エクスペンダブルズ3 (1)


2014/12/23  ”名作映画シリーズ ”   
ー全国100万のアクション映画ファンの皆さん、今晩は、二階堂 新です。いよいよ師走も押し迫って来ましたが、本日は当コーナー、特別編をお届けします。   
 11月1日に始まった映画「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」の全国劇場公開、忙しくて時間がなくなかなか行けなかったけど、12月12日夜、最終上映日にやっと劇場へ行って来ました。以下、そのレポートと本作の感想を。本当は昼間に行きたかったけど、12月以降は夜のレイトショーのみとのこと。12日夜、愛車のマウンテンバイクに乗り、劇場近くの市営駐輪場に愛車を預け、そこから歩いて新京極商店街へ。   
 「MOVIX京都」はシネコンになる前から時々通っていたし、今風のシネコンになってからも何度か来た記憶がある。新しく新装され明るくなった正面入口から劇場へ入る。チケット売り場で当日券を購入し、売店でパンフレットとホットコーヒーを買い求め、エレベーターで4階へ上がる。小ホールに入り、指定座席に座ると、ジャスト午後9時。   
 週末金曜日の夜にしては、観客の入りは多くはない。シネコンの特長なのか、劇場内部も左程広くなく、スクリーンも思ったよりも小さい。「えっ、何々?」「能書きはもういいから、早く映画の話に入れ」って。あっ、そう、失礼しました(笑)  
 バーニー・ロス(シルベスター・スタローン)率いる傭兵部隊エクスペンダブルズ・シリーズの第3弾!まずは冒頭のファースト・シーンから怒涛の超絶アクションの連続。そのストーリーはと言うと、上映期間も終了したからネタバレしてもいいんだけど、まあそこは超大作アクション映画として9000万ドルの製作費も掛かってることだしサ。以下、大筋のストーリーを。 
 バーニー率いる命知らずの傭兵エクスペンダブルズ・チームは、スワジランドで囚人となった元エクスペンダブルズのメンバー、ドクター・デス(ウェズリー・スナイプス)通称ドクを救出する。救出作戦は成功し、ドクは再びメンバーとなり、次の任務へ向かう。    
 バーニーら傭兵軍団は、アフリカのソマリアのモガデイシュの港で秘密作戦を決行する。しかしターゲットである大物武器商人、コンラッド・ストーンバンクス(メル・ギブソン)の反撃に合い、バーニーのチームは返り討ちに。作戦は失敗し、メンバーのガトリングガンの名手シーザー(テリー・クルーズ)が狙撃され、瀕死の重傷を負う。   
 そしてストーンバンクスこそは、かつてバーニーと共にエクスペンダブルズを結成した初期メンバーであり、古参の仲間であった。元メンバーの裏切りに合い、傭兵軍団の現役メンバーを失った傷心のバーニーの下に、CIA作戦担当指揮官のマックス・ドラマー(ハリソン・フォード)が現れ、ストーンバンクス捕獲作戦を命令する。   
 かくしてバーニーは危険人物ストーンバンクスを生け捕りにすべく、全米から命知らずの若いメンバーを集め、再び戦いを挑む。エクスペンダブルズ・ヤング・チームと旧オールド・チームの葛藤と行く末は如何に!?エクスペンダブルズ傭兵軍団は再び輝きを取り戻せるか!?バーニーと宿敵ストーンバンクスとのリターン・マッチや如何に!?  
 以下、撮影裏話、エピソードも含め、本作ストーリー後半部は第2弾へ続く。   

ー写真カットは、新京極にあるシネコン「MOVIX京都」の正面入口。12月12日夜撮影。















スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる