ライジング・ドラゴン (3)


2014/6/12  ”名作映画シリーズ ”   
ー私は少年時代から、修行僧と武道に憧れていた。中学時代、通信制で空手を独学した。また高校時代、体育の授業で一年間柔道を習った。   
 1975年春、京都の同志社大学に入学。入学時に先輩に勧められ、興味もあり少林寺拳法部に入部した。しかしやはり、体育会独特の体質もあり、毎日の練習が次第に辛くなっていった。転機は、夏の合宿時にやって来た。1回生の夏、長野の避暑地で1回生から4回生まで全員参加の夏合宿があった。
 それは、合宿に名を借りた上級生による我々1回生への扱きの場でもあった。練習中、私自身も疲れが溜まり、無理な体勢から転倒し、後頭部を体育館の床で打ち気を失い、救急車で搬送された経験がある。また練習用の重いグローブを着け、基本技も何も教えられず、乱暴な試合をやらされた。その時、1回生の部員が頭部を強打され、失神。救急車で運ばれ、 緊急入院・手術。その後、彼は手術の後遺症が脳に残ったままとなった。  
 夏休み中、実家に帰省していた私に「あいつは死んだ」と悪い冗談で電話を掛けて来た当時、庶務担当だった3回生のOを私は今も許すことが出来ない。私は夏合宿の事後処理とその責任をめぐる主将以下、上級生の対応と無責任振りに失望と怒りを感じ、結局その秋、同大少林寺拳法部を退部した。   

 本作ストーリーに戻る。キャサリンの先祖が乗った船が遭難した海域へやって来たJCたち一行は、ラジコン式ミニ飛行機を飛ばし、その小型カメラで撮影したデータからパソコンで立体シュミレーションを行う。早速、地図に載っていない無人島
に上陸しキャンプする。    
 21世紀のジャッキー・チェンは、巧みに最新ハイテク・ツールを駆使する。森の中へと入った一行、ところがココとキャサリンが足を滑らせ、崖から谷間へ。救出に向かったJC諸共3人は、谷底へ転落する。その落ちた谷底で偶然JCたちは、
消息を絶ったキャサリンの曽祖父が乗船していた「不滅号」を発見する。   
 「『不滅号』の船員たちは病死ではなく、お互い戦い合って死んだのだろう。ここに刺し傷がある」とライトで白骨化した死体の傷を照らし出すJC。
 「JC、これを見てくれ」とそこへサイモンが金属探知器のデータを見せる。サイモンは、すぐ近くで見つけた丸太の中に金塊があることをJCに示す。  
 「JC、また会えて嬉しいぜ」するとそこへ、アロハ・シャツのピエールが登場。   
 「城で奪った物を返せ!」とJCにピストルを手に迫るが、「知らない」と白を切るJC。   
 「ここでおまえ達をバラしても誰にも分からない」とピストルを突き付け、凄むピエール。「お前たち、やれ!」と背後の手下共に合図したその時だった。    
 「バーーーン!!」「動くな!動くと撃つぞ!」と今度は海賊の一団がご登場。北京語、英語、現地語、なぜか日本語まで喋る国際色豊かな海賊集団が、JC一行の前に現れる。   
 「何しに来た?この島で何をしてる?」と海賊が問い詰める。「バーベキュー!」と一斉に答えるJCご一行。
 「おちょくる気か!」と怒る海賊のボス。そして終にロケット・ランチャーまでぶっ放し、銃と武器を手にした海賊共相手に
素手で戦うJCとチーム・メンバー3人との大乱闘が始まる。マシンガン、拳銃、ナイフを手に攻撃し追う海賊集団、逃げるJCたち。乱闘の末、奪ったマシンガンで盲滅法撃ちまくるキャサリンとココ。   
 「ダッダダダーーーッ!!」「キャアアアーーッ!」すべて撃ち尽くすと、   
 「もう我慢ならん!」と態勢を立て直した海賊のボスが、JCたちに銃を向けて言い放つ。そこへ、蔦にからまったロケット・ランチャーのロケット弾が落下、爆発する。一斉に地面に伏せ、立ち上がるや逃げ出すJCと仲間とキャサリンとココ。  
 逃げる途中、JCは「不滅号」の船体の残骸から十二支首像を発見。それを手に取り、金塊が詰まった丸太に跨り全員で
脱出を試みる。しかしそこへまたも武器を持った海賊共が追って来る。   
 JCは素早く、ミツバチの巣を爆弾代わりに海賊共に投げ付ける。彼らが怯んだその隙に丸太を繋ぎ留めていた鎖と錨を
断ち切り、緊急発進。大逆転の脱出劇!全員を乗せた丸太は、ジャングルの中をジェット・コースターのように猛スピードで突き進み、やがて島の断崖から海の中へダイビング。   
 「キャアアアーーッテ!」「ウワッアアアーー!!」「ザ、ザッブーーン!」   
 海の中に飛び込む6人の男女。そこへ船長が乗った小型クルーザーが、彼らを救出に向かう。ところがクルーザーの船尾にロープで繋ぎ曳航していた丸太が海水に浸かり、その重みで海の中へ。かくして丸太の中にあった8トンもの金の延べ棒は、海中深く沈んでゆくのであった・・   

ー以下、第4弾へ続く。   

ー写真カットは、JC一行とピエールの手下たちに迫る国際混成チームの海賊軍団。

























スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる