スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー難民ら、ボランテイア活動

「時事テーマ」:2011/5/5 ”東日本大震災の復興”   

 ー「第二の母国に役立ちたいー」。軍事政権による弾圧から日本に逃れ、首都圏などで暮らすミャンマー難民ら
 95人が、1日、宮城県多賀城市、石巻市に入り、清掃、炊き出しに汗を流した。    
  厳しい境遇にありながら、彼らを被災地支援へと突き動かせたのは、受け入れてくれた日本への感謝と、困難
 を抱える人たちと共に苦しみを分かち合いたいという思いからだった。     

  x    x    x     

<応援メッセージ>     
 ー大型連休の最終日、明るいニュース。巨大地震と大津波による甚大な被害。しかし、その復興に立ち上がる 
 人々のその姿に、私は明日の希望を見る。そしてそこに、我々、日本人が忘れかけていた、「共助の精神」「家
 続の絆」「人と人との本来の姿」を見る思いがする。    
  ミャンマー民主化の指導者、アウンサン・スーチー女史は、かつて京都で学究生活を送った。わが京都には、
 特に数多くの外国人留学生が住む。そこで私には、大きな夢がある。それは、またいずれ(笑)
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。