キャンデイーズ特集  (1)

 魔仁我王Zです(笑)本日は、皆さんお待ちかねの「みんなの歌」のコーナー、「キャンデイーズ特集」です。
いつものように、前編無料アップでお届けします。実は、今週、いつもの某「ツタヤ」でCDレンタルをチェック
したところ、店に1点しかない「キャンデイーズ名曲集」が、現在レンタル中とのこと、残念。   
 「え、何?」「だったら、CDを買えばいいじゃん」ハイ、その通り〔笑)でもサ、オレ、今週、皆さんのご要望に答えるため、高画質動画機能付き、スグレモノのコンパクト・デジカメをついに購入しました。その他、各メ
モリー・カード、付属品も買い揃えたので、今月はピンチ(笑)    
 という事で、かくなる上は奥の手、『You Tube動画作戦』でまいります。以下、「キャンデイーズ」とそれぞれ
の「楽曲名」で検索すると、映像データがご覧になれます。皆さん、OK!?OK!それでは、前置きが長くなり
ましたが、今日のテーマ、”キャンデイーズ名曲集”ーわが「青春プレイ・バック」編を始めます。     
「年下の男の子」(1975年)    
 -この曲から、センターは、お姉さんぽい感じのラン、右に少しふっくら気味のスー、左にショート・ヘアーの
 ミキの定位置に。3人とも、まだ20歳前後。赤いミニ・スカートで歌い、踊り、魅せる、まさにキャンデイ3
 人娘。最初は同じ動きのフリ、途中から、曲のシーン毎に変化とバリエーションがある。それと3人の声が、見
 事にハーモニってる(笑)この曲が初ヒットとなり、以降、伝説への快進撃が始まる。   
  因みに、この年の春オレは、京都のD大学に入学。わが青春も、また始まった。   

 ー以下、続編では、さらにキャンデイーズとわが青春についてアツク語ります。次回からは、「ブロマガ」有料
 化、月額料金は、315円になります。     

   Bye now. you soon.     

      x    x    x   
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる