スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白リハで泉谷しげるがブチギレ(笑)


2013/12/29  ”芸能ニュース”   
ー全国100万のNHK紅白歌合戦ファンの皆さん、今晩は、二階堂 新です。本年も残すところ後3日となりましたが、ここで芸能ネタを一つ。  
 大晦日恒例の「紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京のNHKホールで行われ、初出場の泉谷しげる(65)が登場。「春夏秋冬2014」の音合わせの最中、バックバンドのドラマーが大事なパートでミスしたところ、「バカ!」と一喝。続いてカメラ・リハーサルでも泉谷は、「めんどくせ~な。さっさと撮っとけよ」と吠え、舞台監督も「すみません」と平謝り。  
 もっとも本音は心優しい毒舌家の泉谷しげる、「NHKの紅白だから、(彼も)あがってるんだ」とメンバーのドラマーをフォロー。「何度もやらせやがって、バカヤロー!」とカメラマンのフラッシュを浴びながら、取材記者陣とNHKスタッフを笑わせた。  

    *    *    *   

 泉谷しげるの「春夏秋冬」(1972年)と言えば、さまざまな歌手がカバー曲を歌う彼の代表曲であり、1970年代フォーク・ソングの名曲である。  
 ♪春を眺める余裕もなく 夏を乗り切る力もなく♪ ♪秋の枯葉に身を包み 冬に骨身をさらけ出す♪  
 ♪今日ですべてが終わるさ。今日ですべてが変る♪ ♪今日ですべてが報われる。今日ですべてが始まるさ♪  
 当時、私は高2だった。泉谷しげるの名前とその歌を知ったのは、大学に入ってからだった。その頃、泉谷はギター1本でライヴ活動と新宿でフォークゲリラを行っていた。   
 1975年、吉田拓郎、小室等、井上陽水とフォーライフ・レコードを設立。その後、フォーライフ・レコードを去る。80年代以降、音楽活動の外に、各テレビドラマ、さまざまな映画に脇役として出演し、個性的な役者としても注目される。2011年3月、東日本大震災に際しては、逸早く被災者救援活動を展開する。そして今年11月、紅白歌合戦に出場が決定した。  
 昨年の歌手、美輪明宏の出場といい、今回の泉谷しげるの初出場といい、40年の時が過ぎて時代もNHKも変わったものだ。あの熱い時代の70年代全盛期なら、泉谷らフォークシンガー達は、紅白出場を間違いなく蹴っ飛ばしていただろう。  
 えっ、何?「それで、紅白は見ないのか」って。私は、大晦日に紅白歌合戦は見ませ~ん。テレビ持ってないし。因みに、私の本名は茂です(笑)お後がよろしいようで。  

ー写真カットは、ライヴで「春夏秋冬」をギター1本で歌い上げる泉谷しげる。You Tubeより転載









  


    

 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。