スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西陣の京町家を歩く


2017/5/10  ”京都シーン行”  
ー大型連休も終わり、行楽には絶好の新緑の季節となりました。本日は、先週末に参加した[まいまい京都ミニツアー]「古武邸当主と京町家を探検しよう!」の体験レポートを以下、お届けします。  

 5月6日(土)午後1時半頃、集合場所の西陣の京都市考古資料館前に愛車のマウンテンバイクで到着する。同館入口前には、既に「まいまい京都」の女性スタッフの方が待機中。参加費の2、500円を払い、挨拶する。その後、続々とツアー参加者が集まり、男女合わせて総勢16名に。参加者一同は午後2時、直ぐ近くにある京町家の古武邸へと歩いて向かう。  
 いかにも京町家の風情を醸す古武邸に到着すると、和室の部屋の座蒲団に座り、参加者全員で古武博司さんによる京都の歴史と西陣の京町家史についてお話を拝聴する。西陣に住み続ける古武氏の豊富な知識と経験、手作りの年表、地図、町家の模型を使いながらの名講義に思わず目から鱗!  
 講義が終わると、古武氏自ら説明しながら、参加者一同で京町家の邸内を見学する。前日はこどもの日だったので、部屋の隅には鎧兜、行燈、和蠟燭などの調度品が飾られる。また邸内には町家独特の坪庭があり、以前は西陣の織屋であった古武邸、来客用の応接室も備わる。京名物、「ぶぶ茶漬け」(笑)の由来と京都人の社交術についての説明もあり。  
 1時間後、古武邸を後にして一行は、西陣界隈の京町家を歩くツアーへ!まず最初に、西陣山名町の一角に立つ「山名宗全邸宅跡」を示す白い案内板の説明から始まる。応仁の乱(応仁元年、1467年)前夜、ここ西軍の本拠地山名宗全邸で密議が開かれた。堀川を境にして東軍と西軍が対峙、以後11年に及ぶ京の内乱へと発展する。  
 応仁の乱で京の市街地と西陣一帯は荒廃した。公家屋敷と公家階級も没落した。因みに私は1970年代後半の大学時代、西陣の千本中立売を下がった町家の離れに下宿していた。当時もまたつい最近まで私は、同志社大学の南側にある京都御所が代々京都の中心地だと思っていた。しかし本来の平安時代の平安京、大内裏は現在の京都御所から約1キロ程西の位置にあった。応仁の乱後の荒廃、戦国時代の百年の動乱を経て、やっと江戸時代になって京都御所は現在の場所に移転され、公家屋敷と共に整備されるに至ったとされる。つまりかつて私が下宿していた西陣千中の町家の辺は、正に大内裏の中心地であったのだ!千二百年の平安京の歴史とは、内乱と政争、武家勢力と寺社勢力との争いと拮抗があり、公家から武家そして町衆の台頭へと続く歴史絵巻でもあった。  
 その後も、現在も西陣に残る京町家、西陣の町衆が設立に尽力した今は廃校となった西陣小学校、かつて隆盛を極めた西陣の繊維問屋の親方衆が居住した紋屋町にある西陣最古の路地、法華宗総本山本隆寺、牛若丸がここから奥州へ旅立ったといわれる首途八幡宮、江戸時代の西陣織全盛の頃、一日に千両の商いがあったといわれる「千両ヶ辻」を一行は歩く。  
 最後に、西陣の石碑が立つ西陣織会館前に到着。ここで2時間半に及んだ古武氏によるツアーが、参加者一同の拍手と共に終了する。17名のツアー参加者の方々、スタッフの方、ガイドの古武さん、皆さんどうもお疲れさまでした!  
 尚、「まいまい京都ミニツアー」では他にも毎月、様々な京都ツアーを開催しています。詳細は、京都ミニツアー「まいまい京都」@
maimai-kyotoへ。  

ー写真カットは、総勢16名で直ぐ近くにある京町家、古武邸に向かう「まいまい京都ミニツアー」参加者の一行。5月6日午後、京都市考古資料館前にて撮影。  



スポンサーサイト

元旦の仁和寺成就山行


2017/1/5  ”京都散策行”  
ー全国の皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年2017年もよろしくお願いします。今年最初のブログ、元旦の仁和寺初詣でと成就山88ヶ所巡拝行のレポートを以下、お届けします。  
 元旦の快晴の午後、愛車のマウンテンバイクでわが仁和寺へ。正午過ぎ、仁和寺仁王門に到着。ニコンF80のフィルム・カメラとコンパクト・デジカメとiPad Proの三刀流で正月元旦の仁和寺境内を撮り歩く。仁王門の阿吽像に始まり、勅使門、中門、五重塔、金堂と進む。国宝の金堂の前で持参した線香を立て賽銭を投げ入れ、わが心願を祈願する。  
 その後、水掛不動尊、御影堂にもお参りすると、一度西門を出る。西へ歩いて150メーター程、本日の目的である成就山御室88ヶ所霊場第1番霊山寺へと向かう。毎年元旦の恒例である成就山巡拝行を始める。山中の道程4キロ、所要時間約2時間のわが行が、ここからスタートする。元旦の午後、少し薄暗い雑木林と冬の冷気の中、各札所を巡る。一番一番立ち止まり賽銭を入れ巡拝すると2時間以上費やすため、それはまたの機会とし、本日はフィルム・カメラとデジタル・カメラで写真も撮りながら、さっさと歩きながら回ることにする。  
 前半は急勾配と急峻な石段のコースが続く。息が切れ、次第に足が上がらなくなる。それでもゆっくりと一歩一歩足取りを確かめながら歩き続ける。やがて山頂付近の平地へ辿り着く。そこに、托鉢姿で行脚中の空海の立像が立っている。線香を上げ賽銭を籠の中に入れ、台座に攀じ登ると、コンパクト・デジカメでツーショットを試みる。  
 さらに巡拝行路を進むと、成就山頂上を示す小さな標識がある。その一帯は木々が刈り込まれた展望台になっており、手前に京都市内右京区、遙か遠方には大阪方面まで見渡せる。木製のベンチにDバッグを下ろすと、ここでわが行を執り行う。  
  天に在すわが神龍に願い奉る。  
  我に力を与え給え。  
  我をして尚、戦い続けせしめ給わんことを願う。合掌  
 成就山山頂で天に向かって、三度唱える。  
 後半は下り坂のコースとなり、巡拝の速度もピッチも早まる。下り坂の途中、もう一ヶ所京都市街を見渡せる展望台がある。コンクリート製のベンチが二つ並び、前方の木々は綺麗に刈り取られており、ここから京都市街全体を鳥瞰することが出来る。早速、ニコンF80とiPad Proで静止画と動画撮影を行う。そして終盤コースは平地が続き、札所も集中して並ぶため、一気に巡拝行はフィニッシュへ。  
 2時間後、最後の第88番札所大窪寺に到着、結願する。それから靴を脱いで本堂に上がり、ご本尊の前で般若心経を唱え、わが心願を祈願する。合掌。かくして新年元旦の仁和寺初詣でと成就山御室88ヶ所巡拝行を終え、午後4時過ぎわが仁和寺を辞す。 

ー写真カットは、成就山山頂付近に立つ、わが崇拝する「大いなる空よ!かくも深き海よ!」のお方とツーショットの二階堂です。まだ出家はしない(笑)2017年1月1日午後撮影。  

二階堂 新、先斗町を歩く


2016/7/11  ”京都シーン行”   
ー7月に入り、祇園祭が始まった夏の京都、いよいよ今週末、祭りは最高潮へ突入します。本日は、先週7/8(金)午後、京都のディープ・ゾーン、先斗町を歩いたレポートを以下、お届けします。  
 まずある所用のためマウンテンバイクに乗り、四条烏丸へ向かう。市内中心部の大型書店の前に愛車を停め、四条烏丸の交差点へ。四条通り商店街には、早くも祇園囃子の音色が流れる。用事を済ませてふと見ると、直ぐ近くに長刀鉾が建つ長刀鉾保存会がある。早速、Dバッグからコンパクト・デジカメを取り出し、正面全景のカットを撮る。入口前には、小さな白い皿に盛った清めの塩が置いてある。  
 再び愛車のマウンテンバイクを走らせ、河原町二条へ。河原町二条の交差点を左折し、二条木屋町を南下する。三条通りを通過し、先斗町歌舞練場南側の一角に愛車を停める。そこから歩いて2、3分、先日の7日午後7時過ぎ、先斗町の居酒屋「茜屋純心軒」で起きた火災現場をデジカメを片手に現場検証する。  
 丁度入口付近には、店の関係者らが出入りしていた。デジカメをそっと取り出し、さり気なく観光客を装い(笑)、周囲の風景を撮る。あまりしつこいと怪しまれるので、一度現場を離れる。平日午後の先斗町通りの500メートルを実際に歩いてみる。その2メーターにも満たない細い路地の両側には飲食店、老舗和菓子店、レストラン、バーが軒を連ねる。台車に食材のダンボール箱を積んだ業者、出入りの店の関係者らが行き交う。  
 途中、小さな公園があり、隣接する駐車場の鉄柵には参院選候補者の間の抜けた顔写真のポスターが掲げてある。前方で赤い浴衣姿のバックシャン美人(笑)をカメラマン風の若い男が撮っていたので、声を掛けてみる。すると写真を撮っていたのは男ではなく、ボーイッシュな若い女!?日本人かと思ったが、二人とも香港から京都へやって来たと言う。歩きながら、片言の英語で暫し話す。私が香港の映画スター、ジャッキー・チェンのファンだと言うと、目を丸くして驚くボーイッシュな香港娘。やがて二人は先斗町のレストランへ入店、そこで別れる。  
 その後も、細い先斗町の路地をゆっくりと漫ろ歩く。町家風の店の前には納涼床の提燈が下がり、日本人観光客、外国人観光客らが店の前を覗き込みながら歩いている。ある店の前にはカラフルな和傘が展示してあり、竹の垣根がある料亭、新鮮な野菜を店頭に並べた店、京の和菓子を売る老舗和菓子屋と、いかにも京都らしい先斗町情緒を味わう。  
 やがて京のメイン・ストリート、四条通りへ出る。振り向いて見上げると、赤い提燈と先斗町の看板が。再び先斗町通りを北上して歩く。そしてもう一度、居酒屋「茜屋純心軒」の火災現場へ向かう。人通りも関係者の出入りも絶えた現場をゆっくりとカメラに収める。出火原因は、従業員が団体客用に燃やした20キロの炭が厨房で出火したとか。幸い火事による死者も負傷者もなく、店舗を2軒焼失したのみ。しかし火災現場に近寄ると、今も木材が焼け焦げた臭いが鼻を突く。  
 かくして午後5時前、そろそろ赤いネオン、白いネオンで色付く夕刻の先斗町を後にする。もう一つの京のディープ・スポット、木屋町ストリート夜の部は、いずれまたの機会に(笑)   

ー写真カットは、7/7夜、先斗町の居酒屋「茜屋純心軒」で起きた火災現場のブルーシート。7月8日午後撮影。  

賀茂川クリーンアップ作戦


2016/6/4  ”京都シーン行”  
ー執筆と取材の下準備で多忙のため遅くなりましたが、以下、先月5/29(日)に参加した「かもかも会」有志による賀茂川清掃活動の体験レポートをアップします。  
 当日は朝6時に起床、軽く朝食を済ませると、愛車のマウンテンバイクで賀茂川へと急ぐ。10分前に集合場所と思われる河畔のある場所へ着くが、周囲には誰もいない!?やがて自転車に乗った代表のMさんや有志の男女らが次々と登場。  
 午前8時、総勢10名のチームによる賀茂川クリーンアップ作戦がスタート!ゴミ収集用のドングとビニールのゴミ袋を手に土手沿いのゴミを収集するのかと思っていると、さにあらず!?長靴を履きゴム製のつなぎを着た同会の有志たちは、どんどん川の中へと入って行く。   
 一応、防水機能付きのジョッギング・シューズを履いて来たので、川の中の砂州まで降りてドンク片手にゴミ、ビニール、虫籠、捨てられた長靴、産業廃棄物などを拾い集める。長靴とつなぎでフル装備の会員有志たちはザブザブと川の中に入り、賀茂川の志久呂橋の手前辺りまで清掃活動を続ける。  
 今回の清掃活動には小学生の男の子と女の子、地域住民の中年男性、主婦も参加。1時間30分後、清掃活動が終了。収集した各種ゴミと産業廃棄物をまとめて川岸の一ヶ所に集める。午前9時半過ぎ、全員で集合写真を撮り終え、「お疲れさんでした!」とその場で現地解散する。  
 次回の活動は、6月26日(日)の予定とのことです。  
 尚、問い合わせ・照会は下記、かもかも会へ。  
 ☆かもかも会(京都 賀茂川)のツイッター  @kamokamokai
   

ー写真カットは、快晴に恵まれた朝、賀茂川の清掃活動を行うかもかも会の有志。5月29日午前撮影。   

仁和寺初詣で


2016/1/6  ”京都散策行”   
ー新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。本日、2016年最初のブログ・アップです。  
 快晴に恵まれた正月2日目、わが仁和寺へ初詣でに行く。わが愛車、マウンテンバイクに乗り、正午前に仁王門に到着。初詣での参詣者と外人観光客も見掛ける境内を歩き、国宝の金堂と御影堂でわが心願を祈願する。   
 続いて、西門から境内を出て、歩いて数分、成就山御室八十八ヶ所霊場へ向かう。成就山山中に、四国八十八ヶ所霊場を模したミニコース版の巡礼行路がある。1番札所霊山寺から一番一番賽銭を上げながら、わが心願を祈願して巡拝する。山中の道約4キロ、所要時間は2時間。   
 前半のコースは急峻な石段の坂道が続き、息が切れ足が上がらなくなる。しかしこの難所を越えると、視界が広がり山頂へ続く平地となる。山中の清々しい冷気が心地好い。やがて平地の道が続き、「成就山山頂 標高約236メートル」の小さな標札が見えてくる。48番札所横の一帯は綺麗に樹木が刈り取られ、見晴らしの良い展望台になっている。前方には双ヶ丘が見え、遥か彼方大阪方面まで遠望できる。木製のベンチにDバッグを下ろすと、そこでわが行を執り行う。天に向かって、三度唱和する。  
 「天に給すわが神龍に願い奉る。我をして、尚戦い続けせしめ給わんことを」 合掌  
 後半は下り坂のコースとなり、身体も慣れ歩くピッチを早める。途中、京都市街を眺望できる絶好の展望台がある。石のベンチに腰掛け、持参したペットボトルのミネラル・ウォーターを飲み、しばし小休止。終盤のコースは、平地に札所が集中しており、楽勝。一気に巡拝を続け、気が付くと、88番札所大窪寺に到着、結願する。最後に、般若心経を唱和・奉納した後、わが心願を祈願する。
 再び境内を通り抜け、ある用件と新年の挨拶も兼ね寺務所へ向かう。しかし寺務所内には、僧侶も事務員も誰もいない。仁和寺は、わが師、宮本光研師が仁和寺を去って以来、この数年来、初詣での行事も接待も行っていない。広い境内にはただ肌寒い冬の風が吹くのみ。かくして午後3時半頃、初詣でと成就山八十八ヶ所巡拝行を終え、仁和寺を後にする。  
 次に、建勲神社へ向かう。明治2年(1869)、明治天皇の御下命により創建され、明治8年(1875)に別格官弊社に列せられる。その後明治43年(1910)、現在の船岡山山頂へ社殿が移された。祭神は織田信長。2004年秋以降、縁あって毎年、私は建勲神社へ初詣でに参ることにしている。  
 手水舎で手と口を清め、拝殿でわが心願を祈願する。初詣でを終え、白いテント前で和服姿の小学生の未来の美人(笑)に甘酒の接待を受ける。赤い毛氈を敷いた床几に腰掛け、生姜入りの紙コップの甘酒を飲む。冷えた身体が温まる。  
 飲み終えると、先程の女の子に紙コップを返し、一言礼を言う。境内の入り口には、「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢まぼろしの如くなり。ひとたび生を得て、滅せぬ者のあるべきか」のあの有名な「敦盛」の一節を刻んだ石碑が立つ。かくして新年の初詣でを無事終え、午後4時過ぎ、建勲神社を辞す。合掌   

ー写真カットは、成就山山頂付近に立つ空海像とのツー・ショット写真。二階堂 新、独身フリーライター、まだ出家はしないサ(笑)













プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。