ローン・サバイバー (2)


2014/10/7  ”名作映画シリーズ ”   
ー米軍特殊部隊の創設は、1960年代のベトナム戦争においてベトコン(南ベトナム開放民族戦線)に対応するため、1962年1月に結成された。Navy SEALsが米海軍特殊部隊であるのに対して、米陸軍の特殊精鋭部隊にグリーンベレーやデルタフォースがある。本部は、バージニア州バージニアビーチ・リトルクリークにある。志願する隊員はさまざまな訓練を受け、最終的には2年半かかると言われる。   
 近年では、1991年の湾岸戦争、2001年のアフガン戦争で活躍した。また2011年5月1日の深夜、パキスタンのアボッターバードの豪邸に潜伏中だった国際テロ組織の指導者、ウサマ・ビンラデインの暗殺作戦に成功。その直後、オバマ大統領による異例の深夜の発表もあり、シールズは一躍その名を世界中に轟かせた。   
 しかしその3ヶ月後の8月5日夜、アフガンで米軍のCHー47チヌーク・ヘリが撃墜され、22人のシールズ隊員が死亡した。これはタリバン側が仕掛けた罠であり、偽情報を米軍に流し、米軍部隊を谷間に誘き出して、山岳地帯でヘリ毎撃墜したものと言われる。38人が死亡し、そのうち22人がビンラデイン暗殺作戦に参加した米海軍特殊部隊隊員であった。   
 本作ストーリーに戻る。直ちに飛び起き、マーフィ大尉ら4人の隊員は、3人の羊飼い、老人と青年と少年を拘束する。不測の事態に作戦本部に連絡するが、無線は通じない。やむなくリーダーのマーフィ大尉は緊急用の衛星電話を取り出し、通信を試みる。   
 ジャララバード米軍基地の急速対応部隊(QRF)の若い軍曹が、緊急電話に出る。しかし指揮官のクリステンセン少佐は基地にいない。電話は、バグラム空軍基地へ転送される。基地内の緊急用ホットラインが鳴り響き、就寝中だった作戦指揮官のクリステンセン少佐がやっと電話に出るが、そこで通信は途切れる。  
 最悪の通信状態の中、4人の隊員は3人の羊飼いの対応について話し合う。先発を務めるアクセルソン二等兵と衛生担当のラトレル一等兵の二人が彼らの処遇をめぐり激しく言い争う。   
 「3人を開放すれば、通報され200人のタリバンが襲って来る。殺せ!」「だめだ!丸腰の市民を殺せない。交戦規定にある」「逃がすわけにはいかない」   
 3人の隊員の意見を聞いた後、部隊長のマーフィ大尉が決断する。「3人の羊飼いを開放し、この場から撤退する。即座に山頂を目指し、電波状態の良い場所で再度救援を要請する」マーフィの指示に従う3名の隊員。   
 一方、バグラム空軍基地の作戦本部ではクリステンセン少佐と通信兵が何度も通信を試みるが、応答がない。ジャララバード前線基地では主力の2機のアパッチ・ヘリが要請を受け、出動する。急速対応部隊(QRF)隊員の制止を振り切り、2機のアパッチは飛び立つ。  
 そしてアフガン山岳地帯のシールズ隊員4名は、3人を開放する。老人が現地語で何か言うが、4人には分からない。自由の身となった青年は、山の斜面の岩場を飛ぶように駆け降り、どこかに向かって走る。それから4人の隊員は、山頂を目指して歩き始める。やっと山頂に辿り着くと、また別の山頂が。  
 「まず通信を確保しろ」とマーフィが言う。山頂でアンテナを立て無線を試みるが、やはり通じない。衛星電話も通じない。山の山頂は発見されやすく危険なため、雑木林に隠れる4人。   
 その頃、偵察チームから依然連絡が取れない前線基地のクリステンセン少佐はやっと、バグラム空軍基地統合作戦本部へホットラインで電話する。   
 「スパルタン0-1から3回連絡がありません」「なぜ今頃言う」と空軍の司令官。「原因が分かれば、また報告します」とクリステンセン少佐が答える。   
 ライフル銃を手に林の中に身を潜め、小休止する4名の隊員。一瞬、人の気配が。狙撃手のアクセルソンがM4A1カービン銃のガイドスコープで木々の間を覗く。他の3名の隊員も銃を構え、周囲を警戒する。   
 「偵察して来る」とマーフィ大尉。林の中から遠方の山の尾根を望むと、そこには夥しい数のタリバン兵がいた。  
 「奴らが来るぞ!」とマーフィが、3人の隊員に告げる。かくして4人のシールズ隊員と200人のタリバン兵との怒涛の銃撃戦が、アフガン山中で繰り広げられるのであった・・  

ー以下、第3弾へ続く。   

ー写真カットは、山中で拘束した羊飼いの3人を開放した4名の隊員。そしてこの判断の結果が、シールズ史上最悪の悲劇を招くことになる。



























スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる