FC2ブログ

アウトブレイク (3)

   
2020/4/8  ”名作映画” 
―本作ではダスティン・ホフマン、モーガン・フリーマン、ドナルド・サザーランドといった名優、個性派俳優による演技力を魅せる夢の競演が見物。  
 かくして元妻のロビーが感染症で発症する前に血清を完成させようと奔走するダニエルズ。部下のソルト少佐と二人で陸軍の小型ヘリを盗み出すと、感染源の特定を急ぐ。まず密売人が働いていたサンフランシスコ港の検疫所からサルを密入国させた貨物船を特定する。船員の船室のベッドにあったサルの写真を見つけ出すと、ダニエルズは地元テレビ局のテレビカメラで公開。写真を見たという住民の協力を得て、森に放たれた宿主のサルの捕獲に成功する。  
 ダニエルズは捕獲したサルをヘリで運び、直ちに部下のソルト少佐と共に病院のラボで血清を作り、新しい血清の合成に成功する。発症が始まったベッドのロビーに血清を投与すると、ロビーは快方へ。ところが、軍上層部の秘密を握るマクリントック少将は自身が関わった細菌兵器の存在を隠し通すため、ホワイトハウスの大統領直属の諮問会議の席上でシーダー・クリークの町へ燃料気化爆弾を投下する決定を既に下していた。  
 その頃、気化爆弾を搭載した軍の爆撃機は町の目前まで迫っていた。再びダニエルズは部下のソルト少佐と共にヘリに飛び乗り、ヘリで爆撃機の進路を妨害しながら、無線通信で爆撃機の操縦士に向け懸命に作戦中止を訴える。  
 「君たちが爆撃しようとしている相手は敵ではない」「町の住民を殺さなくてもウィルスは殺せる」「君たちは軍上層部が過去30年にわたって細菌兵器を不法に開発していた事実を知らされていない!」  
 しかし投下命令は実行され、あわや爆弾投下か!?と誰もが思った次の瞬間、爆弾は大きく進路を逸れ、シーダー・クリークの沖合の海上に投下され、爆発・炎上する。操縦士は軍の命令に従うよりも人間としての良心を選択したのだった。 
 最後に首謀者のマクリントック少将は細菌兵器の存在を隠蔽したとして逮捕。シーダー・クリークの町に再び平和が戻る。町と住民を救ったダニエルズ軍医大佐は血清により快方に向かう元妻のロビーと新しい人生を歩み始めるのだった。  

               (了)   

ー写真カットは爆撃機は燃料気化爆弾を投下するが、操縦士は敢えてコースを逸らせ、シーダー・クリークの町を外れ海上に落下させ、爆発するシーン。   
スポンサーサイト



■ Comment

No title

新さん、こんにちわ。
コメントありがとうございました。
咳と発熱で体調を崩しておりましたが復活しました。
コロナ感染??と焦りましたがコロナの可能性は低いようです。
新さんも十分気を付けて下さいませ。
つい最近、アメリカ映画のコンティジョン(接触感染)を観ました。
今のコロナそのままの内容でびっくりでした。

天は中共を滅する!

3月末、急性胃潰瘍で4日間、京都市内の総合病院に緊急入院。
不摂生な食生活と2月末に試みた無理な3月間の完全断食が原因か!?
3月中旬の1週間、胃潰瘍が悪化し深夜、未明、朝方まで眠れず、七転
八倒。眠れぬ未明のまどろみに悪夢まで見ることに。  
 3月23日、這うようにして総合病院の緊急外来へ。即、入院。1週間
入院を担当の女医に言われるも、4日で疾っとと退院。退院後、小生、
改めて健康の大事さを痛感し、早朝散歩、ストレッチ、ジョッギングを
再開。  
 2020年春、映画「アウトブレイク」が奇しくも予見した如く、武漢肺炎
パンデミックが世界中を襲う!天は必ずや中共と全人類の敵習近平を滅す
る!合掌
非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる