スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスペンダブルズ3 (2)


2014/12/27  ”名作映画シリーズ ”  
ーエクスペンダブルズとは、「消耗品」、「使い捨て」の他に、「戦略上、犠牲となる兵員」という意味がある。主演のバーニー役のシルベスター・スタローンを始め、豪華アクション・スターが一同に競演する。人気アクション・スターと言えども使い捨てであると、スタローン一流のジョークと自虐の意味も込められている。  
 また本作ではCIAの依頼人チャーチ(ブルース・ウィルス)からドラマー(ハリソン・フォード)に配役が変更となった。「エクスペンダブルズ」シリーズのファンの皆さんはご存知かと思うが、これには裏話がある。前作「エクスペンダブルズ2」に出演したブルース・ウィルスが、出演料の件でゴネて、ギャラを高額に釣り上げた。それに映画監督でもあるスタローンが激怒し、「あいつ(=ブルース・ウィルス)は絶対使わない!」と降板させ、今回の「エクスペンダブルズ3」では、「俺の出番だ!」とばかりハリソン・フォードの出演と相成った次第。   
 それから、シルベスター・スタローン、メル・ギブソン、ハリソン・フォードがアップになった時の顔をよく見ると、3人ともボクサーのように鼻筋が少し曲がっている!?これも戦うアクション・スター、男の勲章とでも言うのか。かくして、本作では超豪華アクション・スターが勢揃い。これも偏に映画監督、アクション俳優としてのシルベスター・スタローンの人望にあり!また年輪を重ねた男たちの機知のある会話と小粋なジョークが、随所に冴える。   
 本作ストーリーに戻る。かくしてバーニーはエクスペンダブルズ旧チームを解散し、かつての旧友の傭兵仲間ボナパルト(ケルシー・グラマー)の協力を得て、全米から若い新たなメンバーを集める。元米海軍特殊部隊ネイビーシールズ出身のジョン・スマイリー(ケレン・ラッツ)、天才ハッカーで極限のスリルが大好きなソーン(グレン・パウエル)、プロ級のボクシングと射撃の腕前を持つマーズ(ヴィクター・オルテス)、紅一点、女性総合格闘家の女戦士ルナ(ロンダ・ラウジー)の4名が新メンバーに加わる。  
 早速、バーニーら一行はルーマニアのブカレストに飛び、武器密売中のストーンバンクスを急襲し捕獲に成功する。ところが同業の傭兵仲間トレンチ(アーノルド・シュワルツエネッガー)が待つ空港へバンで移送中、ストーンバンクス配下の精鋭部隊の逆襲を受ける。生け捕りしたストーンバンクスを奪還され、新人4名は拉致されてしまう。  
 一人になったバーニーは新人メンバー4人を救出すべく、ストーンバンクスが拠点とするアズメニスタンへと乗り込む。そこに落ちこぼれの元スペイン軍兵士の傭兵ガルゴ(アントニオ・バンデラス)が現れ、旧メンバーのクリスマス(ジェイソン・ステイサム)、ガンナー(ドルフ・ラングレン)、トール(ランデイ・クートウア)、ドク(ウェズリー・スナイプス)も合流する。さらにCIAの依頼人ドラマー(ハリソン・フォード)までも元メンバーのイン・ヤン(ジェット・リー)と共にヘリに乗り込み参戦する。  
 そして終盤の見所は、新人4人を人質にしてストーンバンクスが罠を仕掛けた廃墟ビルでの壮絶な銃撃戦と戦闘シーン。バーニーと旧エクスペンダブルズ・チームはやっと人質の4人を開放するが、そこにさらなる大掛かりな罠が仕掛けられていた。  
 エクスペンダブルズ10名に大物武器商人ストーンバンクスお抱えの同国軍団の何十人、何百人という兵士、戦車隊、攻撃ヘリが次々と襲いかかる。それに対して銃で素手の格闘技でモトクロス用バイクの超絶アクションで対抗する新旧エクスペンダブルズの猛者たち。  
 さらにクライマックス・シーンは、廃墟ビルでのバーニーと宿敵ストーンバンクスとの素手によるガチンコ勝負。爆破寸前のビル内で、銃と武器を捨て素手で死闘を繰り広げるバーニーとストーンバンクス。  
 その間、エクスペンダブルズ全員はドラマーのヘリに救出される。ストーンバンクスを倒したバーニーは、屋上へと駆け上がる。屋上の上空に救出ヘリが向かう。ストーンバンクスが仕掛けた時限爆弾が大爆発し、ビル全体が崩壊する。屋上でその救出ヘリに向け、顔を歪めながら全力疾走するバーニー。巨大な黒い噴煙と共に崩れ落ちる廃墟ビル。果たしてバーニーは、脱出することが出来たのか!?   
 ラスト・シーンは、いつもの酒場で全員が集合した場面で終わる。バーニーは無事救出され、エクスペンダブルズ旧チームと新人チームは仲直り、バーのテーブルで飲み語り歌う。ハッピーエンドの大円団なり!パチパチパチ~ 


              (了)  

ー写真カットは、クライマックス・シーン、爆破され崩壊するビルの屋上を救出ヘリに向かって、全力疾走で走る御年68歳のシルベスター・スタローン。You Tubeの予告編より転載。






























スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。