凍てつく冬の暗闇に潜みしは誰ぞ(5)


2015/7/7  ”「餃子の王将」社長射殺事件”  
ーペンで戦うフリーライター、二階堂 新です。本日は1年半振りに、「フリーライター・シリーズ」の新しい情報をアップします。
 2013年12月19日、氷雨が降るまだ薄暗い冬の早朝、「餃子の王将」大東隆行・前社長(当時72歳)が、同社本社前(京都市山科区)の駐車場で何者かに銃撃され死亡した。暗闇の中、犯人は至近距離から25口径の拳銃で4発、大東社長に向け発射。出社した社員によって発見され病院に搬送されたが、その朝、大東社長は出血多量で死亡が確認された。  
 師走の京都を震撼させた未曾有の一部上場企業現役社長の銃撃事件。プロのヒットマンの手口を思わせる犯行、物的証拠も乏しく、一時は迷宮入りも囁かれた同事件。しかし事件発生から1年半経って、新事実が判明した。  
 「週刊ポスト」2015年7月10日号記事の最新情報によると、銃撃事件の「2人の実行犯」を京都府警が特定したという。昨年末、捜査本部は現場付近に放置していた複数のバイクを押収。その中の1台のバイクのハンドルから硝煙反応を確認し、またナンバー・プレートを付け替えた別の盗難バイクも発見した。防犯カメラに映っていた映像とも照合した結果、そのバイクが九州ナンバーの不審な車と併走していた事実も判明。そこから捜査本部は防犯カメラやNシステム(自動車ナンバー読み取り装置)を駆使し、事件の実行犯と運び屋の2人の「面」を割り出した。  
 入念な犯行現場の下見とその鮮やかなプロの手口、そして国内の使用例では珍しい25口径拳銃による犯行と言い、私も「中国人マフィア」犯行説を取っていた。しかしここに来て捜査本部は、
九州を拠点とする国内暴力団のヒットマンの犯行だったと特定するに至った。

 
 「餃子の王将前社長射殺事件」からすでに1年半が経過した。私は学生時代、京都市内の下宿の近くでまた大学の近くにもあった「餃子の王将」チェーン店によく通った。また10数年以上前、京都の中央市場で配送のアルバイトをしていた頃、社員の運転手とトラックに乗り込み、食材を山科の王将フードサービス本社まで運んだことがあった。その時、本社前の駐車場で白い割烹着を着て陣頭指揮をする当時の大東社長に挨拶した記憶がある。  
 この事件を決して「迷宮入り」にしてはならない。我々貧乏学生と若いサラリーマンの味方であり、その胃袋を満たしてくれた京都発祥の「餃子の王将」。凶弾に倒れた大東隆行前社長のご冥福と犯人逮捕、そして事件解決を私は切に願う。  

<参照データ>
ー「週刊ポスト」特集記事:「『餃子の王将』社長銃撃事件が急展開!『2人の実行犯』が特定された」(2015年7月10日号) 

ー写真カットは、犯行に使用されたと思われる同型の拳銃、米コルト社の「コルト25オート」(モデルガン)











スポンサーサイト

「餃子の王将」社長射殺事件に「新証言」!

2014/11/6  ”「餃子の王将」社長射殺事件を追う”  
ー11月に入り秋も深まる中、ペンで戦うフリー・ライター、二階堂 新です。昨年の12月19日早朝、師走の京都を震撼させた「餃子の王将」大東隆行社長(当時)射殺事件から、ほぼ11ヶ月。有力な物的証拠も目撃者もなく、捜査は難航し迷宮入りかと思われた今、獄中から事件に言及する「新証言」あり。以下、「週刊朝日」11月14日号、特集「王将社長射殺の銃は『Xが改造した25口径RAVEN』」からの抜粋です。   
 本年夏、「週刊朝日」編集部に獄中から大量の手紙とノートが届く。送り主は、銃刀法違反容疑で収監中のA被告。拳銃のスペシャリストであり、大阪府警の「スパイ」ともされる50代の人物。そのノートには、昨年暮れの「王将社長射殺事件」に迫る生々しい記述と証言があった。   
 京都府警によると、犯行に使われたのは小型の25口径自動式拳銃。4発の銃弾の発射音を誰も聞いておらず、拳銃はサイレンサーを付けるなど改造がなされたと、A被告は指摘する。そして銃の専門家であるA被告は、25口径のサイレンサー・モデルの改造に通じていたある人物について証言する。「王将事件」に使用されたのは、25口径のサイレンサー・モデル、米国製の小型拳銃「RAVEN25」だと、A被告は推測する。A被告は今年5月、大阪市内で銃刀法違反の容疑で逮捕され、その際、所持していた拳銃3丁はその後、どこかへ消えてしまったという。   
 またA被告には裏の顔があり、兵庫県警、大阪府警の「スパイ」として長年にわたって活動してきた過去があった。以下、情報提供者であり「スパイ」でもあるA被告と暴力団、捜査する側の大阪府警の刑事による「拳銃捜査の闇」と「泳がせ捜査」の実態が暴かれる。   
 ところが本年5月2日、A被告は自宅で実弾と拳銃3丁を所持していたことが発覚し、銃刀法違反容疑で奈良県警に逮捕される。その後の取調べで、自らが大阪府警の「スパイ」であることを明かす。現在、A被告は銃刀法違反容疑で奈良県警に収監中である。A被告の証言によって、「餃子の王将」社長射殺事件の背後にある「拳銃捜査の闇」と大阪府警による「泳がせ捜査」の実態が明らかになった。   
 最後にA被告は、「王将事件」について手紙の中で以下のように締め括る。  
 「情報提供しても利用されるだけなので、今は話したくありません。必要な時が来れば、裁判の中で明かします」  

