橋下徹、SNS禁止を批判

「時事テーマ」:2012/12/5 ”2012衆院選”   
ー日本維新の会の橋下徹代表代行は4日、衆院選期間中の立候補者によるツイッターへの書き込みを禁止した公職
選挙法について、「ネットでの政策の主張を認めず、バカみたいなルールで前近代的な作業をやらせる」と自身の
ツイッターに書き込み、批判した。   
 橋下代表代行は公示前の先月29日、記者団に「一般的な政治の考え方を表明するのはいいのでは」と述べ、選挙期間中も書き込みを続ける考えを表明していた。   
 総務省によると、比例区で候補者を擁立している政党の幹部が、ツイッターで政党の公約を主張したり、他党の
政策を批判したりすれば、公職選挙法違反となるおそれがあるという。   

   x    x    x    

 ーまたハシゲが、何か言うとるって。早速Twitterをチェックすると、あったあった。4日の公示以後、各党の
 党首、代表、候補者がツイッターを控える中、ここぞとばかり一人気炎を吐いとる。公職選挙法に抵触すること
 も考えず、これでは法を尊守する元弁護士として、政党の代表代行として失格ちゃうか。もう、アカンで~。
  エピソードをもう一つ。衆院選が始まった4日午前、京都市内で馬車に乗ったみんなの党の地元候補と遭遇し
 た「日本維新の会」ご一行。「後ろが大渋滞している。迷惑をかけてはいけない」と橋下代表代行が注意した。
 また原発政策について、「本当にゼロにできるのか。ちゃんと確かめないといけない」と早くも戦闘モードをむ
 き出しにしたという。   
  もう~、京都にまで来て道の真ん中でケンカせんといてや~、ハシゲのおっちゃん(笑)


スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる