福山副長官、「一時帰宅」不明瞭

「時事テーマ」:2011/4/15 ”東日本大震災と原発事故”       

 ー本日15日、午前7時過ぎ、福山哲郎官房副長官は、NHKニュース7のインタビュー取材に答えた。テーマ
 は、原発事故による被災地域住民の一時帰宅について。民主党中堅の参議院議員、また環境政策に精通する副長
 官として、熱弁をふるった。      

  x     x     x    

<応援メッセージ>     
 ーしかし、福山副長官のその答弁は、私の見る限り、ポイント以外では多弁となり、肝心のその具体策、被災者
 が知りたい論点では、言葉をにごす。真に、1ヶ月以上も避難生活を続ける、被災者住民の側に立っていない。
 もはや、政府の「広報係」と化した官僚の答弁に終始した。    
 ー福山哲郎、私は、地元で12年以上支持・応援してきたが、私の個人的思いは、もう捨てた。前外相、前原誠
 司もしかり。私は、今後、民主党政権の首相以下の閣僚、政治家を、フリー・ライターとして、わがペンとイン
 ターネットで批判し続ける。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる