ー<民主主義社会でのメデイアの役割について>  
ー「ゾウのような鼻を持って、現実をしっかりと知り、それを報道して下さい。現在、我々の社会にある腐敗、偽善を排除し、軽減し、ジャーナリストの皆さんがこれに貢献され、報道していくことが大切です」  
 「今年3月、私は政治的な指導者の立場を譲り、選挙によって選ばれた政治的指導者に主権をお渡ししました。
今は、普通の人です。ただし、ダライ・ラマ法王として、5世の時代から宗教的・政治的両方の責任を背負ってき
た背景があります。私は、日本の民主主義がそうであるように、チベットにも素晴らしい民主主義を作り上げたい
と考えています」    
ー<法王は今回被災地を訪問され、原子力エネルギーについて『賛成する』と仰っています。しかし福島の人々が
未だに不安と絶望に生きる中、宗教的指導者として、この状況をどのようにお考えですか>  
ー「私がここでお話したいのは、物事を見る時、一面だけを見てはダメで、全体を見なさいということです。原子力についても同じです。それを破壊的な目的で使うならば、破壊的なものしか生みません。しかし、原子力が平和
目的に使われるのであれば、また別の問題だと思います」   
 「代替案には、水力発電、風力発電、太陽光発電があります。最終的には、専門家の方々が広い角度から全体的
に問題を捉え、最大限の注意を払い結論を出すべきだと、私は考えます。確かに、1パーセントのリスクはあります。チェルノブイリの原発事故、今回のフクシマ原発事故と予想を超えた状況が生じてしまった。今後、安全策を
最大限に考えて、もう原子力発電所はいらないと皆さんがお決めになるなら、それはそれでよいと私は思います」
ー<フリー・ジャーナリストの重信メイです。今回、パレスチナは国連に入ることができず、ユネスコはその加盟
を認めました。これについて、どう思いになられますか>   
ー「あまりに大きな問題であり、またあまりに大きな力が関わっているので、コメントは控えさせて頂きたい」 
 会場の記者からは、この後も次々と白熱した質疑応答が続いた。以下、明日の第3弾に続く。













プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる