Hotel California ⅠⅠ

 それで、なぜ、この名曲とオレの青春が関係あるかって?ハイ、お答えします(笑)   

 以前、ブログで書いたように、オレ、大学卒業後、就職もせず、ただひたすら、毎日、肉体労働のアルバイトに
明け暮れた。    
 1979年、当時のオレは、ビンボーで、金もなく、明日もなく、失恋もした。24歳、人生のどん底だった。
でもオレは、毎朝、ラジカセでこの曲を聞いた。アメリカの夢を見続けた。そして、オレは、生き続けることが
できた・・・   
 それから、一年後の春、桜爛漫の4月、待ち続けた米国大学の入学通知書が、やっと届いた(笑)人生、谷が
あれば、次は、必ず登る一方の山がありますヨ、皆さん(笑)    

 今改めて、この名曲、そしてオレにとって、わが青春そのものであった、”Hotel California”(1976)
を聴き直すと、ホント、感慨無量だね。ひしひしと、万感が込み上げてきた・・・  
 そして、オレは、今、ハタと閃いた。感動することができるということは、私は、まだ年老いてはいない!
わが青春は、この年になっても、尚、続くんだと!これから、今ここから、また新しく再出発することができる
んだと!     

 本日のメッセージ:「人は、青春を過ぎても夢を持ち続けることができるし、また、いくつになっても持ち続け
たその夢を実現することができる」
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる