益城町テント村廃村


2016/6/1  ”時事評論”  
ー登山家の野口 健さんたちが熊本県の益城町総合運動公園陸上競技場に開設・運営していたテント村が31日で閉村した。野口さんが岡山県総社市の片岡聡一市長と協力し、地震発生後の4月24日に開設し、ピーク時には156張りのテント村に避難者571人が暮した。  
 廃村の理由として益城町は、同競技場が二つの川に挟まれた場所にあり、浸水の危険があるという。また4月14日以降に発生した一連の熊本地震により、一帯の地盤が約1メートル沈下し、さらに危険が高まったとして、他の避難場所への移動を町として呼び掛けていた。  
 最終日の31日、利用者たちは次々と荷物を運び出し、住み慣れたテントを畳み、次の避難場所へ移動した。  

       *       *       *   

 登山家でボランティア活動も行う野口 健さんが総社市の片岡聡一市長の協力を得て、4月24日に開設、運営を続けてきた益城町テント村が1ヶ月と1週間で廃村とのニュースは、誠に残念である。これも結局は益城町、熊本県、そして国、安倍政権の意向と判断の故なのか!?  
 熊本地震発生から1ヶ月半、体調と態勢を整え、来週私は被災地熊本取材を敢行する!わが老体を鞭打ち、わがペンとカメラ、私の目と足で熊本の復興と希望をしかと見届けたいと私は願う。合掌   

ー写真カットは、5月31日、テントがすべて撤収された「益城町テント村」。6/1付、野口 健さんのツイッター動画から転載。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる