スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC遠隔操作、衝撃の手口

「時事テーマ」:2012/10/22 ”2012フリー・ライター・シリーズ ”
ーウィルス感染したパソコンから犯罪予告が書き込まれた事件で、神奈川県警に逮捕された大学生の男性(19)が、インターネット掲示板のアドレスにクリックして数秒後、横浜市のホームページに小学校襲撃予告が書き込まれていたことが県警の調べで分かった。同様の手口は業界内では以前から知られており、ネット犯罪捜査の見直し
が迫られている。   
 神奈川県警によると、男性のパソコン・データなどを解析した結果、男性がネット掲示板「2ちゃんねる」にあったアドレスをクリックした時刻と、横浜市ホームページの投稿欄に予告が書き込まれた時刻の差は、わずか数秒
だった。  
 アドレスは、「小ネタですが」とした表題の下にあり、ユーザーにクリックを誘導する。クリックすると、米国
など海外の複数国のサーバーを経由し再び男性のパソコンに戻る仕組みだった。  
 県警は、市のサーバーの記録を調べて男性のパソコンにたどりつき、男性を逮捕。犯行声明では、この手口をク
ロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)と記載。専門家によると、CSRFは以前からあるネット上のサイバー攻撃の一つで、知らぬ間に買い物をしたことにされるなど、犯罪に利用されているという。  
 また真犯人が2ちゃんねるにアドレスを掲載した際には、発信元が特定されないようにする匿名化ソフト「Tor」が使われ、海外サーバーを経由して書き込まれていたことも県警の解析で分かった。  
 一方、県警は、この男性について誤認逮捕だったことを認め、20日に男性や家族に謝罪することを決めた。
 
   x    x    x    

 ー神奈川、三重、大阪、福岡と立て続けに起きたパソコン遠隔操作、その衝撃の手口が、警察によって公表され た。しかもこの事件では、逮捕された大学生の男性が誤認逮捕とされ、後に釈放された。福岡市の男性も同様の
 手口でウィルス感染し、後に警視庁の担当責任者が直接謝罪した。   
  パソコンのウィルス感染にとどまらず、「冤罪」にもなりかねない今回の一連の事件。ネット愛好者の皆さ  ん、「君子、危うきに近づかず」、そして、「2ちゃんねる」の罠にはくれぐれもご用心を。











スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。