スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イスラム国」の衝撃と憂鬱


2015/2/1  ”時事評論シリーズ ” 
ー日本中、世界中が固唾を飲んで見守る「イスラム国」による邦人人質事件、2月1日早朝(日本時間)、衝撃的とも言える殺害映像がインターネット上で公開された。  
 その動画のビデオには黒覆面の男、「ジハーデイ(聖戦士)・ジョン」と呼ばれる英国籍の人物が登場。これまでにも男は米国人3人、英国人2人、そして湯川遥菜さん(42)の殺害を繰り返して来た。土漠と思われる野外に立つ黒覆面の男は、ナイフを片手にロンドン訛りの英語で日本政府に対して声明を発表。  
 男は安倍首相を名指し、脅しとも取れる言葉と捨て台詞を発し、左側でオレンジ色の服で跪く後藤健二さん(47)の首にナイフを突き立てた。1月20日に発生した邦人人質事件は、24日の湯川遥菜さん殺害に続き、後藤健二さんも殺害と最悪の結果となってしまった。   
 安倍晋三首相は、「痛恨の極みだ。非道、卑劣極まりないテロ行為に強い怒りを覚える」と直ちに官邸で記者団を前に憤りをあらわにした。またオバマ大統領も後藤さんの殺害を強く非難し、「『イスラム国』壊滅に向け有志連合と共に断固たる行動を取り続ける」と声明を発表した。  
 さらに後藤さん殺害動画の公開には、欧州でも衝撃が走った。31日夜、キャメロン英首相は声明で、「『イスラム国』が邪悪の権化である」と強く非難した。同じくオランド仏大統領も「『イスラム国』による後藤さんの悲惨な殺害を非難する」との声明を出し、英BBC放送、「ガーデイアン」など主要紙も速報した。 
 「イスラム国」(Islamic State of Iraq and Syria)とは、イスラム教スンニー派の武装組織。その前身は、イラク戦争後の2004年にイラクで生まれた「イラク・アルカイダ」に遡る。その後分裂と統合を経て、2014年、シリア内戦に介入し、急成長を遂げる。軍事的、経済的に勢力を拡大し、やがてシリア、イラク両国に跨る都市と地域を制圧した。  
 2014年6月29日、「イスラム国」はアブー・バクル・アル=バグダデイ師を「カリフ」として、シリア・イラク両国の制圧地域に一方的に国家樹立を宣言した。ただし、周辺のイスラム諸国も欧州各国、米国、日本も国家として認めていない。
 現在、「イスラム国」の構成員は1万数千人と言われる。戦闘員の数は、2万から3万人に上ると言われる。また外国人戦闘員は中東地域だけでなく、アフリカ、英国、フランス、ドイツなどの欧州各国、オーストラリア、カナダ、米国出身の若者が参加しているとされる。   

       *       *       *   

 我々は、「イスラム国」のテロと脅しに屈してはならない。黒覆面の「処刑人のジョン」が吐いた捨て台詞、後藤健二さん殺害と日本政府の対「イスラム国」への参戦によって、これから「日本の悪夢」が始まるのではなく、日本、米国、欧州各国と世界中を敵に回した今、「『イスラム国』の悪夢」が始まるのだ!   
 私は今後も、邪悪のテロリスト集団「イスラム国」と激動の中東情勢をwatchし続ける。  

ー写真カットは、2月1日早朝、You Tubeに投稿された後藤健二さんの殺害映像の動画。You Tubeより転載。













   




スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。