スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊れない町 京都!?


「時事テーマ」:2013/3/21 ”ダンス・ダンス・ダンス論”   
ー春分の日の20日午後、「京都青年大集会キックオフ」のイベントを取材する。生憎の小雨の中、午後2時前に
会場のクラブ「WORLD」に到着。1階の受付から地下へ。今回初めて入るが、ピンク色に染まる階段、地下の会場
は予想以上に広く、天井も高く、ロココ調の宮殿を思わせる「新世界」。開始前に主催者の方にあいさつし、デジカメの撮影許可を取る。   
 午後2時過ぎ、東京から来京した、主催者側の武田敦委員長による学習会と上映会がスタート。若者と学生の非正規雇用、解雇、そして組合による団体交渉について、レジメを元に解説と議論を深める。その後、会場の若い参加者と質疑応答。最後に私も挙手し、21世紀インターネットを活用した運動の取り組みと可能性について質問した。
 それから、10分間の休憩。するとなぜか会場に軽快なBGMが流れ、ミラー・ボールの照明が輝き、一部の若者が身体でリズムを取り始める。突然、フロアーを通り抜け舞台中央に進んだスーツ姿の若い男が、  
 「ハイ、そこの君、ここで踊っちゃあいかん!警察の者だ!」と甲高い声で叫ぶ。一瞬、ステージと会場に緊張感が走る。しばらく「踊っていない!」「いや、踊っていた」と押し問答が続く。ハラハラしながら見守っていると、この寸劇は、劇団「笑の内閣」の皆さんによる、「ダンス規制」をテーマにした公演「65歳からの風営法」
のプレ上演シーンでした。あ~、ビックリした。でも面白かった(笑)(写真カット参照)  
 4月14日(日)・15日(月)・16日(火)京都のクラブ「METRO」にて3日間公演あり。京都、大阪、関西の皆、「笑の内閣」による「ダンス規制」と風営法を問う渾身の社会風刺劇、魅に来てや~。 
 続いて、6名のフロアー発言があり、「ダンス規制」問題で著名な中村和雄弁護士も参加。若者の不正規雇用が
広がった現在、アベノミクスの「詭弁」に惑わされず、若者自らが日本という国を変えていかなければならないと、力説する。   
 最後に武田委員長が締めくくり、本日のイベント主催者が行動提起を行い、午後5時前に終了。その後主催メンバーは、四条河原町「0101」前で街宣活動へ。   
 イベント終了後、私は事務所を訪れ、クラブ「WORLD」の本多代表とイベント企画案について話を伺う。 
 二階堂 新、フリーライター兼企画主催者として、この春より「ダンス規制」をテーマに、京都、大阪シーンを
歩き取材し、またダンス・イベントの開催も企画しています。   
 皆さん、請うご期待!Dance&Music!Love&Peace☆   

☆笑の内閣「65歳からの風営法」 4/14(日)15(月)16(火)
                 京都「METRO」にて公演 前売りチケット:2、500円  
                 問い合わせ)携帯:090-2075-0759 
☆クラブ「WORLD」 京都市下京区西木屋町通四条上ル イマージアム1F    
          http://www.world-kyoto.com/  
          ツイッター 世界WORLD@WORLD-Kyoto
   

  

  
       

















スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。