FC2ブログ

天安門事件から30年

2019/6/8  ”時事評論”      
ー1989年の天安門事件から30年の6月4日、事件の舞台となった北京の天安門広場は当局による厳戒態勢が敷かれた。天安門事件から30年後の現在も、中国政府は死者数を正確に発表していない。6月4日のこの日、中国政府は徹底した情報統制とインターネットに至るまで規制強化が行われ、天安門事件について一切報道はされなかった。   
 一方、4日夜、香港のビクトリア公園では数万人規模のキャンドル追悼集会が開かれた。    

        *        *        *   

ー1989年6月4日未明、北京の天安門広場で民主化を求め抗議行動を行っていた学生と市民たちの集団に向け、中国人民解放軍の戦車と装甲車が無差別発砲と虐殺を始めた。   
 中国政府の公式発表は死者319名。しかしその犠牲者の実態は、事件発生の6月4日だけで3千人から4千人に上るとされる。中国政府は天安門事件から30年後の現在、かたくなに正確な死者数を公表しようとしない。   
 一方、6月1日に放送されたチャンネル桜の番組「【討論】天安門30年と習近平の行方」で元警視庁通訳捜査官の坂東忠信氏が香港のジャスミン革命のサイトから2004年に流出した極秘データを基に算出を試みた結果、6月4日以降10日間の天安門広場一帯の死者の総計は31978人に達した。   
 天安門事件の直前の5月15日、ソ連のゴルバチョフ書記長が北京を訪問し、中国の民主化気運は最高潮に。若い学生たちに人気があり、民主化の希望だった胡耀邦が失脚・死去すると、学生らは天安門広場で追悼集会を開く。その集会が中国政府への民主化要求10万人デモへと発展し、期せずして天安門事件が起きた。   
 天安門事件当時、天安門広場には数多くの海外メディアの記者がいて、事件を目撃していた。然るに30年後の現在も中国政府はその事実も死者数も依然公表しない。中国共産党はこの事実を隠蔽し、今後も隠し続けるのか!?   
 現在、習近平政権はトランプ政権との米中貿易摩擦から米中新冷戦の時代に突入し、経済・貿易・軍事において国内外で様々な問題と矛盾を抱えている。21世紀のインターネット新時代、力によって抑え続けられていた民衆の不満と歴史の真実がやがて露呈する日がいつか必ずやって来る!?    

  

  
      


スポンサーサイト



■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる