君はモーリー・ロバートソンを魅たか


2016/1/17  ”イベント・レポート”  
ー全国100万人のクラブ・ファンとモーリー・ロバートソン信者の皆さん、今晩は。フリーライター兼企画主催者の二階堂 新です。以下、昨夜1/16(土)夜に行われたイベントの体験レポートです。   
 京都から地下鉄と阪急電車を乗り継ぎ、夕方6時に会場の大阪・梅田のクラブ「NOON+CAFE」に到着する。当日はイベントのため、普段の正面入口ではなく横手の入口から入るよう貼り紙があったが、関係者でもあり、無理を言って(笑)、いつもの正面入口から入店。店のスタッフとイベント主催者の責任者の方に挨拶する。イベント会場では、関係者たちが機材をセッティング中。店内のリザーブ席のテーブルに座り、イベント開始を待つことにする。  
 しかしイベント開始時間が遅れ、モーリー・ロバートソンもリハーサルに現われない。店内奥の予約席に陣取り、「モーリー・ロバートソンはまだか」と店のスタッフに言っていると、モーリー教信者の女性が近付いて来て、意気投合。しばし談笑する。大阪在住のその女性もモーリーの熱心なファン。お互いスマート・フォンを取り出し、相互フォローする。   
 やがてイベントが始まり、彼女はイベント会場へ。しかし私はある方と待ち合わせをしており、予約席のテーブルに留まる。一度携帯に連絡が入り、仕事を終え、店に向かっているとのこと。その間、スタンディングの観客で溢れるイベント・スペースを覗いてみることにする。   
 ライトに照らされた小ステージでは、黒のストッキングと黒のミニ・ドレス、金髪のボブ・ヘアーのドラッグ・クイーンが椅子に腰掛け、妖しくコンテンポラリー・ダンスを踊る。続いて、オレンジと白のヒラヒラのミニ・スカート、ブロンド・ヘアーのウィッグを着けたドラッグ・クイーンが、「キッスは目にして」の曲に合わせ、若き日のマリリン・モンローを思わせる口パク芸とダンスの名パフォーマンスを魅せてくれる。
 濃い目のメイクの顔は女性だけど、やはり肩と二の腕の辺は逞しく男性的(笑)洗練されたプロのダンサーの切れのある動きと華やかな表情に魅了される。ドラッグ・クイーンの中年男3人を描いたロード・ムービーの傑作映画「プリシラ」(1984年)の作品中、サイケデリック・バスで辿り着いた町の店のステージで魅せる口パクのあのダンス・シーンを想起させる。
 その後、再び予約席に戻り、連絡を待つ。やがて大阪でモデル事務所を経営するI社長が、元モデルでDJもこなす友人の女性を伴い、入店する。久し振りで挨拶を交わし、現在考えている企画案について3人で話し合う。しかしお目当てのモーリー・ロバートソン氏が、まだ登場しない。主催者に確認すると、モーリー・ロバートソンのDJ出演は午後11:00になるとのこと。これでは、今回は擦れ違い。諦めてそろそろ帰京しようかと思っていた午後10時前頃だったー
 ナント、向かいの席にあのモーリー・ロバートソンご本人がやって来て、テーブル席に座る。透かさず、私は「モーリーさん!」と声を掛けた。「ニコ生」では毎回拝聴したが、ご本人とは今夜が最初。イベント出演直前にもかかわらず、気さくに応じられ、3人でそれぞれ
ツー・ショット写真まで撮らせて頂いた。私はモーリー・ロバートソン氏と握手を交わし、その後、モーリー氏はDJプレイのため会場へ。今回、初めてご本人にお会いすることが出来て、改めて二階堂、モーリー教の信者になりました(笑)
 かくして、阪急電車の最終時刻が近付き、午後10時過ぎ、DJと異色ダンサーたちで盛り上がる「NOON+CAFE」を名残り惜しくも後にする。   

 現在、私は企画主催者として2017年来春、あるイベントを企画・構想中です。全国のモーリー・ロバートソンのファンの皆さん、お楽しみに!乞うご期待!   

ー写真カットは、当日会場で撮らせて頂いたモーリー・ロバートソン氏とのツー・ショット写真。モーリーさん、ありがとうございました!1月16日夜、「NOON+CAFE」にて撮影。







スポンサーサイト

我、エロスの天使の降臨を魅れり (2)


「時事テーマ」:2013/6/30  ”イベント・レポート”  
ー続いてイベントは、佐々木心音ちゃん本人との握手会へ。壇上にテーブルを設け、椅子に座った心音ちゃんと各参加者が順番に握手をする。まるで、あの「AKB48」みたいやん(笑)   
 魔仁我王Zも椅子から立ち上がり、ステージ席の心音ちゃん本人に握手をしてもらう。その手は柔らかく温かくて、それも両手で優しく握手してもらったぜ~。わが「至福の時」その2(笑)魔仁我王Zこと二階堂 新は、持参したわが拙著『アメリカ・アメリカ』(二階堂 新)を彼女に進呈し、改めて一言挨拶を交わした。  
 それからイベントは、いよいよ本日の魅せ場へ突入。セーラー服のココネから着換えると、心音ちゃん、ビキニ姿でファンの前にご登場~。ポニー・テールから黒髪のロング・ヘアー、水色に近いブルーと黒のアクセントが入った大人の女のビキニ。  
 彼女自身がツイッターでも言ってたけどサ、東京の撮影会イベントでも着た自前の水着で、何でも水着デザインも展開する、お気に入りのスペインの有名ブランドの作品とか。『フィギュアなあなた』でブレイク
し、11月公開予定の主演映画『裸のいとこ』でさらに演技派女優として脱皮、開眼した女優、佐々木心音、23歳、大人のいい女。よく見ると、足元にはゴールドのハイヒールを履いており、心音ちゃん、ナイス・バデイ&グッド・プロポーションの170センチ超えサ(笑)  
 実はオレ、今日のイベントは1枚購入コースでサ、これでもう終わりかと思っていたら、イベントにはこのまま参加できるとのこと。ただし撮影は、不可とのスタッフの方のお達しあり。前列2列目の席で、メモを取りながら見学する魔仁我王Zでありました。  
 かくしてビキニに着換えた心音ちゃんをDVD2枚購入者が、それぞれ1分間のグループ撮影に挑む「撮影タイム」へ突撃。丁度60秒の時間制限になると、スタッフが「ハイ、終了!」と合図する。  
 続いて、今度は3枚購入の猛者による「撮影タイム」だ~っ!ステージ上のビキニ姿の心音ちゃんと、1分間の一対一の夢の個人撮影が可能っス。3990円x3枚=!?何と参加者24名中、数人のファンが列を作り、グラビア・アイドルにして女優のビキニ姿の佐々木心音を一人占め!?また同店専属カメラマンによる、心音ちゃんとの2ショット・チェキ撮影の特典あり~の、さらに私物、Tシャツ、DVD,写真集等へのサインもあり~のと、ああ、うらやましいぜ(笑)  
 最後に、大阪のファンの前で、今後の予定と11月公開予定の主演映画の告知をする心音ちゃん。そしてファンの拍手に送られ、午後2時15分、愛とエロスの天使、佐々木心音は、徐にイベント会場を去るので
ありました。   
 「パチパチパチ~。あ・り・が・と・う!」  
 「また大阪に来てえな~。目指せ!ハリウッド!!(笑)」   

ー写真カットは、劇中のセーラー服コスプレの美少女フィギュア・ココネが、魅せる必殺のハイ・キック!
目にも見よ~!心と音にも聴け~!戦う美少女佐々木心音が、大阪に嵐と奇跡を呼ぶぜ~(笑)同店イベント会場にて、6月29日撮影  

ー尚、今回、掲載した写真カット2点については、所属事務所のセルワールドエンタテイメントさまから掲載の許可を頂いております。  
 現在、ネット上で、モデル、タレント、女優、所属事務所の許可なくして、その画像、写真カットを公開
することは出来ません。「肖像権」と「著作権」法に問われ、罰則が適用されます。読者の皆さん、どうか
お気を付けて下さい。



 
















我、エロスの天使の降臨を魅れり (1)


「時事テーマ」:2013/6/30  ”イベント・レポート”  
ー全国100万のアイドル・ファンの皆さん、今日は、魔仁我王Zです。日曜日の午後のひととき、如何お過ごしでしょうか。  
 本日は、スペシャル企画編として、昨日6/29(土)、大阪・日本橋「信長書店」で行われた「佐々木心音DVD発売イベント」の参加レポートをお届けします。  
 今、話題の映画『フィギュアなあなた』で美少女フィギュア・ココネを演じた佐々木心音が、終に大阪に降臨☆ 同映画のメイキング編「佐々木心音セカンド・ステージDVD」(¥3990)を購入すると、佐々木心音さんご本人と握手して、生写真も撮れるというハラハラ・ドキドキのライヴ・イベントさ。  
 魔仁我王Z,京都からデジカメを片手に大阪の会場へと駆け付けました、ハイ。準備に手間取り、「信長書店」6階のイベント会場に到着したのは、イベント開始直前の10分前。同店スタッフ、関係者の方にも挨拶し、11番の予約席の椅子に座る。参加者は24名。  
 午後1時丁度、あの劇中の美少女フィギュアのコスプレ、胸に赤いリボン、白とブルーのセーラー服、白いブーツ姿のココネちゃんが、ステージに登場した。大阪が初登場という佐々木心音ちゃん、元気一杯に大阪のファンに挨拶するも、会場からのリアクションはイマイチ。オレも初めての経験だったから、一応静か
にしててん(笑)   
 同店イベント担当のスタッフがマイク片手にMCを務め、ステージに立つ心音ちゃんと、大阪の印象、公開
中の映画のこと、そのエピソード、そして同時発売中の写真集等について話し合う。  
 その後、ステージの心音ちゃんを囲み、3名ずつ、1分間のグループ撮影による「撮影タイム」へ移る。今回、拙者、訳あっていつものニコンの名刀でなく、コンパクト・デジカメにて挑戦でござる。旬のグラビア・グラビアにして、女優としてブレイクした佐々木心音、やっぱり凄~い!もうサイコー!  
 笑顔でポーズして、魅せる・魅せる(笑)さらに心音ちゃん、劇中のアクション・シーンでも魅せてくれた、あの必殺のハイ・キックをご披露。カメラで撮影するファンのために、わざわざ蹴り上げた右脚を一瞬
止めて見せる程のサービス精神と「プロ根性」あり!  
 「あっ、あれ、魅えた~」  
 「うっふふふー」  
 かくして、わが「至福の時」の撮影タイムは続くのであった。「余は満足じゃ」(笑)  

ー以下、さらなる第2弾へと続くのコ・コ・ロだ~っ!  

ー写真カットは、イベント会場のステージで、美少女フィギュア・ココネのコスプレで、大阪のファンに挨拶する心音ちゃんで~す☆ 日本橋「信長書店」6階にて、6月29日撮影
















プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる