普天間めぐり、米高官前原氏に苦言

「時事テーマ」:2011/5/25 ”2011フリー・ライター・シリーズ ”     
 ー沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、米政府高官が、先に訪米した前原誠司(49)前外相との会談
 の中で、日本政府の対応に苦言を呈していたことがわかった。   
  米政府側は、レビン米上院軍事委員長が提案した(普天間飛行場の米軍嘉手納基地への統合案について、「現
  行 計画が進捗しないことで高まったフラストレーションが表れたもの」と指摘。さらに、「日本政府の真剣 な取り組みを信じ、現行移設計画を推進している我々への(米政府内の)信用は低下している。時間は我々の見 方ではない」と述べ、現行案の早期推進を強く促したという。   

  x    x    x    

 ー今年3月6日、外相を辞任した前原誠司。彼に、一国の外務大臣としてハード・ニゴシエーターの米政府高官
 と対等に交渉できる見識と国士としての覚悟が、果たしてあったのだろうか。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる