2017神韻京都公演インタビュー、後編


2017/1/23  ”2017神韻京都公演”  
ーQ:2017神韻日本公演の魅所について。  
ーA:(徐さんが解説する)まず踊り、次に音楽があります。これは、中国の古典楽器と西洋の管弦楽器を融合して世界で始めて成功したオーケストラです。舞台上の舞踊と一体化した音楽として高く評価されています。  
ーQ:二胡の音色は、なぜか聴く人の心に響きますね。  
ーA:それと衣裳です。毎年、神韻の衣裳を見るため各国から有名デザイナーの方たちが来られます。色、生地、染めから中国古典の伝統を忠実に再現しています。何年か前、韓国のある有名なデザイナーの方が再現しようとしましたが、結局出来なかったという話を聞きました。  
 最後に舞台のバックスクリーン。世界初の映像演出と言われ、最近特許も取りました。しかも演目毎に変わり、動画にも映画並みの3Dにもなります。  
ーQ:ここで、徐さんに中国五千年の伝統について問い質す。  
ーA:中国の歴史は、5千年と言われています。日本ではよく四千年と言われていますが、これは私が知る限りでは、テレビの何かのコマーシャルで「中国四千年」というフレーズが広まったことに原因があると思います。  
 その千年間というのはまだ文明が出来ていない時期で、その過程が千年間続いたと考えられます。この中国五千年の神伝文化が、現代において文化大革命によって破壊されるに至りましたが、神韻としてはその芸術絵巻を舞踊によって表現することに主眼を置いています。  
ーQ:ここで中国五千年の歴史から、考古学、日本の古代史、文化人類学と最新の発見について話題が及ぶが、長くなるので割愛する。再び話を神韻に戻しますと、その中国五千年の神伝文化を神韻は現代に伝えているということでしょうか。  
ーA:そうです。神から伝わった神伝文化を復興させ、今日に再現することです。また日本は古来、中国の文化を取り入れ、学んできた歴史があります。また同時に日本独自の文化として作り変えて来ました。  
 しかしその原点の文明・文化を中国が自ら破壊してしまったわけです。その文化がまだ韓国と日本には残っていて、それを継承・再現することが大切だと考えます。  
ーQ:今後の神韻の海外公演における抱負について。  
ーA:私たちとしては、最初からずっと変わっていません。古典文化を復興させるという信念に変わりはありません。  
ーQ:2017新春の年明け、京都のファンに向けメッセージがありましたら、一言お願いします。  
ーA:私としては京都は日本文化と古典が眠るかつての古都でもあり、京都公演を開催したいと以前から思っていました。昨年秋、旧京都会館がロームシアター京都として復活、リニューアルした今、東京から京都まで来て交渉を重ねた末、この1月に公演が可能になりました。  
 京都の皆さんにとっても、神韻の古典世界に触れて頂く良い機会かと思います。また主催者として、私共も京都公演が出来て光栄だと思っています。皆さんにまず神韻を知って頂きたいのが第一です。  
ーQ:では最後に、日本のファンに向け何かメッセージを!  
ーA:まず初めに、本物は何かということで始めたのが一つの動機でした。本当のこと、真実とは何か、何が正しいのか、何が正しくないのかということも含めて、すべて神韻の舞台に込められています。それを観客の方々がそれぞれ感じ取って頂き、また一回と言わず何回でも魅て頂く度に新しい発見と感動がまたあるとお勧めします。  
 今後とも私共としては、神韻の公演活動と舞台作りのお手伝いを末長くさせて頂きたいと願っています。  
ーQ:本日はありがとうございました。  

<2017神韻日本公演情報>  
 ☆1/26(木)・1/27(金) 京都公演、ロームシアター京都  
 ☆1/30(月)・1/31(火) 東京公演、文京シビックホール  
 ☆2/1(水)・2/2(木) 名古屋公演、愛知県芸術劇場  
 尚、公演情報とチケット情報は以下のHP:  
  https://ja.shenyun.com  

ー写真カットは、You Tube「神韻2017日本公演」のプロモーション・ビデオからワン・シーン。神韻の古典舞踊には、跳躍、回転、宙返り、空中でのバク転があり、表現力・難易度共に世界で最も高い芸術形式の一つである。ダンサーたちは1日8時間のハード・トレーニングを続ける。  









スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる