スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清原被告に執行猶予付きの有罪判決


2016/6/2  ”フリーライター・シリーズ ”   
ー5月31日、覚醒剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)に対して、東京地裁は懲役2年6箇月執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。  
 31日午後に開かれた判決には21席の一般傍聴席に対し、1713人の傍聴希望者が列をつくった。清原被告はブルーのスーツを着て入廷した。   
 吉戒純一裁判官は、「被告の覚醒剤に対する常習性は強く、犯情は悪質」と批判する一方、「覚醒剤の依存性は深刻だが、反省し、覚醒剤に二度と手を出さないと誓っている」と執行猶予付きの理由を述べた。また吉戒裁判官は、同被告の更生について「自助努力で更生することがふさわしく、被告はそれが十分可能だ」とも述べた。  

       *       *       *   

 遡れば、2014年3月以降、「週刊文春」がその薬物使用疑惑を報じて以来、清原被告vs「週刊文春」の戦いが始まった。一時期、清原被告は疑惑から逃げ切ったかに見えたが、その後も警視庁による執拗かつ地道な捜査・内偵が続けられた。  
 そして2016年2月3日、清原被告は自宅マンションで覚醒剤所持容疑で現行犯逮捕される。5月17日に東京地裁で初公判。31日にスピード結審され、判決が言い渡された。   
 覚醒剤に溺れたかつての球界のヒーロー、清原和博被告は、果たして更生するのか!?妻子と別れ、友人を失い、野球少年の夢と野球ファンの期待を裏切った、ドラッグのヘビー・ユーザーであった清原被告がキッパリと薬物と縁を切り、果たして野球人としてカムバックすることが出来るのか!?   
 古くは清水健太郎、最近では酒井法子らの一連の覚醒剤事件といい、芸能界とプロ・スポーツ業界のドラッグ汚染の「白き闇」はかくも深い・・   

ー写真カットは、31日午後、報道陣が見守る中、東京地裁に入る清原被告が乗っているとされる白い車。5/31付、朝日デジタルのニュース動画から転載。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。