FC2ブログ

反日プロパガンダ展「表現の不自由展」が中止!


2019/8/6  ”時事評論”   
ー8月1日から愛知県名古屋市美術館などで開催中だった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に出展された「平和の少女像」などが批判、抗議、テロ予告まで受けたため、同芸術祭を主催する実行委員会会長の大村秀章愛知県知事は3日、同展の中止を記者会見で発表した。また同日、芸術監督を務めたジャーナリストの津田大介氏は同企画展中止の会見を開いた。  
 「あいちトリエンナーレ」は3年毎に開催される日本最大規模の国際芸術祭。2016年の展示会は60万人の観客が訪れた。  

        *        *        *   

ー企画展「表現の不自由展・その後」で展示された「平和の少女像」は韓国の彫刻家、キム・ウニソン氏とキム・ソギョン氏夫妻の作品。2015年に東京私立展示館で「表現の不自由展」と題して展覧会を開催。「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督でジャーナリストの津田大介氏が作品の展示を進めた市民に依頼し、今回「平和の少女像」の展示が実現した。  
 しかし河村たかし名古屋市長が指摘するように、そもそも国民の血税10億円を投じて公立美術館で企画・開催すべき展覧会なのか!?今回、企画展「表現の不自由展・その後」に展示された17点の作品は昭和天皇の写真を燃やし、天皇制を冒瀆し、安倍首相を揶揄し、日韓史を歪曲する少女像など一体どこが「表現の自由」なのか!?芸術の名を騙るテロリストの所業にも等しい。
 3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を受け、芸術監督の津田大介氏が記者会見を行った。この会見で津田大介は「『表現の自由』をテーマにした物議を醸すような企画を国際芸術祭というお祭りの場でやることに意味がある」と自らの確信犯振りを吐露している。   
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」は文科省・文化庁の管轄下にあり、国の助成事業として補助金が交付される。巧妙に芸術と表現の自由に名を借り、同展に展示された「平和の少女像」を含め、国際社会に向け日本が国として慰安婦を認めたことにもなり兼ねない。  
 自称「芸術監督」、その正体は反日プロパガンダのアグリィな「金髪豚」津田大介の赤いレトリックと反日左翼利権に決して騙されてはならない!   

ー写真カットは、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を受け、記者会見を開いた芸術監督の津田大介。8/3付ニュース動画の映像から転載。   

スポンサーサイト



■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる