元旦の仁和寺成就山行


2017/1/5  ”京都散策行”  
ー全国の皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年2017年もよろしくお願いします。今年最初のブログ、元旦の仁和寺初詣でと成就山88ヶ所巡拝行のレポートを以下、お届けします。  
 元旦の快晴の午後、愛車のマウンテンバイクでわが仁和寺へ。正午過ぎ、仁和寺仁王門に到着。ニコンF80のフィルム・カメラとコンパクト・デジカメとiPad Proの三刀流で正月元旦の仁和寺境内を撮り歩く。仁王門の阿吽像に始まり、勅使門、中門、五重塔、金堂と進む。国宝の金堂の前で持参した線香を立て賽銭を投げ入れ、わが心願を祈願する。  
 その後、水掛不動尊、御影堂にもお参りすると、一度西門を出る。西へ歩いて150メーター程、本日の目的である成就山御室88ヶ所霊場第1番霊山寺へと向かう。毎年元旦の恒例である成就山巡拝行を始める。山中の道程4キロ、所要時間約2時間のわが行が、ここからスタートする。元旦の午後、少し薄暗い雑木林と冬の冷気の中、各札所を巡る。一番一番立ち止まり賽銭を入れ巡拝すると2時間以上費やすため、それはまたの機会とし、本日はフィルム・カメラとデジタル・カメラで写真も撮りながら、さっさと歩きながら回ることにする。  
 前半は急勾配と急峻な石段のコースが続く。息が切れ、次第に足が上がらなくなる。それでもゆっくりと一歩一歩足取りを確かめながら歩き続ける。やがて山頂付近の平地へ辿り着く。そこに、托鉢姿で行脚中の空海の立像が立っている。線香を上げ賽銭を籠の中に入れ、台座に攀じ登ると、コンパクト・デジカメでツーショットを試みる。  
 さらに巡拝行路を進むと、成就山頂上を示す小さな標識がある。その一帯は木々が刈り込まれた展望台になっており、手前に京都市内右京区、遙か遠方には大阪方面まで見渡せる。木製のベンチにDバッグを下ろすと、ここでわが行を執り行う。  
  天に在すわが神龍に願い奉る。  
  我に力を与え給え。  
  我をして尚、戦い続けせしめ給わんことを願う。合掌  
 成就山山頂で天に向かって、三度唱える。  
 後半は下り坂のコースとなり、巡拝の速度もピッチも早まる。下り坂の途中、もう一ヶ所京都市街を見渡せる展望台がある。コンクリート製のベンチが二つ並び、前方の木々は綺麗に刈り取られており、ここから京都市街全体を鳥瞰することが出来る。早速、ニコンF80とiPad Proで静止画と動画撮影を行う。そして終盤コースは平地が続き、札所も集中して並ぶため、一気に巡拝行はフィニッシュへ。  
 2時間後、最後の第88番札所大窪寺に到着、結願する。それから靴を脱いで本堂に上がり、ご本尊の前で般若心経を唱え、わが心願を祈願する。合掌。かくして新年元旦の仁和寺初詣でと成就山御室88ヶ所巡拝行を終え、午後4時過ぎわが仁和寺を辞す。 

ー写真カットは、成就山山頂付近に立つ、わが崇拝する「大いなる空よ!かくも深き海よ!」のお方とツーショットの二階堂です。まだ出家はしない(笑)2017年1月1日午後撮影。  

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる