スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人「週刊文春」がゆく

2016/4/29  ”時事評論”   
ーいよいよ今日から、世間は大型連休へ。でもGW中も休みなしの二階堂、全国の皆さまの応援のお蔭でただ今赤マル急上昇、絶好調です!本日は時事評論シリーズ、以下、話題のニュース記事から引用します。    
 -週刊文春に「元暴力団組長と交際していた」などと報じられ、2013年の参院選で自民党公認候補を辞退せざるを得なくなったとして、元女優田島みわ氏(52)が発行元の文藝春秋に損害賠償などを求める起訴の控訴審判決で、東京高裁は28日、文春側の逆転勝訴を言い渡した。  
 一審東京地裁は、選挙前に掲載された3本の記事の主要部分について「関係者の証言は変遷していて信用できず、真実とは認められない」と判断し、名誉毀損を認定。賠償に加え同誌1ページ目に謝罪広告を掲載することを命じ、文春側が控訴していた。  
      2016年4月28日 時事通信   

       *       *       *    

 因みに田島美和氏は現在、自民党東京都支部長だとか。妻が妊娠中の不倫で議員辞職した京都3区の宮崎謙介元衆議院議員と言い、「巫女のくせに」発言の大西英男衆議院議員と言い、今回の田島支部長と言い、自民党センセ~方のモラルと見識の凋落振りに唖然!?  
 一方、政治家と芸能人の天敵(笑)「週刊文春」の快進撃が続いている。ここで以下、最近のスクープを列挙してみると、  
 -SMAP解散騒動とメリー喜多川副社長インタビュー  
 -甘利明大臣の現金授受と賄賂疑惑  
 -ベッキーの不倫報道と謝罪記者会見  
 -元巨人プロ野球選手、清原和博の覚醒剤逮捕事件  
 -宮崎謙介衆議院議員の不倫疑惑  
 -ショーンKこと川上伸一郎の経歴詐称疑惑     
 文春による一連のスクープ報道後、いずれも政治家では大臣辞任や議員辞職を余儀なくされ、有名芸能人も仕事を干され、自粛し休業、あるいは番組降板へと追い込まれている。恐るべし「週刊文春」の調査・取材力そして巨悪とタブーに斬り込むペンのパワー!?  
 今こそ驕れる安倍政権にペンによる「筆誅」を(笑)快進撃の「週刊文春」に続け!全国のネット住民と市民ジャーナリストの諸君、さあ立ち上がれ!ハア~ハア~  
 ということで二階堂、ツイッターもやってます。興味のある方は、当ブログ画面の右上のリンク、二階堂 新のツイッターからお入り下さい。一度覗いてみて下さい。えっ、何!?「ツイッターがない」って。ツイッターをお持ちでない方は、アカウントをお作り下さい。無料です(笑)いろんな情報が入手できて、ツイッターは楽しいヨ。   
 嗚呼、私に豊富な取材費があれば、「週刊文春」に負けないスクープを追うのに(笑)それでは皆さん、お後がよろしいようで。  


スポンサーサイト
プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。