スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い雨 (4)


 「シゲ子さんが倒れなさった」との知らせに、翌日急いで村に帰る重松と矢須子。幸いシゲ子の命に別状はなかったが、以後ストーリーは暗転する。矢須子を取り巻く村の人々、庄吉、好太郎、そしてシゲ子が、次々と原爆症
で亡くなっていく。   
 帰宅した重松は、シゲ子に病状について問い詰める。迷信深い妻のシゲ子は、またも拝み屋の女に頼り切っていた。雨の日、重松は病床の庄吉を訪ねる。ここで今村昌平監督は、市井の人、庄吉の口を借りて、戦争批判を展開
する。  
 「なんでアメリカは、ピカを落としたんかのう」と庄吉。「戦争を早よう終わらせるためじゃったと言うとる」
と重松が答える。「日本が負けるのは、もう分かっとったはずじゃあ」「じゃあなぜ東京をやらんかった。なんで
広島なんじゃ」と続ける庄吉。「このままじゃ死に切れんのう」   
 一方重松は、町の病院の藤田医師(大滝秀治)を家に呼ぶ。シゲ子を診察した初老の医者が言う。  
 「ピカに当たった人は、まず無理をせんことですな」  
 縁談の破談が続く矢須子に、岡崎屋の石工の悠一が、自らが作った石仏を贈る。そんな純真な悠一に気を許した
矢須子は、自身の原爆体験を語る。  
 「内も、いつピカが出るか知れん・・・」「あんたは大丈夫じゃ」とそれに返す悠一。  
 ある夜、重松一家の夕食の食卓に好太郎が駆け込んで来る。  
 「庄吉さんが、庄吉さんがー」と言いながら、胸を押さえ倒れ込む好太郎。それから庄吉が死去。続いて、好太郎が亡くなる。これで、村の3人の男が、原爆の二次被爆症で逝った。矢須子の身体と顔にも原爆症の症状が現れる。病床に伏すシゲ子は、亡くなった3人の男たちの幻影を見て取り乱すようになる。そして悠一は毎夜、矢須子
の部屋の前に石仏を送り続ける。  
 そんなある夜、岡崎屋タツ(山田昌)が重松の家を訪ねて言う。  
 「矢須子さんを悠一の嫁にしてもらえませんかのう」突然の申し出に拒否する重松だったが、そこへ当の矢須子
が現れ、タツを擁護する。   
 「悠一さんといると、アタシ落ち着くんです」  
 その夜、剃刀を手に部屋を出て、庭のアロエを切り取る矢須子。ふと見ると、そこには悠一が置いた石仏数体が
あった。次の朝、矢須子が部屋にいない。重松とシゲ子は家中を捜し、庭の切り取られたアロエを見つける。 
 その頃、矢須子と悠一は、町の病院へ向かっていた。ベッドで矢須子を診察する藤田医師。病室の外で重松と話す。原爆症の風評被害を恐れるその病院長は病院ではなく、自宅での看病を勧めるのだった。帰宅し入浴する矢須子、外で風呂を沸かすシゲ子。湯加減を聞くも返事がない。小窓をそっと開けると、浴室ではバッサリと抜け落ち
た黒髪を手にした矢須子の姿が。それを見て、自らも原爆症の発作を起こすシゲ子。一ヶ月後、シゲ子死去。 
 病床の矢須子を看病する岡崎屋のタツ。タツが帰ると、重松が矢須子に言う。  
 「病いは、気分の問題じゃ。ゆっくり休め」  
 秋晴れのある日、矢須子を連れ、池で釣りをする重松は、遺言を託す。その二人の前で、元気な鯉が水面に跳ねる。その鯉を見て、生き返ったかのように狂喜する病身の矢須子。キンと二人っきりで夕食の食卓につく重松。そこへタツの声が。   
 「旦那さま、矢須子さんが・・・」立ち上がり、矢須子の部屋に駆け込む重松。担架を手にした病院の医師二人
がやって来る。   
 「閑間さーん!」そこへ矢須子を両手で抱え上げた悠一が、部屋から出て来る。その後をタツが付き添う。息も
絶え絶えの瘦せ衰えた矢須子をその腕にかかえた悠一が、力強く言う。 
 「大丈夫じゃ、きっと治る」  
 感動のラスト・シーンは、病院のジープに乗り、矢須子、悠一、タツ、医師の一行が走り去る。それを見送る重松が、呟くその場面で終わる。   
 「もし山の向こうに虹が出たら、奇跡が起こる」「色鮮やかな五彩の虹が現れたら、矢須子の病気は治るー」 ー以上、本作は完結です。しかし、巨匠今村昌平監督は、デジタルリマスター版で「未公開ラストシーン」を残し
ています。テーマは、「矢須子に救いはあったか」という問いです。次回、お届けします。   

   Bye now.See you tomorrow.    

      x    x    x        
   
 












  
 

























  


  
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。