「9・11テロ」から14周年

2015/9/13  ”時事評論シリーズ ”   
ー9月11日(米国時間)の朝、2977人が犠牲となった米国同時多発テロから14年を迎えた、ニューヨークの世界貿易センタービルの跡地「グラウド・ゼロ」では、追悼式典が開かれた。   
 国際テロ組織アルカイダのメンバーらによってハイジャックされたとする旅客機がビルに激突した時刻とビルが倒壊した時刻に合わせ黙祷が捧げられ、遺族によって犠牲者の名前が読み上げられた。またハイジャックされた旅客機の1機が激突した首都ワシントンの国防総省と別の4機目が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルでも式典が行われた。   

      *       *       * 

 2001年9月11日午前8時46分(米国東部時間)、ニューヨーク市の世界貿易センターのツインタワー北棟にハイジャックされたアメリカン航空11便が激突、爆発・炎上した。続いてその直後、ユナイテッド航空175便が同ビルのツインタワー南棟に激突し爆発。2機の旅客機が衝突し爆発・炎上したことで、ツインタワーの南棟と北棟は共に崩壊した。  
 そして約1時間後の午前9時38分、アメリカン航空77便がバージニア州アーリントンにある国防総省本庁ビルに激突し、爆発・炎上した。さらにハイジャックされたユナイテッド航空93便が飛行中に爆発・炎上し、ペンシルベニア州シャンクスビル郊外に墜落した。
わずか1、2時間の間に、ハイジャックされた4機の旅客機が次々と米国中枢の政府機関とニューヨーク市の世界貿易センターのビルを標的にして攻撃を仕掛けた、世界を震撼させた未曾有の「テロ事件」とされる。テロによる犠牲者は、3025人(ハイジャックされた4機の旅客機の乗員・乗客、国防総省の職員、世界貿易センタービル内にいた人々、救出に駆け付けたNY市の消防士、NY市警の警察官も含む)とされている。   
 「9・11テロ」発生時、当時私はテレビもインターネットも持っておらず、一体何が起きたのかよく分からなかった。9月11日のその夜、ラジカセのFM音楽番組の臨時ニュースで事件の第一報を知った。その後、私は京都市国際交流会館へ市バスで通い詰め、インターネットでCNNの海外ニュースを食い入るように見続けた。  
 あれから、14年が経った。米国は同時多発テロの首謀者を国際テロ組織アルカイダの黒幕、ウサマ・ビン=ラディンの仕業として、当時ビン=ラディンを匿っていたタリバン政府のアフガニスタンに宣戦布告。2001年10月、アフガニスタン戦争を始める。続いて2003年3月20日、ジョージ・W・ブッシュ大統領は大量破壊兵器を保有しているとして、フセイン大統領のイラクに対して宣戦布告を行い、米英軍と共に空爆と軍事作戦を開始。イラク国内に軍事侵攻を始めた。   
 ブッシュからオバマへ、アメリカによる「テロとの戦い」は14年後の現在も続く。11日、米軍基地での米兵との対話集会で、オバマ大統領は14年前のその日の記憶を語った。   
 「あの晩、娘のサーシャを寝かしつけながら、ニュースを見ていた」さらに集会で大統領は、「祖国が脆弱と感じたのはその時が始めてだった。米国はあのような攻撃をかつての真珠湾攻撃以来、経験していなかった」と指摘した。また「私たちはテロの重大な脅威を依然抱えている」と述べ、テロ対策継続の必要性を訴えた。   
 
 ヒロシマ、ナガサキへの原爆投下を未だ謝罪せず、仕組まれた真珠湾攻撃を正当化し、「テロとの戦い」に邁進し、4年来の内戦で国家として破綻したシリアに二千万人規模の難民を生み出した弱腰外交のオバマは、やはり軍産複合体の操り人形でしかない!
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる