スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汝、悠々として急げ  (補足)

「開高健記念館」       

 2003年4月、オープン。1974年、東京杉並からこの地に移り住み、なくなる1989年まで作家が住み
続けた邸宅を、開高健記念館として開設したものである。その後、作家の親族も亡くなり、現在は、茅ヶ崎市が
記念館を管理し、運営については、開高健記念会が、茅ヶ崎市から受託している。     
 
 ー所在地:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-6-64      

 ー電話番号:(0467)87-0567      

 -開館日:毎週、金・土・日曜日と祝祭日。年末年始(12/29から1/3)は休館    

 ー開館時間:4月から10月 午前10:00ー午後6:00     
       11月から3月 午前10:00ー午後5:00     

 ー入館料:無料。駐車場あり、8台駐車可能             

 ーアクセス:JR茅ヶ崎駅南口より約2キロ。茅ヶ崎駅よりバスあり。辻堂駅南口行き 辻02系 辻03系に
       て、「東海岸北5丁目」バス停下車、約600メーター 
 _________
           
「開高健、代表作一覧」(年代順)             
 ー「パニック」(1957)  
  「裸の王様」(1957)   
  「流亡記」(1959)    
  「日本三文オペラ」(1959、新潮文庫)    
  「輝ける闇」(1968、新潮文庫)   
  「夏の闇」(1972、新潮文庫)   
  「ロマネ・コンテイ・1935年」(1978)     
  「耳の物語 1・2」(1986、新潮文庫)   
  「花終わる闇」(1990、新潮文庫)       
「エッセイ、ノン・フィクション」     
 ー「ベトナム戦記」(1965、朝日新聞社)  
  「オーパ!」(1978、集英社)    
「対話集」   
 ー「悠々として急げ 対話集」(1977、角川文庫)     
「共著」    
 -「世界カタコト辞典」(小田実、1979、文春文庫)     
「著作集」    
 -「開高健全集 全22巻」(1991-93 新潮社)             

                            ー(以上)

        

 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。