2017神韻京都公演インタビュー、前編


2017/1/21  ”2017神韻京都公演”  
ー全国の皆さん、新春のお慶びを申し上げます。本日は、今月1/26・1/27、ロームシアター京都にて開催される2017神韻京都公演のインタビューを以下、レポートします。同公演の主催者である古典芸術振興会の佐藤マチ子さんと徐玉ファン(草冠に分)さんに神韻の歴史と海外公演活動についてお話を伺いました。以下、前編と後編2回に分けて、取材記をアップします。  
 日時は、1月5日午後。場所は、岡崎公園のロームシアター京都2階のロビー。以下、取材インタビューの要約を記す。  
ー二階堂 新:本日はご多忙の中、東京からお越し頂き、ありがとうございます。先日、メールでお知らせしました質問事項に沿って、以下アドリブも交えてお聞きしたいと思います。まず最初に神韻の歴史について。いつどこでどのようにして始まったのか。以下、Qと略す。
ー佐藤さん:神韻の日本公演は、2007年に始まりました。初演は、埼玉県の大宮公演でした。2006年、米国のニューヨークで設立され、以後世界中を巡回公演するようになりました。                                                    設立当初は一つのグループだけでしたが、現在、5つのグループとなり1グループ100名近くの団員で構成されています。10年間、世界中を公演し各国の皆さんに支持され、大きく成長することが出来ました。以下、Aと略す。  
ーQ:世界各国といいますと。  
ーA:神韻の本部はニューヨークにあり、クリスマス前後から世界公演を開始。半年間は世界各地を巡回し、半年間はニューヨーク本部の舞踊学校でレッスンを続けます。  
 各国の主要都市、フランスのパリ、イギリスのロンドン、ドイツのベルリン、オーストラリア、イタリアのミラノ、日本の東京、大阪を巡回公演しています。  
ーQ:なぜ米国のニューヨークに神韻の本部があるのか。  
ーA:神韻は中国古典舞踊を中心とした舞台活動を世界中で行っており、中国本国では1966年に始まる文化大革命で自ら破壊してなくしてしまった。文化も仏像も伝統も壊したため、自由に表現することが中国国内では出来なくなった。  
 中国本土では不可能になったため、自由を求めるアーティストたちが2006年に米国のニューヨークに集まり、ダンサー、作曲家、デザイナーなど100名程で神韻芸術団をスタートしました。  
ーQ:2006年のいつごろですか。  
ーA:(ここで徐さんが登場)毎年、クリスマスの頃から公演を開始し、世界中で巡回公演を行います。  
ーA:(佐藤さんが付け加える)2006年6月だったと思います。今の中国が亡くした文化、伝統、古典舞踊を復興させることが、神韻の願いです。  
ーQ:神韻は現在、中国国内では公演が出来ないとのことですが、私は中国から生まれて、海外へ発展したのかと思っていましたが・・
ーA:元々、中国古典舞踊として中国から発生したのですが、文化大革命で中国が失くしたため、古典舞踊を復興させるべく、海外から復興を目指したわけです。  
ーQ:売れない小説(笑)も書くフリーライターとして私は、作家、開高健を大学時代から敬愛しています。生前、開高健が中国共産党に招待され、「文化大革命」当時の中国を訪問し、後に「文革」の現実と惨状を知るに至った経緯をエッセイでも書いています。以下、私の個人的な米大学留学体験については省略する(笑)  
 話を戻しますと、ニューヨークと言えば芸術の中心地。そこに本部を置く神韻芸術団。You Tubeのプロモーション・ビデオを魅て私は感動したのですが、神韻の舞台は古典で新しい、古典なのに革新的でもあるという印象を受けました。  
ーA:(ここで徐さんが解説する)ダンサーの衣裳にしても、古典的なものを舞台で再現しています。演目がそれぞれ衣裳、民族によって異なり、現代的である一方、伝統文化をそのままにして残し、歴史的人物を舞台で再現する場合もあります。また舞台で演じる演目には、一つ一つメッセージがあります。  
ーQ:中国は他民族、多言語・多文化で、数千年の歴史を持ち、悠久の大陸というイメージと憧れが日本人にはあるのですが、如何ですか。  
ーA:(ここでまた徐さんが解説する)古代中国と京都、奈良、シルクロードと文化交流、京都の祇園祭と話題が弾むが、長くなるので割愛する。  
ー以下、お二人の神韻インタビューの話題は盛り上がり、次回の後編へと続く。  

ー写真カットは、お話を伺った古典芸術振興会の佐藤さん(右側)と徐さんのお二人。ロームシアター京都にて2017年1月5日撮影。

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる