アウンサン・スーチー女史、来京


「時事テーマ」:2013/4/16 ”フリーライター・シリーズ ”  
ー4月15日、よく晴れた春のその日の午前、ノーベル平和賞受賞者であり、ミャンマーの最大野党、国民民主連盟(NLD)党首のアウンサン・スーチー女史(67)が、27年振りに京都を訪れた。  
 午前11時、スーチー女史は、京都大学時計台記念館で500人の学生を前に、1985年から1年間、
京大東南アジア研究所で学究生活を送った縁で、来日講演を行った。  
 しかし、当日の午前、私は雑用でバタバタしたため、京大正門に到着したのは、午後1時過ぎだった。講演会は、すでに終了。   
 再びわが愛車、マウンテンバイクに飛び乗り、龍谷大学深草キャンパスへと急ぐのだった・・  

ー写真カットは、京都大学正門の前景カット。4月15日午後撮影。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる