熊本頑張れ!くまモン、頑張れ~!


2016/7/5  ”2016熊本取材行”  
ーいよいよ熊本取材行第5弾、最終回となりました。熊本取材3日目の朝、熊本市内の宿を出る。歩いて数分、予め調べておいた宮本武蔵旧居跡に向かう。   
 ここ、熊本城に隣接する旧千葉城跡の一角に、宮本武蔵(1584年~1645年)は晩年の寛永17年(1640)、肥後藩主細川忠利に招かれ、屋敷を与えられ熊本で過ごした。坪井川沿いに説明板と「剣聖 宮本武蔵旧居跡」の石碑が立つ。暫し剣豪 宮本武蔵の最晩年の姿に思いを馳せる。因みに、武蔵も私も同じ岡山県の出身じゃけんのう~(笑)  
 続いてNHK熊本放送局の前を通り抜け、熊本大神宮へ。熊本城の内の石垣に接するこの神社は地震のため城内の石垣が崩れ落ち、そのため神社の建物が崩壊、立ち入り禁止の境内には無残な建物の残骸と崩落した屋根が晒されている。賽銭箱に賽銭を入れ、デジカメと動画でそのシーンを撮る。   
 暫く付近の高橋公園を散策した後、市内中心部の下通り商店街へ。初日も利用した地元のインターネット・カフェに入店する。昨夜は夜と早朝に熊本市内で二度地震と余震があり、また深夜、未明に雷鳴、雷、集中豪雨が続き、ほとんど眠れなかった。インターネット・カフェの個室の椅子で暫し仮眠を取る。  
 午後2時過ぎ、退店すると、外は雨が降っていた。携帯用折りたたみ傘を差し、熊本市役所へと向かう。最後にもう一度14階に上がり、熊本城を見ておくことにする。エレベーターで14階のフロアーに着くと、日曜日にもかかわらず被災者向けの仮設住宅説明会が開催中だった。休日返上で市の職員2人が入口前に待機する。   
 熊本城が展望できるその14階のフロアーの通路には、熊本城の歴史と熊本城の地震被害史がパネルと写真と詳細な記録で展示してある。今回、熊本城の地震被害は400年に一度の災害かと思っていたが、実際には江戸時代に大きな地震被害が3回、明治時代以降も震度6.3の直下型地震の被害を受けている。やはりインターネット情報だけでなく、現場に来ないと分からない事実、現実もあるということを忘れてはならないと肝に銘じる。  
 最後に、14階の展示コーナーのガラス・ケースの上にわがDバッグを置き、遠方に熊本城の天守閣を配した構図で熊本取材行のラスト・カットを試みる。  
 熊本頑張れ!くまモン、頑張れ~!応援してるぞ~!来年もまた来るからな~!   

 かくして3日間の熊本取材を終え、6月19日午後9時過ぎ、熊本駅から京都行きの夜行バスに乗り、熊本を発つ。  

ー写真カットは、わがDバッグとくまモンバッジ、遠方に熊本城天守閣のラスト・カット。熊本市役所14階にて6月19日午後撮影。 


スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる