スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄の黙示録 (3)


2018/2/8  ”名作映画”  
ー本作の後半シーンで、若き日の名優デニス・ホッパーが戦場カメラマン役で出演している。ジャングル奥地にあるカーツ大佐の王国に辿り着いたウィラードに首から何台もカメラをぶら下げたデニス・ホッパー演じるカメラマンの男が駆け寄って来る。映画の役の上だけかと思っていたが、多彩な才能を持つホッパーは写真家としても有名であることを後に私は知った。  
 1989年秋の頃だったか、デニス・ホッパーの写真展が京都の法然院で開催され、雨の中私は駆け付けた。境内と会場には大勢の観客が溢れ、モノクローム作品も含めた彼の写真作品はプロ並みの腕前であった。その前後、京都市内の名画館のステージに来日したデニス・ホッパー本人が4番目の妻の新婦と登場し、舞台挨拶を行った。舞台の両端から現われた二人は、京都のファンの前で小コントまで演じて魅せてくれた。「アイ・ラヴ・ユー!」と新妻のキャサリン。「アイ・ラヴ・ユー・トゥー!」と53歳のデニス・ホッパーが透かさず答える。  

 また話が脱線した(笑)本作ストーリーに戻る。ウィラード一行の旅は続く。2001年に公開された本作特別完全版では、劇場公開版(1980年)から削除された53分の未公開映像シーンが二箇所追加されている。  
 台風のため川沿いの基地に不時着したヘリの機内で3人のプレイメイトと愛情を交わす哨戒艇の3人の若い乗組員。前線の米兵の性欲処理係にされる彼女たちの告白と戦場の真実を彼らは知る。本場アメリカの「PLAYBOY 」のセンターグラビアに毎月登場するプレイメイト。日本流に言えば、グラビアアイドルか。でも3人共プロポーションは良いが、演技力は下手(笑)  
 もう一つは、フランス人入植者とウィラードが彼らと会席で交流するシーン。川沿いの農園では武装した兵士たちが土地を守り、フランス人農園主とその家族、使用人らが定住していた。そのフランス人入植者をして劇場公開版とは異なる強い口調でアメリカの欺瞞とベトナム戦争の功罪を痛烈に批判する場面が出て来る。  
 そして生き残った3人の一行は、遂にカンボジア領内のジャングル奥地に築かれたカーツ大佐の王国へ辿り着く。土着の原住民の如く半裸で前身を白く塗った傭兵らがカヌーに立ち、ウィラードたちを迎える。そのカヌー群団の中を突き進むウィラードの小型哨戒艇。川岸に着くと、首から何台ものカメラをぶら下げた報道写真家の男(デニス・ホッパー)が近付いて来る。そのカメラマンの男は王国の中を案内し、ウィラードに彼らの主、カーツ大佐と面会させる。  
 軍人として輝かしい数々の経歴を持つカーツ大佐と実際に会って、彼のカリスマ性に一瞬引かれるウィラード。カーツ暗殺を躊躇する程だったが、カーツ大佐によって尋問され、木の檻の中に監禁されてしまう。やがて拘束から開放され、体力も回復した頃、水牛が生贄にされる儀式のその夜、ウィラードはカーツ暗殺を決行する。音もなく背後から忍び寄り、警護の兵士を倒す。そして大鉈を手に王国の主、カーツ大佐を斬殺する。その映像はかくも美しいシルエットで象徴的に表現され、原住民によって大鉈で水牛が無残に斬殺されるシーンとオーバーラップされる。  
 主を失った王国の私兵と傭兵たち。その軍団の中をゆっくりと進むウィラード。まるでモーセの前で紅海が裂けるかのように彼を避ける群衆。ある一人の兵士の前で立ち止まり、前任者のコルビー大尉だと確認すると、ウィラードは彼の手を取り再び歩き始める。任務を終えたウィラードと3人の兵士を乗せた哨戒艇は、静かにカーツ大佐亡きジャングルの王国を去るのだった。  
 最後に、臨終の間際のカーツ大佐の言葉が木霊する。  
 「地獄だ!地獄の恐怖だ!」    
                    
             (了)   

ー写真カットは、水牛が生贄にされる祭りの夜、遂にカーツ大佐の暗殺を決行するウィラード。川面に浮かぶ特殊部隊要員と化したウィラードの本作シーンより。  

 
スポンサーサイト

地獄の黙示録 (2)


2017/12/27  ”名作映画”  
ー本作のロケは米軍の協力が得られなかったため、フィリピンのジャングルで行われた。戦闘機やヘリコプターはフィリピン軍の協力に拠ったが、当時フィリピンは共産党ゲリラとの内戦や反乱があり、撮影スケジュールは度々乱れた。ロケ中、台風がフィリピンを直撃し、映画のセットがすべて崩壊したことも。キャスティングのトラブルもあり、映画の撮影期間も当初の17週間の予定が61週間に延びた。映画制作費も約35億円の予算が3倍近い約90億円に脹らんだ。出演者同士のトラブルや事故も続き、遂にコッポラ監督が心労で倒れる事態に。  
 本作品をフィリピンの密林で撮影中の1976年頃、疲れたコッポラは休養で日本へやって来た。六本木の馴染みのバーに来ては、「映画が撮れない!撮れない!」と嘆いていたと、村上龍がどこかで言っていたナ。  

 本作ストーリーに戻る。川を哨戒艇で北上するウィラードは戦争の狂気を目撃する。川でサーフィンをするためだけで、ワーグナーの名曲「ワルキューレの騎行」を大音量にして流しながら、ベトコン地区の村を米軍ヘリ部隊と爆撃機が次々と空爆を加える。家々は焼き尽くされ、無辜の女子供、村人たちが犠牲となる。爆撃直後の村に隊長機のヘリで降り立ったキルゴア中佐が部下の前で嘯く。
 「朝のナパーム弾は格別だ」  
 コッポラはこのシーンでアメリカによるベトナム戦争の狂気を暗喩する。本作のテーマは独白のスタイルを取るウィラード大尉の物語であり、同時にジャングルの奥地に自らの王国を築くカーツ大佐の物語でもある。その二つが縦糸と横糸の如く織りなす構成を持ち、巨匠コッポラによる神話的かつ叙事詩的映画の手法を取る。  
  ウィラードの旅は続く。小型哨戒艇内でドラッグに酔う若い米兵たち。川沿いの米軍基地の特設ステージではヘリから3人のカウガール姿のプレイメイトが降り立ち、熱狂する米兵たちの前でダンスを披露する。さらにウィラード一行が河を遡上すると、指揮官を失ったその基地では兵士たちだけが前線の基地でベトコンと戦っていた。  
 途中、川で民間人の船と遭遇。一行はその船を停め、積荷を検問するが、若い乗組員が敵のベトコン兵と見間違え船長の男を銃殺する。そして狂気が全員に伝わり、若い米兵らは女も含めたすべての船の乗員を機関銃で掃射してしまう。その後、ウィラードたちの哨戒艇も川岸から敵に攻撃され、何人かの乗組員を失うことに。  
 生き残ったウィラードと二人の部下の若い兵士は再び川を北上する旅を続け、遂にカーツ大佐が支配するジャングル奥地にある彼の王国へと向かうのだった・・・  

ー以下、第3弾へ続く。  

ー写真カットは、米軍基地の特設ステージで熱狂する米兵たちの前でカウボーイハットとカウガール姿でプレイメイトがダンスを披露する本作シーンより。   
 

地獄の黙示録 (1)


2017/11/24  ”名作映画”  
ーいよいよ晩秋も深まり、紅葉も色とりどりに色付き、芸術の秋に!本日、暫く中断していた名作映画シリーズを再開します。 
 取り上げる作品は、フランシス・コッポラ監督の名作「地獄の黙示録」(1980年日本公開)です。尚、今回の作品は、特別完全版(2001年公開、202分)のバージョンです。因みに本作は、皆さんお近くの某「ツタヤ」にてレンタル作品であります。   

 ファースト・シーンは、ドアーズのかくも美しい叙情的な「ジ・エンド」のBGMが流れる中、ベトナムのジャングルが米軍ヘリの攻撃により真紅に燃え盛る風景を思い返すウィラード大尉(マーティン・シーン)の回想シーンから始まる。  
 1970年のある日、ベトナムのサイゴンのホテルの一室で目覚めたウィラード。米陸軍将校でCIAの秘密作戦にも従事した経験を持つ彼は米陸軍将軍とCIAエージェントに呼び出され、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺作戦を命じられる。  
 極秘任務を帯び、ウィラードは古代ギリシャの長編叙事詩「オデュッセイア」の主人公オデュッセウスの如く、ベトコンが潜むヌン川を小型哨戒艇で遡行する旅を開始する。乗組員は、実戦経験のない若い新米兵士ばかり。彼らはウィラードの任務も目的地も知らない。やがて一行の哨戒艇はベトコン地区へ。そこではキルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)指揮する「空の第一騎兵隊」の米軍ヘリ部隊による空爆作戦が始まっていた・・・  

 以下、第2弾へ続く。  

ー写真カットは、川でサーフィンをするためだけでベトコンが潜む村をヘリ部隊で攻撃し、仕上げに川沿いのジャングルを爆撃機で空爆する本作作品中のシーン。  

 

アメリカン・スナイパー (3)


2015/12/16  ”名作映画シリーズ ”   
ーガソリン・スタンドの一角で息子と寛ぐカイルに、若い男が声を掛ける。   
 「クリス・カイルさんですか」「そうだ」男はズボンの裾をめくり、自らの義足の脚を見せる。傷痍軍人のその男は、イラク戦争の激戦地で敵軍の包囲の中、シールズ隊員のカイルに救出された元米兵だった。  
 そして戦場から平和な家庭、妻子の元に戻ったカイル自身も心身を蝕まれ、攻撃的になり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)が現れる。「戦地から帰って来ても、あなたの心まで戻って来ないわ」と妻のタヤが呟く。  
 そして第3回イラク派遣へ。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの兵曹長、クリス・カイルは、さらなる激戦の戦場を転戦する。しかしシールズ・チーム3の戦友、マークが敵兵スナイパー「ムスタファ」に狙撃され、戦死。またチームの同僚、ライアンも軍事作戦中、「ムスタファ」の狙撃を受け両目を失明する。   
 本国に生還したカイルは戦友マークの葬儀に妻と共に参列し、病院の病室に負傷したライアンを見舞う。  
 「奴を追うな。復讐は止せ」と言うベッドの戦友ライアンに、「伝説のスナイパー」クリス・カイルは、「必ずおまえの敵を討つ」と誓う。
 そして第4回派遣。米軍基地の作戦室で、敵陣地の真っ只中に米軍の砦を建設するため、工兵を敵スナイパーから守る作戦に抜擢されるカイル。宿敵「ムスタファ」とのスナイパー合戦が始まる。建築中の現場に到着するが、工兵が遠方のビルの屋上から狙撃する「ムスタファ」に撃たれる。混乱する米軍部隊。  
 その建設現場の2階の屋上で、1920メートルの距離からスナイパー・ライフルのスコープで「ムスタファ」の姿を捉えると、渾身の狙撃を試みるカイル。その弾丸は、的確に「ムスタファ」を貫く。しかしこれは、飽くまで映画上のフィクション。自伝でも、「ムスタファ」という名の敵兵スナイパーとの狙撃戦について記述はない。もしそれを可能にする男がいるとすれば、さいとう・たかを原作「ゴルゴ13」の主人公、2キロ先の標的を狙撃する超A級スナイパー、デューク・東郷だけか(笑)  
 しかしその時、銃声を聞きつけた敵兵が、四方八方からAK47を手に建物目掛けて殺到する。屋上へ駆け上がる敵軍。応戦する米陸軍部隊とカイル。倒しても倒しても、次々と敵兵がやって来る。その激しい銃撃戦の最中、屋上で物陰に隠れカイルは、衛星電話で本国の愛する妻に連絡する。   
 「家に帰るよ」やがて砂嵐が近付き、味方の攻撃ヘリも接近できなくなる。敵兵は容赦なく銃撃を続ける。止むなく現場から撤退する米軍部隊。砂嵐で視界が利かない中、尚も銃撃戦が展開する。  
 「バッーーン!」「パーーン!」「パン!パパン!パーン!」  
 やっと救出部隊の大型ジープが到着。カイルは間一髪でジープに飛び乗り、窮地を脱出する。その後、カイルは本国へ無事生還し、海軍を除隊する。しかし長年、激戦の戦地を転戦し続けたため、カイルの耳の奥には戦場のヘリの爆音、銃声、女子供の悲鳴が鳴り響く。病院で医師の診断を受け、カイルは同じPTSDに悩む傷痍軍人たちの交流会に参加する。  
 かくして、妻子と共に平和な日々を過ごし、車椅子の帰還兵に射撃訓練を指導し、自らも身心の安定を取り戻したカイルだった。しかし2013年2月のその日、運命の日がやって来る。このシーンは残された遺族に配慮し、字幕だけで表現される。  
 「2013年2月2日、クリス・カイルはその日、力になろうとした元兵士によって殺された」  
 ラスト・シーンは、小雨の中、カイルの遺体の棺を乗せた白い車と白バイとパトカーの車列が走る場面で終わる。道路の沿道には、星条旗を手にした人々、男女、子供から大人まで人、人、人が、「伝説の狙撃手」英雄のクリス・カイルを見送るのであった。 

            (了)   

ー写真カットは、クリス・カイルの遺体を乗せた白い車に向け、星条旗を掲げ最期のお別れと見送りをする沿道の人々。本作ラスト・シーン、実際の葬儀の際の記録映像から。   

<付記>  
ー除隊後の2013年2月2日、クリス・カイルはテキサス州の射撃場で元海兵隊員、エディー・ルース(1)に射撃訓練を指導していたところ、ルースが当然背後から発砲。カイルは銃撃を受け、死亡した。ルースは、PTSDを患う米軍帰還兵だった。ここに、イラク戦争後、「銃社会」の米国、もう一つのアメリカの病と狂気がある。   

<脚注>  
ー(1)エディー・ルース:カイルと同じテキサス州出身。高校卒業後、海兵隊に入隊。2010年、海兵隊を除隊するが、しばしばPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされる。  
 ルースの母親が、帰還兵のセラピーをしていたクリス・カイルに助けを求め、クリスは快諾。しかし2013年2月2日、ルースは射撃訓練中、カイルともう一人の退役軍人、チャド・リトルフィールドを銃撃した。二人は銃撃で死亡。ルースは現場から逃走したが、保安官によって逮捕される。2015年2月24日、裁判でエディー・ルース被告(27)に無期懲役の判決が言い渡された。

<参照データ>
ークリス・カイル「アメリカン・スナイパー」(2015年、早川ノンフィクション文庫)  
ー「増刊 ピース コンバット」”スナイパー特集”(2015年7月号)  
ーさいとう・たかを「ゴルゴ13」「Wアンコールvol.15」(2015年、小学館)  
ー「『アメリカン・スナイパー』を殺害した男の壮絶な半生に迫る」(井川智太、USAショックス 2015/3/20)

 

































アメリカン・スナイパー (2)


2015/12/9  ”名作映画シリーズ ”  
ー本作の原作は、クリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」(2012年)。この原作を巨匠、クリント・イーストウッド監督が映画化した。撮影当時、イーストウッド監督は、実に82歳だった!?   
 2014年、本作はアメリカで上映され、大ヒット作となった。本作品をめぐり、保守派とリベラル派の間で論争があった。本作「アメリカン・スナイパー」では、イラク戦争の熾烈な戦場の現実と自らPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩む主人公クリス・カイルの姿も丹念に描かれている。イーストウッド監督自身は、「『アメリカン・スナイパー』では政治的な主張は反映されていない」とコメント。  
 またイーストウッドは共和党支持者であるが、イラク戦争には一貫して反対の立場を取っている。クリント・イーストウッドは西部劇のアクション派俳優としてだけではなく、名映画監督としても開眼した。  

 本作ストーリーに戻る。その後もクリス・カイルはイラクの戦場で、敵兵、武装勢力の民兵、米軍部隊に向け車で自爆テロを試みるテロリストらを次々と狙撃する。味方からは「伝説のスナイパー」として讃えられ、敵からは悪魔と恐れられ懸賞金まで懸けられる。ある日、米軍基地の作戦室に陸軍兵士とカイルら海兵隊員が召集され、国際テロ組織「アルカイダ」のナンバー2、ザルカウィの掃討作戦が開始された。
 「奴を殺害するか捕らえろ!最重要課題だ!」と全隊員に檄を飛ばす司令部の上官。米軍ヘリによる航空支援の下、地上の市街地では、米陸軍部隊による民家を一軒一軒捜索する地道な活動が行われる。建物の屋上でそれを見ていたカイルはあまりに初歩的な捜索活動を見ておられず、終に地上へ降りて自ら掃討作戦を現場で指揮する。ハンマーでドアを叩き壊し、民家に突入する。
 「動くな!床に伏せろ!」   
 M4カービン銃を突き付け、家の長老、シャイフと女子供にまで尋問を試みるカイル。カイルは長老のシャイフからザルカウィの片腕、「虐殺者」と呼ばれる男の情報を得る。しかし男の素姓を明かすと家族に命の危険が及ぶため、大金10万ドルを要求する長老。基地に戻り資金を調達し、再び大型ジープに乗り込み海兵隊員を連れ、カイルは取り引きの現場へ向かう。しかしそこには、敵兵の名スナイパー「ムスタファ」がカイルたちを待ち構えていた。  
 「バシーーーン!」ジープのドライバーの兵士が狙撃され、混乱する部隊の隊員ら。遠方の建物の屋上から次々と米兵を狙撃する「ムスタファ」。ジープを降り、建物の陰に隠れ応戦するカイル。しかし「ムスタファ」の姿は見えず、カイルたちは身動きできない。 
 その間、虐殺者が長老の家から息子の少年を外に連れ出す。空き地で虐殺者と呼ばれる男は少年を地面に押さえ付け、電動ドリルを振り翳す。父のシャイフは、銃を手にした手下共に両脇を固められ動けない。電動ドリルを少年の身体に押し付ける虐殺者の男。悲鳴を上げる少年。やっと建物の屋上の狙撃ポイントへ辿り着いたカイル。しかし敵兵スナイパー「ムスタファ」の狙撃に阻まれ、手も足も出ない。  
 やがて虐殺者のドリルは、少年の頭へ。手下共を撥ね付け、駆け寄る父のシャイフ。そのシャイフに容赦なく銃弾を浴びせるテロリスト。広場には少年とシャイフの遺体が横たわる。泣き叫ぶ女たち。  
 「米兵に話した奴は、皆こうなる!」と叫ぶと、虐殺者は手下らと共に
トラックに乗り込み、走り去る。  
 「チクショー!」と屋上から走り去る車に向け、アサルト・ライフルを撃ち続けるカイル。「ムスタファ」も屋上の現場から立ち去る。
 カイルはチームの上官に大目玉を食い、追跡作戦は中止。基地内で待機後、帰国へ。無事、帰国したカイル。妻のタヤは、元気な男の子を出産するが、激戦の戦場から帰還したクリスとタヤの心の間に透き間風が吹く。  
 そして第二回派遣。現地入りすると、「虐殺者」追跡作戦が再開。カイルと海兵隊部隊は夜間、ヘルメットに暗視ゴーグルを着け、虐殺者がアジトにする店を急襲する。激しい銃撃戦の末、追い詰められ車で逃走する虐殺者と手下らをカイルは、尚も執拗に追跡する。後方からスナイパー・ライフルで正確に狙撃し、車ごと爆発・炎上させる。  
 そしてカイルは帰国し、妻と幼い息子と共に平和な時を過ごす。ある日、立ち寄ったガソリン・スタンドのゲームコーナーで遊ぶ息子とカイルに若い男が近付き、声を掛けて来る・・  
 以下、第3弾へ続く。  

ー写真カットは、建設中の米軍基地の屋上から、宿敵のスナイパー「ムスタファ」に向け、1920メートルの距離から渾身の狙撃を試みる「伝説の狙撃手」クリス・カイル。   


























 
 


プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。