スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボブ・マーリー特集  (4)

 皆さん、お待たせしました。すでに、本日のお知らせで告知しましたように、当シリーズ、今日が最終回となり
ます。3/23より、「ブログ・マガジン」有料化をスタートします。   
 それでは、最後のボブ・マーリー特集、名曲、5曲を語ります。音源データは、末尾にアップします。   
「Concrete Jungle](1972)    
 初期のアルバム「Catch a Fire](1973)に収められた曲。そのアルバム・ジャケットには、堂々と吸っている〔笑)ボブの写真カットがある。そのためメジャー化しなかった。しかし、ゆったりしたレゲエのテンポで、その歌詞とメッセージは、コンクリートとアスファルトのジャングルと化した、現代文明を痛烈に批判する。   
「I Shot the Sheriff ](1973)    
 言わずと知れた、ボブ・マーリーの代表曲。オレ、エリック・クラプトンの特集でもやったけど、彼はこの曲を
カバーして、全米1位になった。でもサ、クラプトン、やっぱりどこか疲れている〔笑)オレとしては、オリジナルのこっちの方が、断然いい。この曲を聴くと、勇気が湧いてくる。      

「Get Up,Stand Up](1973)   
 [自身の正当な権利のため、立ち上がれ!」と、ボブ・マーリーは力強く訴える。2011年2月13日、ムバ
ラク政権を打倒した「エジプト革命」では、この曲のポスターのデザインが使われた。   
 38年後、そのメッセージは時代を変え、新しい歴史を作り上げた。
 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。