スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第154回芥川賞発表


2016/1/29  ”文芸評論”  
ー全国100万人の日本文学ファンの皆さん、今日は。売れない小説も書く売れない小説家(笑)二階堂 新です。先週末から全国的規模の寒さに震えていましたが、やっと食料、コーヒー、酒を買い溜めし、パワー注入&パワー復活!本日は、気合いと毒舌を込めて、芥川賞について語りたいと思います。以下、1/19(火)夜、「ニコ生」の「第154回芥川賞・直木賞発表&受賞記者会見 生放送」からの抜粋。   
 先週の19日午後6:00より「ニコ生」で、井上トシユキ(ジャーナリスト)、栗原裕一郎(文芸評論家)、ペリー荻野(コラムニスト)の3氏による芥川賞・直木賞発表会見の実況生放送があった。会場は帝国ホテル、築地の料亭「新喜楽」で各選考委員が選考をする間、3氏が芥川賞と文壇の内輪話、日本文学の現状と情況について語り合う。  
 中でも、文芸評論家の栗原裕一郎氏のシニカルかつ的を得た辛口コメントにフムフム興味シンシン、天津飯(笑)一般読者には知らされない芥川賞受賞の舞台裏と文芸誌の有力編集者と芥川賞候補作家との慣れ合い関係を暴露する。因みに、新人作家が芥川賞候補にノミネートされるのは、多くて5回までとか。例外は、島田雅彦の6回目にして受賞のケースあり。村上春樹はノミネート2回で打ち切り、それ以降、芥川賞候補枠から外されてしまったとか。また昨年話題になったお笑い芸人、ピースの又吉直樹の「火花」も(因みに私は読んでいない(笑)、担当の女性編集者の力添えがあったと言われる。  
 ここで、芥川賞候補の6作品が紹介される。   
  -石田 千「家へ」(群像7月号)
  -上田岳弘「異郷の友人」(新潮12月号)  
  -加藤秀行「シェア」(文学界11月号)  
  -滝口悠生「死んでいない者」(文学界12月号)  
  -松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」(文学界10月号)  
  -本谷有希子「異類婚姻○」(群像11月号)  
 私は、どの作品もまだ読んでいない(笑)そして6人の新人作家の近況の写真カットも流されたが、6人ともどこか地味で小粒(笑)「今回、この顔触れは如何でしたか」と尋ねる井上トシユキに、「パッとしないですね」と即座に斬って捨てる栗原裕一郎。さらに栗原氏は、「今回、滝口&本谷の同時受賞になるでしょう」と適確に予想する程の隻眼振り。   
 因みに、芥川龍之介賞とは、その年に文芸誌に掲載されるか、単行本として出版された新人作家の中でもっとも優れた作家に与えられる文学賞である。そして今回の芥川賞選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・高樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・村上龍・山田詠美の9氏。この先生方の投票によって決定される。この中で、私は村上龍の作品しか読んでいない(笑) 
 かくして午後8時半、芥川賞・直木賞の受賞者が発表された。芥川賞は、やはりお約束の滝口悠生氏と本谷有希子氏のダブル受賞となった。その後、直木賞受賞の青山文平氏と2氏は帝国ホテルの雛壇に上り、マスコミ各社記者とカメラマンのフラシュを浴びる。   
 3氏が一度退場した後、芥川賞作家となった滝口悠生氏(33)から、改めて受賞記者会見とインタビューが始まる。小柄で口髭と顎鬚を蓄え、ラフな服装の滝口氏が各社の記者の質問に丁寧かつ真摯に答えるその姿が、印象的であった。来月、「文藝春秋」の特別号が出たら、一度読んでみるとするか。   

       *       *       *   

 1986年、当時芥川賞選考委員でもあった、わが敬愛する作家、開高健が、「今回、受賞作品はなし!」と宣言して以来、日本文学の衰退と凋落は著しい。1970年代後半、わが文学青年の頃、中上健次と村上龍が華々しく文壇に登場、芥川賞を受賞した。私は、「文藝春秋」の特別号誌上で彼ら二人の芥川賞作家と同じ時代の空気に触れ、彼らと同時代を生き、感動しながらその作品を読んだ。   
 そして昨年、お笑い芸人、又吉直樹によるセンセーショナルな芥川賞受賞。その後、発行部数は芥川賞受賞作品として、異例ともいえる歴代1位
の229万部を突破!嗚呼、これでまた私のA賞受賞が遠ざかる~(笑)  

ー写真カットは、芥川賞受賞発表の雛壇に立つ芥川賞作家の二人。左から本谷有希子氏と滝口悠生氏。1/19付、「ニコ生」「第154回芥川賞・直木賞発表&受賞記者会見 生放送」より転載。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。