金正恩は東京大炎上の夢を見るか


2017/4/29  ”時事評論”  
ー全国の皆さん、今晩は。3ヶ月のご無沙汰でした。冬の冬眠からやっと目覚め、桜の季節は疾うに過ぎ去り、今や季節は新緑の頃。先週の23日、小生、62歳と相成りました。花の独身フリーライター、気合いを入れ直して、ブログ戦線に復帰します!  
 本日のテーマは、緊迫する「北朝鮮危機」です。4月6日・7日(米国時間)の米中首脳会談以後、日々緊張状態が続く朝鮮半島。平和惚けニッポンでは連日、評論家、大学教授、ジャーナリストらがテレビのワイド・ショー、トーク番組で「北朝鮮Xデー」を煽り立てる。今月4月に入って、北朝鮮は米中首脳会談直前の5日と朝鮮人民軍創設85周年記念日の翌日の16日に弾道ミサイルの発射を敢行したが、いずれも発射直後に自爆・失敗した。  
 このところ、TVの報道番組、インターネット番組によく顔を出す(笑)ジャーナリストの山口敬之は、「北朝鮮Xデー」を2回外した。朝鮮半島危機がピークに達した16日以降、北朝鮮による「核口撃」が続けられた。「核ミサイルは真っ先に日本の東京に向け発射される」とソン・イル日朝国交正常化担当大使が威嚇した。  
 歴史を遡ると、朝鮮戦争初期の1950年9月、マッカーサー将軍率いる部隊の仁川上陸作戦により、北朝鮮軍は国連軍に分断・挟撃され、粉砕された。これに激怒した金日成は、「日本の東京を火の海に!」と叫んだと言われる。  

 米韓の合同軍事演習と中国の仲裁によって、追い詰められた北朝鮮3代目の独裁者、金正恩は地下シェルターのベッドで東京大炎上の夢を見るか!?そして本日早朝、今月に入って3回目の弾道ミサイルを強行した北朝鮮。  
 一方、オーストラリア軍、日本の海上自衛隊との共同訓練を終えた米空母「カール・ビンソン」は29日現在、長崎県沖を北上し、日本海に入った。4回目の弾道ミサイル発射あるいは6回目の核ミサイルを発射する前に、トランプ大統領は空母「カール・ビンソン」打撃群と米・韓・日による北朝鮮への先制攻撃を決断するか!?  

ー写真カットは、朝鮮半島に向かう米海軍原子力空母「カール・ビンソン」打撃群。You Tubeの動画より転載。  

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる