スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮がミサイルを発射!

「時事テーマ」:2012/12/12 ”2012フリー・ライター・シリーズ ”   
ー北朝鮮は12日午前9時49分頃、北西部の平安北道・東倉里にある「西海衛星発射場」から、長距離弾道ミサイルとされる機体を南方に向かって発射した。   
 日本政府は、発射された機体が10時1分頃、沖縄県上空を通過し、10時5分頃、フィリピン沖の太平洋上に落下したと発表。北朝鮮メデイアは、「人工衛星の打ち上げに成功した」と伝え、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)も「(人工衛星の)軌道に乗ったと見られる」と発表した。国際社会が自制を求める中での発射であり、国連安全保障理事会は緊急会合を召集し、対応を協議する方針。   
 日本政府によると、機体の一部が朝鮮半島の西方200キロの黄海に、また朝鮮半島の南西300キロの東シナ海にそれぞれ落下したと見られると発表。ミサイルはテポドン2を改良した3段式ミサイルと見られ、落下物はいずれも北朝鮮が事前に予告した海域に落下した。  
 「人工衛星打ち上げ」と主張していた北朝鮮は、朝鮮中央通信を通じて「打ち上げに成功し、衛星は予定された
軌道に入った」と伝えた。韓国政府はイージス艦を黄海に配置し、航跡の追尾を行った。日本政府もミサイルが予定の軌道から外れて落ちてくる場合に備え、迎撃ミサイルなどを配備して対応にあたっていたが、破壊措置は実施
されなかった。  
 韓国政府は12日午前、緊急の国家安全保障会議を開き、対応を協議。「国連安保理決議への明白な違反だ。北
朝鮮は重い責任を取ることになる」との政府声明を発表した。日米韓は安保理に対し、北朝鮮への制裁措置の水準
を引き上げるよう求める方針。  
 一方、北朝鮮は故金日成主席生誕100年を前にした4月13日にも、「人工衛星打ち上げ」と称して長距離弾道ミサイルの発射実験を行ったが、失敗。今回は、昨年12月に死去した故金正日総書記の「遺訓を奉じる」としており、今月17日の金総書記の死去1年と、金正恩体制の発足から一年となるのに合わせ、国威を高揚する狙い
があったとされる。   

   x    x    x    

 ー本日12日午前、北朝鮮は長距離弾道ミサイルを発射した。「ミサイルは発射台から取り外し、29日まで延 長」のニュースは撹乱情報だった。別の発射台から打ち上げられ、打ち上げ後、黄海、東シナ海、フィリピン沖
 へそれぞれ機体の一部が落下。現在、「人工衛星」と称される「光明星3号」が軌道上を衛星周回している。
  北朝鮮は、なぜこの時期に敢えてミサイル発射を強行したのか。韓国に対しては19日の大統領選の直前、日 本は衆院選の真っ最中、米国のオバマ政権に対してはクリントン国務長官、キャンベル国務次官補の退任とその
 間隙をつき、17日は故金正日総書記の一周忌、まさに「北」にとっては絶妙のタイミングだった。   
  2012冬、政治的、軍事的に拡大を続け、反日運動が高まる習近平の中国、選挙戦の最中、右翼化し「徴兵 制」と「国防軍」を公然と訴える保守陣営にあって、極東有事=戦争の口実にさせてはならない。我々国民は、
 決して戦争など欲していないのだから。






 












スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。