リビア、空爆被害捏造か

「時事テーマ」:2011/6/8 ”空爆下のリビア”    
 ーリビアのカダフィ政権が首都トリポリなどで連日続く、北大西洋条約機構(NATO)軍の空爆による一般市 民への被害を捏造し、外国メデイアに紹介している可能性が浮上している。   
  カダフィ政権は、「無差別な空爆で市民の多数の犠牲者が出ている」と主張しており、空爆停止に向けて国際
 世論を誘導する狙いとみられる。現在、トリポリは一部の外国メデイアが残っているが、自由な取材は許されて
 いない。      

  x    x    x    

 ーかつてリビアが制裁のため空爆された際、カダフィ大佐は、アメリカを厳しく批難した。特に、空爆の犠牲と
 なった家族、女子供の写真を公開し、怒りを露わにするリビアの「英雄」、カダフィのその姿が記憶にある。 
  今回、一般市民や女児の空爆被害の捏造、事実とすれば 、もはや語るに落ちた「砂漠の独裁者」カダフィの
 正体が浮かび上がる。
 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる