野田首相、16日解散を表明


「時事テーマ」:2012/11/14 ”2012フリー・ライター・シリーズ ”   
ー野田佳彦首相は14日午後、国会の党首討論で、16日に衆院を解散する意向を表明した。  
 野田首相は、自民党の安倍総裁に対し、衆院の議員定数削減について次期通常国会で実現させると約束するなら、今週16日に解散してもよいと述べた。党首討論後、安倍氏は、定数削減に協力する考えを明らかにした。 
 党首討論で首相は、衆院選の1票の格差是正のため小選挙区の「0増5減」を先行実施することの確認を求めた
上で、「(衆院の)定数削減を来年の通常国会で必ずやり遂げると決断してもらえるなら、16日に解散してもいいと思っている」と語った。また首相は、16日に解散するため、今週中に赤字国債発行に必要な特例公債法案を
成立させるよう協力を求め、安倍総裁も応じる考えを示した。  
 また本日14日夜、政府・民主三役会議が開かれ、選挙日程を12月4日告示、16日投開票とすることを決定
した。   

   x    x    x   

 ー14日午後、野田総理vs自民党安倍総裁の党首討論が国会で行われた。冒頭、安倍総裁は自らの体験も踏ま  え、「総理の仕事は激務であります」と労うも、一転、3党合意に反し、もはや内政的、外交上も求心力を失っ た野田政権は、「解散して、国民の信を問え!」と野田総理の覚悟に迫る。   
  それに対して総理は、二つの法案の成立を条件に、「16日に解散してもよいと思っている」と明言した。安 倍氏はこの後、尚も野田首相の失態と野田政権の失策を挙げ、首相を解散・総選挙へと追い詰めて行く。 
  かくして、野田首相自らの口から出た「解散・総選挙」の約束。もはや後戻りすることも、言を違えることも
 出来ない。ついに、2012「冬の陣」の火蓋は切って落とされた。この12月、我々国民はもっとも忙しい
 「師走」を迎えることになる。   
 <参考データ>    
  「ニコニコ生放送」:「党首討論」[国会生中継] 11/14(水)午後3:00より、野田総理と自民党安
 倍総裁の質疑場面
   



    

   








スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる