スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラスライン (1)

「時事テーマ」:2013/8/4  ”名作映画シリーズ ”  
ー全国100万のミュージカル映画ファンの皆さん、今日は。シナリオ・ライター志願の二階堂 新です(笑)実は現在、私は新人シナリオ賞に挑戦するため、力作を執筆中です。目指せ、ハリウッド!目指すぞ、ニューヨークはブロードウェイ!  
 ということで、本日は、ミュージカル映画の傑作『コーラスライン』(1985年)をお届けします。原作は、本場ブロードウェイで超ロング・ランを記録した、演出家・振付師のマイケル・ベネットによる同名のミュージカル作品。1975年の初演後にブレイク。11年目の1985年も公演を続け、ブロードウェイの最多公演記録を更新。全米ツアーで200以上の都市を巡演し、全米で2300万人が、そして世界各国でも公演が行われ、全世界で4000万人が見たと言われる。  
 日本でも、劇団四季が浅利慶太演出で1979年に初演、東京上演と全国巡演も何度か行われた。本作品は、その舞台作品を名匠、リチャード・アッテンボロー監督が映画化した、歌とダンスとミュージカルに青春を捧げた若き男女の青春群像劇である。  
 尚、言い忘れましたが、本作は、お近くの某「ツタヤ」にてレンタル作品であります。「えっ、何!?」
私は、別に何も言ってないし、何ももらってないヨ(笑)それでは皆さん、本場ブロードウェイのミュージカル映画をタップリとご覧頂きまショー!   
 ファースト・シーンは、ニューヨーク市内に聳え立つ摩天楼のビル街が、空撮で映し出される場面から始まる。やがて鳥瞰図は地上に降り、ブロードウェイ通りに並び、溢れ返る大勢の若い男女の姿に移る。 
 オーデイション会場では、ブロードウェイの敏腕演出家・振付師のザック(マイケル・ダグラス)とその
片腕、助手のラリー(テレンス・マン)が、全米から集まった男女のダンサーらを厳しく審査中だった。踊る若者たちの間を摺り抜けながら、声を張り上げ、身振り手振りで、彼らを指導するラリー。そしてその場で、次々とダンサーは振るい落とされて行く。   
 「シーラは残れ」とラリー。三十路前のダンサー、シーラ役のビッキー・フレデリックには、見覚えがある(笑)『カリフォルニア・ドールズ』で主役の女子プロレスラー役で、名演技が光っていたナ。1981
年米大学留学当時、アメリカの映画館で魅た記憶がある。  
 ダンス・オーデイションは続く。ダンサーらを前に、「振りが違う!」とラリーが突然に言う。「グリーンの君、前に」とラリーは、ビビ(ミシェル・ジョンストン)を最前列に呼び寄せ、お手本のダンスを披露させる。その後、男女が一緒になって踊る。  
 「全員でもう一度!」と舞台下からザックの指示。60人以上の男女のダンサーが、ステージ上で一斉に
踊り始める。ザックの笛の合図で終了、その後女子グループと男子グループに分けられる。今度は、グループ毎にバレエ・ステップの審査へ。女子グループでバレエ経験のない女ダンサーに、「踊るな!」とザック
の手厳しい声が飛ぶ。  
 その頃、遅れてやって来た、ザックの元恋人、キャシー(アリソン・リード)がイエロー・キャブのタクシーを降り、オーデイション会場へと駆け付ける。  
 「次のグループ!」とラリー、そしてダンサーの動きを真剣に見詰める。「次、男子グループ!」とザックの声。ステージのダンサーへ適確な指示を与える。やっと会場の部屋へ入って来たキャシーをラリーが、
温かく迎える。  
 「ザック、驚くなよ」とステージからラリー。キャシーとザックの二人は、舞台上と舞台下で視線を合わせる。「・・・・・」「キャシー、後で連絡する」と元恋人のキャシーを冷たく突き放す、人気舞台演出家のザック。そして終にラリーが、番号順に合格したダンサーの番号を読み上げていく。  
 「7番、14番、23番、53番、364番・・・」  
 最後に、「そこまでだ。ありがとう」と舞台下の席で、ザックがマイクで言う。かくして選ばれし16人の男女が、コーラスラインに立った。そして「ミュージカルの神」ザックによる次なる審査が、始まるので
あった・・  
ー以下、第2弾へ続く。   

    Bye Now.See You Tomorrow.  

       x    x    x   

























  
 


スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。