スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミス・インターナショナル、芸能界の闇と戦う!


2013/12/25  ”フリーライター・シリーズ ”  
ー全国100万のミスコン・ファンの皆さん、今晩は、二階堂 新です。クリスマス・イブ、クリスマスの今夜、いかがお過ごしでしょうか。因みに私は仏教徒なので、イブもクリスマスも祝いません(笑)   
 全国の皆さまの応援を励みに、本日、師走のフリーライター・シリーズ第2弾は、戦うミス・インターナショナル、吉松育美さんのストーカー被害事件を取り上げます。以下、事件の詳細;   
 2012ミス・インターナショナル世界大会で日本人初の優勝を果たした吉松育美さん(26)が12月11日、大手芸能プロ「ケイダッシュ」幹部で、関連会社「パールダッシュ」の谷口元一社長を威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、並びに東京地裁に民事提訴した。  
 続いて16日、吉松さんは弁護士を伴い、外国特派員協会で外国人記者を相手に記者会見を行った。テーマは「パールダッシュ」谷口社長による執拗なストーカー行為と、東京で行われた2013ミス・インターナショナル世界大会に前年度優勝者として出席できなかった経緯について、時に言葉を詰まらせ、涙を見せながら流暢な英語で訴えた。   
 発端は、吉松さんが事務所から独立し、自分の会社を立ち上げようとした1年前の2012年12月に遡る。その際、元K-1プロデユーサーの石井和義も登場し、「ケイダッシュ」谷口の関連事務所に移籍するよう強要。同社の反社会的勢力とのつながりを理由に彼女が拒否すると、以後ストーカー行為と脅迫が続けられた。 
 そして今年12月16日、吉松さんは外国特派員協会の記者会見で、「私の大手芸能事務所からのストーカー被害と脅迫の件で、不安を感じた主催の国際文化協会から『体調不良を理由に2013ミス・インターナショナル
世界大会の参加は自粛してくれ』と告げられた」と説明した。  
 この事件は海外のメデイア、米国のワシントンポスト、ABCニュース、欧米のメデイア、東南アジア各国でも報道されたが、日本の大手マスコミ・テレビ、新聞では彼女の地元の佐賀新聞以外、すべて沈黙した。  
 「ケイダッシュ」の谷口元一は、芸能界のドン、バーニングプロダクションの周防郁雄社長とつながりを持つ曰く付きの人物。2008年、女子アナ、川田亜子の「自殺」事件の際もその名前が浮上した。ペニオクの黒幕とも
噂され、妻の立花胡桃は「関東連合」との関係をネット上で指摘されている。  

    *    *    *   
  
 ミス・インターナショナル、吉松育美、勇気と女のプライドをもって芸能界の闇と戦う。そして日本の大手マスコミは、ほとんど「黙殺」する。しかし、二階堂 新はスルーしない。男、二階堂 新、美女の涙には弱い(笑)
 戦うミス・インターナショナル、吉松育美嬢vs「ケイダッシュ」谷口元一。その背後にある闇と暗部を私は、これからも追い続ける!   

<参照データ>   
ー「日本の芸能界の暗部 平成25年12月16日 外国特派員協会ーニコニコ動画」  
ー吉松育美オフィシャルブログ http://ameblo.jp/ikumi-621/   
  「心配してくれている皆様へご報告」2013/12/11   
  「外国人記者クラブにて記者会見」2013/12/16   
  「信じがたい事実・・・」2013/12/22   

ー写真カットは、12月16日、外国特派員協会でストーカー被害を訴える2012ミス・インターナショナルの
吉松育美さん。






 












スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。