      *       *       *    

 未解決のまま、一年近くが経過しようとする「餃子の王将」元社長射殺事件。ここに来て獄中から「新証言」が寄せられ、改めて当事件の闇が照らし出された。事件から一年近く経った現在、犯人も特定されず有力な証拠もなく、一時は迷宮入りも囁かれた。いや、東証一部上場の現役社長が早朝とは言え、本社前駐車場で銃殺されたこの未曾有の凶悪事件を決して迷宮入りにしてはならない。   
 私は学生時代、大学と下宿の近くにあった「餃子の王将」店によく通ったものだ。十数年前、京都中央市場でアルバイトをしていた頃、店の社員とトラックに乗り、食材を山科の「餃子の王将」本社まで配達したことがある。本社前の駐車場で、白い割烹着を着て従業員を陣頭指揮する当時の大東隆行社長に挨拶した記憶がある。   
 来月の19日で事件発生から丸一年になる。私はこれからも、わがペンで「餃子の王将」元社長射殺事件を追い続ける!

<参照データ>  
 ー「週刊朝日」(2014年11月14日号)「特集:王将社長射殺の銃は『Xが改造した25口径RAVEN』」
















「餃子の王将」前社長殺害事件から半年

2014/6/19  ”「餃子の王将」社長射殺事件を追う”   
ー本日6月19日は、丁度半年前の昨年2013年12月19日午前6時前、「餃子の王将」チェーン店を展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行さん(当時72歳)が、本社前の駐車場にて何者かによって射殺された事件が起きた日である。 
 事件発生から、すでに半年が経過した。しかし犯人に繋がる有力な物的証拠は見つからず、大東前社長を殺害した犯人も 現在捕まっていない。   
 事件から半年が経った本日19日の朝、王将フードサービス本社前の現場駐車場では、渡辺直人社長以下同社幹部社員らが、大東前社長が日課にしていた本社前の掃除を行い、故人の遺志を継ぐ決意を新たにした。また19日付、京都府警山科捜査本部は、犯人が逃走の際に使用したと思われるバイクを押収していたことを捜査関係者への取材で明らかにした。  

 衝撃的とも言える現役一部上場社長を狙った本社前での殺害事件。半年後の現在も犯人はまだ逮捕されていない。この事件を迷宮入りにしてはならない。京都府警による捜査はまだ今も続いている。私はわがペンで、師走の京都を揺るがせたこの事件を今後も追い続ける。

凍てつく冬の暗闇に潜みしは誰そ (4)

2014/1/22  ”「餃子の王将」前社長射殺事件を追う”  
ー連続シリーズ第4弾、いよいよ「餃子の王将」前社長射殺事件の背景とその闇に迫ります。  
 2000年4月、大東隆行・4代目社長が社長に就任した当時、「王将フードサービス」は有利子負債が470億円にまで膨らんでいた。なぜこうなってしまったのか!?つまりここに、創業家加藤一族が抱える闇が潜んでいた。1993年、創業者、初代社長の加藤朝雄氏が死去。ワンポイント・リリーフの外部から入った社長が2代目を継いだ後、翌年94年に長男の加藤潔氏が、3代目社長に就任した。ところがこの頃から、「餃子の王将」をめぐるトラブルが始まる。  
 1989年に、大阪の戎橋店で火事が発生。従業員一人とビルオーナーの中国人夫婦の計3名が死亡した。この火災事件を仲介・処理したのが、京都の不動産会社経営者の人物。裏の世界にも顔が利き、生前の加藤初代社長とも親交があったといわれる。また創業家加藤一族が設立した「加藤朝雄国際奨学財団」という財団法人がある。この人物は、2002年まで理事に名前を連ねていた。  
 さらに1999年8月、「餃子の王将」が大阪国税局から1億3千万円の「所得隠し」を指摘されたことがある。そのうち1億円が、この人物に謝礼として渡されたとされる。98年には、この人物が経営する福岡県のゴルフ場に王将は子会社を経由して88億円もの巨額融資を行っている。   
 その巨額融資は不可解であり、特別背任も疑われ兼ねない。その子会社の社長をしていたのが、大東前社長であった。結局、この融資は半分しか回収できず、2002年には創業以来初の最終赤字に転落。当時会長だった加藤
潔氏は融資の責任を取り、相談役に退く形で経営から完全に身を引いた。  
 その後、4代目社長に就任した大東前社長は、毎朝6時に出社し本社前を掃除し、酒もギャンブルもやらず「仕事の鬼」と言われ、2000年以来、470億円の有利子負債があった「王将フードサービス」をV字回復させた。しかしその一方では、大東前社長の肝煎りで始めた中国の大連進出事業で現地のパートナーと揉めてしまった。その後、権利関係が悪化し、大連の店舗が水浸しにされるなど嫌がらせを受けたという。この現地パートナーは、地元の中国マフィアとつながりがあるとも言われている。   
 
 昨年暮れ、師走のわが京都を揺るがせた「餃子の王将」前社長射殺事件、私の独断と偏見と直感により、「餃子の王将」ー創業家加藤一族の闇ー大東前社長の中国進出計画のトラブルー中国マフィアと点と線で繋いでみましたが、果たしてその真実や如何に!?  
 次回、2月以後、もう一度態勢と体調を整え、私はわがペンとカメラで、「餃子の王将」本社駐車場を現場検証する。  

<参照データ>   
 -「週刊文春」2014年1月2・9日号記事「『餃子の王将』社長射殺”呪われた一族”の暗部を握る男」 
 ー「週刊現代」2014年1月4・11日合併号記事「『餃子の王将』創業家の『カネとオンナ』問題」
 ー「週刊ポスト」2014年1月24日号記事「『餃子の王将』社長射殺事件で浮上した中国・大連『チャイナ
 マフィア』ルート」














凍てつく冬の暗闇に潜みしは誰そ (3)

2014/1/21 ”「餃子の王将」前社長射殺事件を追う”  
ーさて、連続シリーズ「『餃子の王将』前社長射殺事件を追う!」第3弾、いよいよ事件の核心と闇に迫ります。
ここからは、二階堂 新、私の独断と偏見と直感による推理とレポートです。興味のない方は、スルーしてもらって結構です(笑)  
 ここでもう一度、昨年12月19日早朝の事件現場をシミュレーションしてみる。午前5時40分頃、雨の降るまだ日の出前、凍てつく冬の暗闇の駐車場の建物の影で犯人は、息を潜め待ち構えていた。そして大東前社長が駐車場に入り車を降りた瞬間、暗闇から近付き、至近距離から25口径の拳銃を4発発射した。  
 やはりこれは、大東前社長の動きを事前に調べ、その行動パターンを熟知したプロのヒットマンによる計画的犯行と言えるだろう。  
 因みに、犯行に使用された銃が、なぜ25口径の小型拳銃であったのか。高校時代からモデル・ガン好きだった私の推測では、犯人が銃を海外から持ち込んだとすれば、25口径の小さな銃なら、手荷物ではなく、スーツかコートの下に忍ばせて入国できる。大きな声では言えないが(笑)、空港のX線検査を何らかの工夫をして、擦り抜ける方法があるという。  
 また25口径の拳銃は、中国マフィアに多い人民解放軍出身者であれば、銃の特性と扱いにも慣れていると、警視庁の捜査関係者が指摘する。いずれにしろ昨年12月19日の犯行直後、すでに海外に逃亡し、犯人が中国の雲
南省の奥地にでも潜伏しているとすれば、犯人逮捕はほぼ不可能ということになるだろう。   

    *    *    *   

 「王将フードサービス」の4代目社長であった大東隆行社長は、テレビ番組にも出演する名物社長であった反面、実際にはさまざまなトラブルを抱えていた。   
 2013年6月には、「ブラック企業大賞」にノミネートされた。長時間労働でうつ病を発症した元従業員による損害賠償裁判。賛否両論の苛酷な新人研修。2013年9月、金沢市の店舗内で撮影した全裸写真がネット上で
公開された事件。警察は、公然わいせつ容疑で軽犯罪法を適用し、9人を略式起訴した。その後同店舗は、営業停止、閉店となった。  
 さらに2008年2月には、創業家でトラブルが起きている。「餃子の王将」創業者、故加藤朝雄の長男、3代目社長加藤潔氏の長男貴司さんが、当時3歳の長男ダニエル君を連れ、ウクライナ出身の外国人妻を残し、旅行先のエジプトで失踪した。二人の行方は、現在も依然として不明のままである。   
 しかし以上の事件とトラブルは、今回の大東前社長射殺事件の直接の原因としては、不十分であると言えるだろう。大東隆行社長が社長に就任した2000年以前、1990年代にまで遡ったトラブル、そしてそれ以降の海外
出店時のトラブル、さらには創業家の加藤一族の背後にある闇と何らかのトラブルに大東前社長が巻き込まれた可能性があると、私は推理する。   

ー次回第4弾では、いよいよ事件のその闇と隠された背後関係に迫ります。











プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる