スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカよ、汝、驕ることなかれ

2014/9/13  ”本日の出来事”  
ー9月11日は、航空機を使った4つのテロ事件が起きた米国同時多発テロ事件が発生した日である。13年前の2001年9月11日の朝、日本人24人を含む3、025人が犠牲者となった同時多発テロから13年を迎え、ニューヨーク市の世界貿易センタービル(WTC)跡地グラウンド・ゼロでは追悼式典が開かれた。  
 この日、グラウンド・ゼロの人口池には早朝から遺族が訪れ、犠牲者の名前が刻まれたプレートには花が捧げられた。式典では犠牲者の氏名が一人一人読み上げられ、ハイジャックされた2機の旅客機がWTCの北棟と南棟に激突した時刻、午前8時46分と午前10時28分(それぞれ米東部標準時間)に合わせ、参列者は黙祷した。   
 その「9・11テロ」の前日、オバマ大統領は、イスラム教スンニー派の過激派組織「イスラム国」打倒のため、シリアへの空爆も含めた軍事作戦の拡大を表明した。米紙「ウオール・ストリート・ジャーナル」によると、以下;   
 「オバマ大統領は10日夜、シリアでの空爆開始を承認すると共に、1ヶ月前から行っているイラク国内での空爆を拡大する計画を明らかにした。これらの決定は、中東に対する米国の軍事的関与を大幅に深めることになる見込み。またこのことは、イスラム国の脅威に対する戦いが期限の定まらない長期的なものになるとのオバマ大統領の認識を示している」  
 さらに11日付、米紙「ワシントン・ポスト」(電子版)では、オバマ大統領が「イスラム国」の指導者、アブバクル・バグダデイ
容疑者の殺害を承認したと、米軍当局者の話として報じた。   
 まず始めに、オバマ大統領による「イスラム国」に対する空爆は、軍事的には効果が少ないと言われる。アメリカに追随する欧米中心の有志連合のみで、中東の国々はこれに参加していない。それどころか空爆によって「イスラム国」のメンバーとその支持者らは、より一層反米感情を強めることになるだろう。  
 さらには3年前のオサマ・ビンラデインの暗殺に続き、ノーベル平和賞受賞者でもあるオバマ大統領自身が、「イスラム国」指導者、バグダデイ師の暗殺まで承認した。かくしてオバマのアメリカは、「テロ」には「テロ」で対決するという13年前の「9・11テロ」当時のアメリカに再び舞い戻り、終に「テロとの戦い」の泥沼に足を踏み入れてしまった。  
 21世紀の軍事戦略の変化として、米国から何万キロも離れた中東の国々の要人に向け、米国ロッキー山脈地下深くにあるといわれる米軍秘密基地の司令室から無人機によって遠隔操作で偵察と爆撃が行われている。「9・11テロ」後もオバマのアメリカは、アメリカ流のロジックで「テロとの戦い」という戦争ビジネスに仕立て上げ、中東諸国の国々へ侵略を続ける。かくしてアメリカは世界中で嫌われ、自らが「反米感情」の種を蒔き続け、中東地域でイスラム過激派の勢力を増幅・拡大させていることにアメリカは未だに気付かない。   
 「イスラム国」はその行動力、資金力、ネットワークを駆使し、やがてアメリカ本国でテロ活動を仕掛けて来るだろう。オバマのアメリカよ、今再び「テロとの戦い」を武力によって繰り返すことなかれ。アメリカよ、汝、驕ることなかれ。  
 折りしも現在、日本の安倍晋三首相は、集団的自衛権容認を閣議決定し、「戦争のできる国」日本へと邁進する。今後、米軍と共に中東地域へ自衛隊が派遣されることも十分に考えられる。そしてやがて日本の首都東京で海外のテロリストが、
テロを引き起こす時代がやって来るかもしれない。   
 驕れる安倍首相よ、21世紀の今、日本を再び戦争への道に導くことなかれ。



















スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。