雨の山鉾巡行をゆく (2)


2015/7/20  ”祇園祭シリーズ ”

ー同じく四条烏丸の交差点を進む函谷鉾。鉾の名は、かつて中国の孟賞君が家来の鶏の鳴き声の名人によって函谷関を開けさせ、無事脱出することが出来たという故事に由来する。ニコンF80とコンパクト・デジカメで写真を撮っていると、丁度すぐ隣りに白のポロシャツを着た函谷鉾の関係者の男性が。しばし祇園祭と山鉾談義に話が弾む。7月17日午前撮影。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる