ダライ・ラマ14世、かく語りき


「時事テーマ」:2012/11/11 ”ダライ・ラマ14世 来日記者会見”  
ー訪日中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は5日、横浜市で行った記者会見で、尖閣諸島を中国の
通称の「釣魚島」ではなく「尖閣諸島」の名で呼び、中国で発生した反日デモの原因に「極端な反日教育」、「中国の閉鎖性」などを挙げた。中国メデイアはこれに猛反発し、「ダライの心の中には、中国の国家利益など全くないことが分かる」と非難した。   
 多くの中国メデイアは、ダライ・ラマ14世の訪日を、「こそこそ逃げ回っての訪問」と表現。”愛国論調”を
売り物とする環球時報は、「釣魚島が中国固有の領土であることは、誰でも知っていることだ」と主張した。  
 ダライ・ラマが「中国大陸で反日情勢が高まった」と指摘したことに対して、中国新聞社など中国メデイアは、
「事実無根の発言」と非難。また反日運動の原因を「中国が極端な反日教育をしている」とダライ・ラマが発言したことに対しても、「中国は反日教育をしたことがない。(戦前・戦中の)日本の戦争犯罪人と日本人民は分けて
考えている」と反発した。   
 ダライ・ラマの「大陸社会は閉鎖的で、情報も欠乏している。中国人の多くは未だに、日本人と軍国主義を連想して結びつけている」との指摘について、「釣魚島の主権は中国大陸だけの問題ではなく、海外の中華民族に共通
した心の声だ」「ダライは故意に事情を歪曲し、中国大陸が『社会の閉鎖性により反日感情が出現した』と言った。台湾、香港、マカオ、海外華きょも含めて、中華民族の愛国の情熱を侮辱した」と反論した。   

   x    x    x    

 ー11月5日、横浜市内のホテルで国内外の数十人の記者を対象に、ダライ・ラマ14世の来日記者会見が行わ れた。   
  ダライ・ラマ法王は、身振り、手振り、ジョークも交え、流暢な英語で、最初の7分間は、21世紀における
 仏教と仏教徒の果たす役割について語った。次に、会場の4人の記者からの質疑応答に移り、緊迫する日中関  係、平和と調和、仏教と科学、中国共産党のイデオロギーと民主主義、そしてこの春、自ら政治的権限を委譲し た経緯について、法王は表情豊かに、時に呵々大笑しながら熱弁を奮った。   
  尚、会場には女性通訳者が同席したが、日本語通訳の場面は動画ではカットされている。   

 <参考データ>   
   「You Tube」にて「Dalai Lama」を検索するー「Press Meeting in Yokohama with His 
  Holiness the Dalai Lama」

  

   
 












スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる