スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本テント村プロジェクト、スタート!


2016/4/27  ”熊本地震救援プロジェクト”  
ーやっと長い冬眠から目覚め(笑)、完全復活したフリーライター、二階堂 新。全国の皆さまの応援もあり、現在、赤マル急上昇(!?)絶好調です!  
 4月14日夜発生した熊本地震から、今日で13日が経過した。被害は27日現在、死者49人、行方不明者1人、災害関連死が16人、熊本県内では3万6866人が避難生活を続け、住宅損壊は2万7406棟にのぼる。熊本県と大分県では今も、震度1以上の余震が頻繁に起き、増減を繰り返しながら尚も活発な地震活動が続いている。  
 安倍晋三首相は、地震発生から9日目、自衛隊のヘリで被災地熊本を視察した。また2011年の東日本大震災の際、当時の菅政権は地震発生の翌日には激甚災害指定を閣議決定した前例にも関わらず、安倍政権は11日目の今週25日になってやっと激甚災害指定を決定した。  
 そして地震発生から1週間後の21日、もっとも多くの犠牲者を出した熊本県益城町では雨の中、ボランティアの受け付けが開始、各地から大勢の大学生、会社員、市民らが駆け付けた。  
 そういった最中の21日、登山家の野口 健さんが岡山県総社市の片山聡一市長と協同で、被災地の益城町総合運動公園にテント村を作るプロジェクトに着手した。そして24日、100人以上のボランティアの協力を得て、同運動公園のグラウンドに全国から寄付を呼び掛けて集めたテント、125張りのテント村を開設した。   
 1張り3人から5人が入れる大型のテント。これまで地震で家を失い、車内での生活を強いられてきた避難者も広いテント内で足を伸ばして眠ることが可能に。避難生活を続ける高齢者の間で問題となっている「エコノミークラス症候群」の解消にもなる。 
 しかし野口さんによると、まだまだテント、寝袋、毛布、マットが足りないとのこと。新たなテント村の設営とテント、寝袋などの寄付をツイッター上で全国に向けて呼び掛けています。  
 以下、テント村プロジェクトへの寝袋、毛布、マット支援の送付先の窓口です。   
 ☆〒719-1192 岡山県総社市中央1丁目1-1 総社市役所 危機管理室 野口健・熊本地震合同支援チーム  
 ☆野口 健 ツイッター @kennoguchi0821  
 ☆岡山県総社市長片岡聡一 ツイッター @souichikataoka

 実は私は総社市のお隣り、岡山県倉敷市の出身。高校時代は登山部でした(笑)中学時代の修学旅行で訪れた熊本と阿蘇山の美しい風景が、今も私の脳裏に残る。いつの日かカメラを片手に、被災地熊本の復興ルポ取材行へ!  
 被災地熊本と大分の一日も早い復興を私は祈る。合掌  

ー写真カットは、4/24付、テント村を空撮する朝日新聞の記事動画から転載。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。