スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ジョークは北のテロよりも強し


2014/12/24  ”時事評論シリーズ ”   
ーソニーの米映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテイメントは23日、北朝鮮の金正恩第一書記暗殺を描いたため、一旦上映中止を表明していたコメデイ映画「ザ・インタビュー」について、25日に米国内の複数の劇場で限定公開すると発表した。 
 ソニー・ピクチャーズ社は自社に対するサイバー攻撃や上映を予定していた映画館へのテロ予告とされる情報を踏まえ、一時公開中止を発表したが、表現の自由を重視する観点などから公開中止には批判の声が強かった。  

      *      *      *   

 おお~っ、よくやった!一時は公開中止でお蔵入りで観れないと思っていた話題のコメデイ映画「ザ・インタビュー」。You Tubeで予告編を見た限り、この映画のどこに北朝鮮の人々を揶揄したり非難する意図とシーンがあるというのか!?  
 この際、ネタバレすると、北朝鮮に入り、金正恩とのインタビューに成功した人気トーク番組の司会者デイブ(ジェームズ・フランコ)と番組プロデユーサーのアーロン(セス・ローゲン)は、結局金正恩と友達になるというストーリー。ところがCIAがそこに割り込み、「金正恩暗殺」計画を仕掛ける。さてコメデイ映画的ドタバタ劇のその顛末や如何に・・!? 
 因みに、本作で主演の番組プロデユーサー役のセス・ローゲンは、本日付で以下のツイートあり。  
 「人々によって証明された。自由が打ち勝ったのだ。ソニーは決して諦めなかった。本作「ザ・インタビュー」はクリスマスの当日、協賛の上映館の劇場で観れます!」   
 いや~、本当に良かった。アメリカン・ジョークは、北朝鮮のサイバーテロ攻撃よりも強し!言論の自由と民主主義を守れ!北のテロに屈するな!  
 それで日本公開はいつ!?来年、日本で公開されたら、真っ先に劇場に駆け付け、「名作映画シリーズ」当コーナーで取り上げ、皆さんに紹介します!それまでお楽しみに。   

<参考データ>  
ーYou Tubeにて本作品の予告編あり。検索方法は、「You Tubeで the interview trailerを検索する」ー「The Interview
Final Trailer」(2014、2分39秒)   
ー本作主演のコメデイアン、脚本家、映画製作者のセス・ローゲンのTwitterあり。フォロワー数は何と2,429,991人!私は早速フォローした(笑)   
  Seth Rogen@Sethrogen   

ー写真カットは、米人気テレビ番組で司会者のインタビューに当意即妙のジョークで答えるコメデイアンのセス・ローゲン。
You Tubeより転載。











 




   
   

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。