スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭 疫神社夏越祭

「時事テーマ」:2013/8/1  ”京都散策行”  
ー全国100万の京都観光ファンの皆さん、今晩は、二階堂 新です。多忙のため、また遅くなってしまいましたが、祇園祭 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしまつり)のレポートを以下、お届けします。  
 7月31日、朝から用事を済ませ、市バスを乗り継ぎ、八坂神社の石段前に到着したのが、午後12時45分。石段を上り、朱の西楼門をくぐると、白いテントがある。そこで、祇園祭の最終行事、疫神社夏越祭が行われていた。そのテントの背後、疫神社の前には、青々とした直径2メートルもある大茅の輪が、設置されていた。大勢の観光客、参拝者が大茅の輪をくぐり、何とその大茅の輪の一部をむしり取り、小さな輪を作っていた!?  
 テントの前で朱の袴を着て椅子に座る若い巫女さんに聞いてみると、自由に持ち帰ってよいとのこと。また同行事は、午前10時より開催され、午後2時半まで続くとのこと。本来は、祇園祭の最終行事として、
山鉾関係者が祭りの無事と安全を神前に報告する神事行事。その後、一般に公開され、この大茅の輪をくぐると、一年間良いことがあるとか(笑)  
 私は星占いも運も占いも信じない仏教徒であるが、まあ、固いことは言わず(笑)、一応大茅の輪をくぐり、小銭の賽銭を上げ、拍手を打ってみる。  
 それから境内を歩き、本殿へと向かう。舞殿の前方にある、手水舎(てみずしゃ)に行くと、手に柄杓を
持った5歳位の小さな女の子が、「こんにちは」と挨拶をする。私も彼女に、「こんにちは」と声を掛け、
柄杓で手を洗い、口を濯ぐ。  
 どうやらその小さな手では、柄杓で手と口を洗えなくて困っている様子だった。私は柄杓に水を入れて、その紅葉のような小さな両手に水をかけてやり、口を濯いだ彼女にポケットからハンカチを取り出し、その
手を拭いてやる。「OK!これでお参りしてごらん」と言うと、その小さな女の子は、「パパ~!」と言って、駆け出して行った。そして本殿前に立ち、賽銭を投げ入れ、わが心願を祈願する。  
 その後、さらに境内を歩き続け、円山公園の有名な枝垂桜、池のあるあたりを散策する。実はこの一帯は、私にとって思い出の場所。1995年8月20日のあの盛夏、青い瞳のMeredithと赤い毛氈を敷いた床机に腰掛け、語り合った忘れもしないわが青春の日の記憶が、今また甦る・・  
 ということで、1ヶ月間に及んだ祇園祭は、本日7月31日ですべて終了しました。尚、申しわけありませんが、月末ピンチというワケで(笑)、わが名刀、ニコンの愛機と各デジカメはある所に預けてあるため、今回、写真カットはなしです。
 8月1日より、再び態勢を整え、体力を取り戻し、私は書き続け、戦い続けます! 
 



  
 








スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。