山中伸弥教授、ノーベル賞授賞式


「時事テーマ」:2012/12/11 ”海外ニュース”  
ー2012年のノーベル賞授賞式が10日夕(日本時間11日深夜)、ストックホルムのコンサートホールで開かれた。京都大学の山中伸弥教授(50)が英国ケンブリッジ大学のジョン・ガードン教授(79)と共に、スウェーデンのカール16世グスタフ国王から賞状とメダルを受け取った。   
 ノルウェーのオスロで授賞式が行われる平和賞以外の5部門9人の受賞者が、アルフレッド・ノーベルの胸像と
花々で飾られたコンサートホールのステージに集まった。   
 オーケストラの音楽に合わせ、燕尾服姿の山中教授は笑顔で登場。会場では、家族や友人、日本を含む各国の代表、過去の受賞者ら約1600人の出席者が見守った。   
 日本人の受賞は2010年以来、2年振り19人目となる。医学生理学賞では25年振り2人目。山中氏は授賞式に先立ち、「マラソンに例えると、今日は折り返し地点。臨床応用というゴールに向かって、これまで以上に頑張らないといけない」と語った。    

   x    x    x    

 ーノーベル賞授賞式の生中継を生まれて初めて、「ニコニコ動画」で見る。正装した各国の受賞者、国王と女  王、王女、着飾ったドレスの女性たちが出席し、まるで外国映画のようだ。壇上では、ファンファンーレと共に
 スウェーデン国王が、直々に各受賞者にメダルを授与する。山中教授は、母の美奈子さん、妻の知佳さん、二人
 の娘さんと授賞式に参加した。   
  12/9付記事の後日談を。それからある週末の夕方、美人の奥さんとかのアメリカ人研究者、その前年、青い
 目のガールフレンドを連れて帰国した友人のMと、何年か振りで再会した。するとMと彼は、すでに知り合いの
 仲だった。奥さんが私に言った。   
  「あの晩、帰宅した夫は日本酒に酔ったせいで、次の日研究ができなかったわ」  
  その後、彼がノーベル賞を取ったかどうか定かではないが、大学の友人のMは同大を卒業、さらにスタンフォ ード大でMBAを取得。晴れて婚約者のクリスさんと結婚し、現在ニューヨークでコンサルタントの仕事を開業し ている。   
  そして私は、わが京都から世界へと発信すべく、稲盛和夫氏の稲盛財団に負けるとも劣らぬ大きな夢がある  (笑)   
  写真カットは、12月11日深夜、AP通信+ニコニコ動画による授賞式生中継のワンシーンより。















スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる